スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東京湾大華火祭(台場から見た様子)

先月14日、東京湾大華火祭の花火を見ました。
今年は、運良く、抽選で当選し、ホテル グランパシフィック LE DAIBAに宿泊することができました。
うちは6人家族なので、2室を連結させてコネクトルームとして宿泊しました。
昨年のザ・リッツ・カールトン東京に引き続き、一年に一度だけと決めて、この日のために奮発してくれたパパには大感謝です。

ホテル グランパシフィック LE DAIBAは、フジテレビ本社の隣にあり、東京湾側には、ゆりかもめの線路を挟んで、ホテル日航東京があります。
ホテルからの眺めは大変良く、目の前には東京湾が広がり、レインボーブリッジがよく見えます。
橋の向こうには東京タワーが見えます。

今回ここに書く記事は、花火大会の詳細について書くわけではありません。
東京湾大華火祭については、とても詳しく説明しているHPもありますので、ここでは、宿泊先のホテルから見た周辺の混雑具合について、ざっと書きます。
この記事は自分自身の思い出として書きましたが、来年以降の夏、花火大会について調べる方に、少しでもお役に立てたらとも思います。

この花火大会は、自宅や予約したホテルの涼しい部屋から見るのとは全く違いますから、フラッと軽い気持ちで行くと、混雑ぶりと蒸し暑さに閉口することでしょう。
混雑も暑さも花火大会の1つとして楽しめるくらいの気持ちで行くのが良いと思います。

昔の話になりますが…
11年前のこと、結婚した翌年の夏、まだ子供がいなかったこともあり、隅田川の花火大会を見に行きましたが、その時の大混雑ぶりにうんざりし、その後、都内の花火大会の会場に行くことはしてません。
蒸し暑い中、身動きすらままならない場所で花火を見ても、楽しいとは思えませんでした。
また、帰りの電車に乗るにも、駅まで自由に歩くことすらできす、強制的に遠回りの道に誘導されて、普段の倍以上の時間と距離をかけて駅に到着したこと、家に帰ってどっと疲れが出た事は、忘れられません。
今、思い出しても、良い思い出とは思えないのです。
ただ、東京の下町で生まれ育った私は、一度は実際に会場で見て見たいと思っていたので、一度行って見たというのは良かったと思ってます。

もともと、花火を見ること自体は好きなので、江戸川の花火大会は自宅から見てましたし、札幌で過ごした学生時代は、市内の花火大会会場まで何度も見に行ってます。
東京ほどの身動きできない混雑はしてないので、行きも帰りもすんなり帰れました。
社会人になってからも、地方の花火大会をいくつか見に行ってますが、渋滞はしますが、やっぱり都内よりはマシです。

話を戻します。
花火大会当日、うちは午後3時半ごろチェックインし、早速、部屋から東京湾の景色を楽しみました。
ふと下を見ると、フジテレビ本社前は、ラッシュアワーの駅のように混雑していました。
ちなみに、ホテルに入る直前に見かけた、ホテル裏にあるお台場合衆国も、大混雑していました。
アクアシティわきのプロムナードは、場所によっては、すでに何枚ものシートが敷かれていて、場所取りがされています。
でも、午後4時半ごろまでは、それほど人はいませんでした。
周辺の商業施設などで時間をつぶしているのでしょうか。
午後5時過ぎたころから、少しずつ人が増えてきました。
東京湾にも船が増えてきました。
うちも、夕食の時間を早め、午後5時半からホテルのレストランに行き、午後7時前に部屋に戻りました。
外を見て見ると、人がびっしりいます。
真下に見えるゆりかもめ「台場」駅からの通路は、ラッシュアワーの時のように多くの人が外に出てきてました。

花火が始まっても、人はどんどん駅から出てきてましたが、花火終了20分くらい前から、帰る方向に移動する人がチラホラ出てき始めました。
花火大会は佳境に入って、色々な花火が連続して打ち上げられてる時間ですが、そんな様子を横目に見つつ、台場駅に入っていく人がチラホラ出てきました。
そして、一気に人が動き出したのは、やっぱり、花火大会が終わった瞬間でした。

この混雑ぶりが本当にすごくて、みんな駅に向いているんですが、四方八方から集まった人だかりは、全然進んでませんでした。
よく見てみると、係りの人が人数制限をしていて、ゆりかもめが駅に到着して人が乗り込んでから、少しずつ次の人達が駅に入ってました。
花火が終わって1時間経っても、まだ多くの人達が駅前に群がっていました。
さすがに、1時間半経つと駅の外に並ぶ人はいなくなりましたが、今度は、アクアシティで過ごした人達が続々と駅に向かっていて、相変わらずゆりかもめは混雑してました。
午後11時ごろになると、人はまばらになり、だいぶ深夜の静かな雰囲気になりました。

翌朝、午前10時頃に外を見ると、プロムナードの掃除をしている人達がいる中で、フジテレビ前だけ、すでに昨日同様に大混雑していました。
その日の最高気温も35度を超える予想が出ている中で、朝からフジテレビに来たいと思っている多くの人達の熱意の方がはるかに熱いと思いました。
どうやら私の場合、人混みは、通勤通学で利用していた超満員電車だけで十分なようです。


地図の右上のほうが打ち上げ会場です。
家の絵の目印が、今回宿泊したホテルの場所です。

花火午後4時半
花火大会当日、午後4時半前のフジテレビやアクアシティ周辺の様子です。
写真右の高い建物がフジテレビ、左のピンク色の建物がアクアシティです。
間を通っている線路は、ゆりかもめの線路です。
アクアシティは、プロムナードを隔てて向かいに、ホテル日航東京がありますが、そこに、ゆりかもめの駅「台場」の入口があります。
この時間は、まだそれほど混んでいません。
フジテレビの入り口前だけ、とても混雑しています。
また、アクアシティ前のプロムナードの一部が水色になっていますが、この場所で見る人達が場所確保のために敷いてあるものです。
この写真では分からないですが、お台場海浜公園の方は更に空いていました。

午後4時半フジテレビ前
午後4時半前のフジテレビ前の様子です。
花火とは無関係に、身動きもままならないほどの混雑です。
この写真はズームして撮りましたが、肉眼では、小さな虫が何かに群がっているのを彷彿とさせる光景でした。

アクアシティ午後4時半
アクアシティの屋上は、普段は駐車場ですが、この日は半分くらいが観覧席になっていて車が入れませんでした。

ゆりかもめ駅通路午後4時半
午後4時半ですが、ゆりかもめ台場駅から、続々と人が降りてくる様子です。
ラッシュアワーの時の様子に似ています。

午後4時半道路
午後4時半の、フジテレビ前の湾岸道路と首都高速湾岸線の様子です。
午後4時から周辺道路の交通規制が一気に始まります。
私は、午後3時半過ぎに宿泊先のホテルに到着しましたが、その時は高速道路湾岸線はいつも通りの混雑具合でした。
高速道路を下りると、駐車場所を求める車で渋滞。
でも、お台場は普段も混雑していることが多いので、いつもの光景とあまり変わらないように思いました。
ホテルからは、りんかい線東京テレポート駅前の300台以上収容の駐車場と、800台以上収容の駐車場の様子が見えました。
写真の右上端に写っていますが、ほぼ満車の状態で、その前にある一方通行の湾岸道路(国道357号)は大渋滞でした。
車で花火を見に行く場合、特に場所を確保してない場合は、満を持してかなり早い時間に行った方がいいと思います。
周辺には時間をつぶせる涼しい場所が山ほどありますし。

午後5時13分東京湾上の船
午後5時15分ごろのアクアシティと東京湾の様子です。
アクアシティ前のプロムナードは、徐々に人が増えてきました。
場所確保しているシートにも人が飲食物などを手に座る人達が増えてきました。
海には、花火見物の船が多数出てきました。

午後5時15分アクアシティ屋上
午後5時15分ごろのアクアシティ屋上と、その向こうに見えるお台場海浜公園の様子です。
アクアライン「お台場海浜公園」駅から近い砂浜はかなり混んでいます。
しかし、写真の上端に写っている港陽小・中学校の校舎前の砂浜には、ほとんど人がいないのがわかります。
花火当日のヤフーニュースに、東京ウォーカーの記事として、この場所を穴場スポットとして紹介してあったので、確かにその通りだなと思いました。
それにしても、なんでここだけ人がいないのでしょうね。

午後7時前の様子
だいぶ暗くなった午後7時前、間もなく花火が打ちあがる頃のアクアシティ前のプロムナードの様子です。
身動きできないほどの人がびっしりいます。
写真左下のゆりかもめ「台場」駅に繋がる通路から、どんどん人が出てきていました。
しばらくすると、その通路も、身動きできないほどの人で埋め尽くされ、プロムナードはフジテレビの方までさらにびっしり人で埋め尽くされました。
アクアシティの屋上にも、びっしり人がいる様子が分かります。
海上には、夕方よりも更に多くの船が浮かんでました。

花火と船
海上の様子です。多くの船がひしめき合って浮かんでいます。
船によって照明の色が様々で、遠くから見ていて、とても綺麗でした。
ただし、花火が終わってから、戻るのが大変そうに見えました。
多くの船が一斉に戻ったら、衝突してしまうでしょうし、花火大会が終了してから30分以上その場にとどまっている船もありました。
その一方で、他の船とは逆方向(湾の外に向かって)に、早々に引き上げていく船もチラホラいました。
個人で所有しているクルーザーのような船もいましたし、漁船のような船も、あっという間にいなくなりました。

東京タワーと花火
レインボーブリッジや東京タワーと一緒に花火を撮影してみました。
花火大会終了15分くらい前に打ち上げられた花火です。
東京タワーよりはるかに大きい事が分かります。

翌日午前11時半
花火大会翌日の午前中の様子です。
いつも通り、フジテレビ前だけは大混雑しています。
アクアシティの屋上駐車場も既に満車の様子でした。
フジテレビの真正面ですし、午前中のうちに満車です。プロムナードでは、数人の人達が掃除をしてました。
ゴミ箱から、満杯になったゴミ袋をとりだすだけでなく、ゴミ箱を拭いたり、周辺を掃きだしたり、暑い中大変そうでした。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
にほんブログ村
東京湾大華火祭について詳細なHPはこちら
非常に詳しい攻略法が書かれています。
関連記事
[ 2010/09/12 17:32 ] 東京都の公園,施設 | TB(0) | CM(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hesokurisuki.blog101.fc2.com/tb.php/90-d50e326b











ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。