スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

まつぶし緑の丘公園(開園したばかりの埼玉県営公園)

まつぶし緑の丘公園は、埼玉県東部の松伏町にある公園です。

平成10年に面積26.5haの総合公園として計画され、整備が開始されました。
平成19年に、公園の一部分約5.6haが開園し、利用できるようになりまいた。
当初は、管理センター、芝生広場、じゃぶじゃぶ流れ(遊べる小川)があるだけでしたが、今年(平成22年)の4月に、更に2.9haが利用できるようになり、新たに、複合遊具や健康遊具、大型休憩舎が利用できるようになりました。
大きな芝生広場を一周するように遊歩道も整備されているので、散歩するだけでも気持ちいいです。
季節ごとのお祭りや、色々なイベントも行われ、地域の人達の交流の場ともなっています。

ところで、松伏町の名前すら知らない人、どこにあるか分からない人も多いのではないでしょうか。
松伏町は、埼玉県東部にある小さな町で、千葉県との県境になっている江戸川に接し、北隣は春日部市、南隣は吉川市、西隣には越谷市があります。
東側を流れる江戸川の橋を越えると、千葉県野田市です。
松伏町の中には電車は通っていません。
西隣の越谷市に東武伊勢崎線が走っていて、そこの最寄りの駅までも、町の中心から約5km離れています。
個人的には、住宅地と田畑が広がっている静かな町という印象を持っています。

ただ、ここ2~3年で、松伏町の名前を耳にした事がある人もいるのでは。
プロゴルファーの石川遼選手が、この松伏町の人だからです。
石川遼選手は、子供の頃、車で30分ほどの所にある千葉県野田市のゴルフ場に行って練習していたという話は、テレビで何度か耳にしてます。
松伏町には、松伏町在住の石川遼選手を応援する組織「石川遼まつぶし応援団」があり、町内在住,在勤,在学の人を対象に、会員を募集しています。

本題に戻ります。
まつぶし緑の丘公園は、広場ゾーン、水辺ゾーン、里山ゾーンの3つに分かれています。
現在、利用できるのは、広場ゾーンだけとなってますが、ここだけでも、すでに8haを越える広さがあり、じゅうぶん公園として成り立っています。
水辺ゾーンは、池のある湿地帯を現在整備中です。
里山ゾーンは、県内の公共工事で発生した残土を利用して丘を建設し、雑木林など緑豊かな場所にする予定となっています。丘の高さは、約25m、つまり6階建てビルと同じくらいの高さになる予定です。

今回は、開園している広場ゾーンについて書こうと思います。
広場ゾーンは、広大な芝生の広場があります。
公園入り口近くには、駐車場と管理センターがあり、日曜日には、管理センターで農産物直売をしています。
そして、その管理センターの前には、広大な芝生広場が広がっています。
広場の左隅に遊具のある場所や、健康広場のある場所があります。
また、今の時期は、コスモスが満開となっていて、広場の右側には一面にコスモスが咲いています。
誰でも自由にコスモスを摘む事ができます。
このコスモス畑の間に小川が流れています。
5~9月は、この小川で水遊びができます。
但し、コケが絡まってくるような感じなので、コケで滑らないように注意が必要です。

遊具は、真新しくカラフルです。
低い滑り台が複数ついている複合遊具で、小さい子が遊びやすいものです。

近くには砂場があり、動物に荒らされないように、柵で囲まれています。
この柵で囲まれた砂場は、「子供デビュー広場」という名前が付いていて、赤ちゃんが初めて公園に遊びに来る事を考えて作られています。
そのため、この砂場の周りは、少しクッション性のある素材になっていて、素足でヨチヨチ歩く赤ちゃんやハイハイする赤ちゃんもいます。
動物の形をしたスプリング遊具も3つ置かれています。

この広場の中で目立っている建物が、大型休憩舎です。
アーチ型の大きなコンクリート製の建物で、トイレや手洗い場、自販機各種、テーブルやベンチが置かれています。
遊具のある場所からも近いです。
また、その大型休憩舎付近には、健康遊具が置かれている場所もあります。
みんな、ぶら下がったり、飛び跳ねたり、思い思いに体を動かしてます。
更に、子供向きのカラフルな色をしたバスケットゴールもあって、ボールを持ってきた子達は、それで遊んでました。

大型休憩舎の上には、建物の両サイドから上がる事ができます。
上がるといっても、階段があるわけではなく、ごく自然な感じに芝生が植えられていて、傾斜のある芝生広場になっています。
ここから、公園内を一望できます。

うちの子達は、持ってきたそりを使って芝生を滑ろうとしましたが、傾斜が緩やかで滑れなかったので、転がって遊んでました。


地図の左上にある「+」をクリックして地図を拡大していくと、地図の中心は、公園の駐車場で入り口の場所にあります。
また、家の絵の目印は、遊具のある広場の場所を示しています。
地図で示さなくても、駐車場から園内に入った瞬間、だだっ広芝生広場の向こうに遊具が見えるので、分かりやすいです。

アクセスです。
◎電車バス利用の場合
東武伊勢崎線 せんげん台駅東口から茨城急行バス まつぶし緑の丘公園行き、もしくは、松伏町役場行きに乗車。
「まつぶし緑の丘公園」停留所で下車。
1時間に2~3本あります。

◎車利用の場合
外環自動車道 草加インターから北へ約15㎞約30分
東北自動車道 浦和インターから千葉県方面へ約13㎞約30分

施設情報です。
◎常時開放
◎管理センターの休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)  
             12月29日から1月3日
◎入園無料
◎無料駐車場 あり(約130台収容)
       利用時間 午前8時20分~午後9時20分
       イベント等で混雑時は、同じ通りに面している臨時駐車場も解放される。
◎トイレ あり(おむつ交換台あり)
     駐車場にも、おむつ交換台のあるトイレがあります。
◎自販機 あり
◎売店 管理センター内に産直野菜が売られています。
◎レストラン 無し(飲食物は各自用意してレジャーシートの上で食べている人が多かったです。)
◎授乳室 無し(電話で問い合わせてみたところ、多目的トイレ内におむつ交換台があることですし、そちらを利用されては、とのことです。)
ベビーカーでの移動はスムーズです。バリアフリーはしっかり考慮されていて、段差無しで過ごせます。
この日は、車いすの人達も結構目に付きました。
散歩だけでも気持ち良い公園です。

なお、まつぶし緑の丘公園では、レジャーテントの貸し出しを行っています。
午前9時~午後4時まで利用可能で、1張200円で借りられます。
私は、個人で類似の物を持っていますが、日よけ風よけになるし、目隠しにもなるので、子供のおむつ替えや授乳にも便利です。

駐車場
駐車場出入り口は広く、車の出入りが楽です。
この日は、フリーマーケット開催日だったこともあり、臨時駐車場の案内もされていました。
私は、午後3時前に行きましたが、一番混んでいる時間帯は過ぎたようで、メインの駐車場に駐車できました。

フリーマーケット
公園入り口と駐車場入り口は同じ場所にあり、入口付近には管理センターの建物があります。
その脇で行われていたフリーマーケットです。
毎月1~2回、週末にフリーマーケットが開催されます。

管理センター
管理センターです。毎週日曜日に、産直野菜が売られます。

ベーゴマ
フリーマーケットとは別の所では、地域の人達がベーゴマを子供達に教えたり、一緒に楽しむコーナーがありました。

園内地図
園内地図です。写真左側が、公園入り口や駐車場、管理センターの場所になります。

遠くに遊具
管理センターの脇を少し進むと、すぐに、遠くのほうに遊具が見えてきます。

広大な芝生広場
そして、目の前には広大な芝生広場があります。
写真右隅に、薄ピンク色の花がたくさん咲いている場所があります。
近づいて行ってみると、コスモス畑でした。

自由に取っていいと書いてある看板
自由に摘めると書いてある看板が立ってました。

一面のコスモス
一面に咲くコスモスです。子供の背丈を上回る高さがあるので、一見誰もいなさそうに見えますが、この中に入ってコスモスを摘んでいる最中の人達もいます。

コスモス畑の中の川
コスモス畑の縁に沿って歩くと、小川が見えてきました。
写真の橋を渡りました。

結構長い小川
この小川は案外長く、向こうのほうまで続いています。ちょっとした噴水のようになっている所もあります。
夏は、ここで子供達が遊びます。

入口のほうへ振り返って見る
すぐ上の写真を撮った場所から後ろを振り返ってみると、管理センターが遠くに見えてます。
散策路が整備されていて、所々にベンチが置かれています。

小川の上流部
小川の最上流部に行ってみました。ここから水が噴き出して流れてます。
写真の奥のほうは、現在整備中となっていて、まだ開園されてない所です。
小川の一番下流の所にも行きましたが、捨てられたコスモスやアオコが沢山浮いていて汚かったです。

小川上流部から遊具へ向かう途中
小川の一番上流の所から、遊具のほうに向かいました。だだっ広い芝生広場の中を移動です。
芝生広場では、のんびり座っておしゃべりしている人達や、キャッチボールやバドミントンをする人達、走り回っている子供達があちこちに見られました。

複合遊具
複合遊具です。複数の滑り台があるのが分かります。

右から見た複合遊具
すぐ上の写真の複合遊具を右に回り込んで撮りました。
複合遊具に上がるのにスロープになっている所があるので、ヨチヨチ歩きの子も親と手を繋いで上がっていけます。

裏から見た複合遊具
裏から見た複合遊具です。スロープを上がりきったところに、低い滑り台があり、小さい子達が楽しんでました。

複合遊具の上のネット部分
その滑り台を滑らずに、そのまま歩いて行くと、途中でネットになっています。
うちの幼稚園児は平気で歩いてましたが、末っ子2才児は、足もとのネットを見るなり無理と判断したようで、Uターンしてさっきの滑り台を滑ってました。

隣の馬から見た遊具
複合遊具の隣りには、動物の形をしたスプリング遊具が3つあります。
その近くには、小さい子向けのカラフルな滑り台と柵で囲ってある砂場があります。

砂場の中
砂場の中の様子です。
公園の地図には、「子供デビュー広場」と書いてあります。
スプリング遊具が3つあります。砂場の中にも、座ったりまたいだりできそうな物が置かれてあります。
この柵で囲まれた中は、床が少し柔らかくなっています。
写真の奥に写っているアーチ型の建物は、大型休憩舎です。

大型休憩舎の中
大型休憩舎の中の様子です。自販機とトイレと手洗い場があります。
イスとベンチも複数置かれています。
トイレは、おむつ交換もできます。

大型休憩舎の上の芝生
大型休憩舎の屋根に上がる事ができます。
と言っても、階段があるわけではなく、建物の端のほうから上がっていきます。
この写真は、これから上がるという時に撮ったものです。
外から見ると、ス斜面になった芝生広場です。

大型休憩舎の上からの眺め
一番高い所に上がると、公園が一望できます。
広い芝生広場だという事がよく分かります。
奥のほうにコスモス畑が広がっています。

遊具の広場を見る
手前のほうに視線をやると、子供達がたくさんいる遊具のある広場が見えます。

大型休憩舎の反対側から見上げた
上がってきた所とは反対側に下りました。
こちらも斜面になった芝生広場です。

大型休憩舎近くの健康遊具広場
大型休憩舎の近くには、健康遊具広場があります。
こちらは、子供向けのバスケットゴールがあるので、ボールを持ってきた子達が遊んでいました。

教室広場
更に近くには、教室広場というベンチがたくさん置かれている場所があります。
この日は、ここでのイベントは無いようで、みんな、休憩に座ったり、おしゃべりしたり寝転がったりしてました。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
にほんブログ村
まつぶし緑の丘公園のHPはこちら
関連記事
[ 2010/10/28 11:32 ] 埼玉県の公園,施設 | TB(0) | CM(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hesokurisuki.blog101.fc2.com/tb.php/99-64139ddd











ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。