スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

観音山ファミリーパーク(ふわふわドームやローラー滑り台、噴水で水遊びも)

観音山ファミリーパークは、群馬県高崎市にある群馬県立の公園です。
平成3年から公園建設に着手し、面積約60haの大規模な公園のため、10年以上の年月を経て、平成15年にオープンしました。
公園は丘陵地にあり、周囲は山に囲まれています。
公園内には、ボールや輪投げなどの遊具や子供向け自転車の無料貸し出しがあるサービスセンター(休憩所併設)、その前にはサッカーコート3面分の広さを持つ芝生広場が広がっています。
さらに、公園内には、駐車場に近い所から、26基のテーブルがあるバーベキュー広場、水遊びや遊具のある「水と花の広場」、クラフト工房があります。
公園の一番奥には、自然のままの里山を残し、急な階段もある健脚向きの散策コース(1周約3km、他に短いコースもあり)があります。

公園の管理や運営には県民が積極的にかかわっていて、毎年、大小多くのイベントが行われています。
マタニティースクールや、育児パパのクラス、未就園児とママで参加するイベント、小学生の夏休みの自由学校、更には、団塊世代前後の方が対象の教室も多くあります。
参加費も安く設定されていて、すべての年代の方が利用しやすいようになっています。

今回、私は、「水と花の広場」で遊ぶことを目的に公園に行きました。
行った日は最高気温39度で、本当なら家族全員でプールへ行きたいところでしたが、末っ子のオムツがはずれてないため、家族でプールに行くことはできず、公園の水遊び場で遊ぶことにしたわけです。

公園の印象としては、とっても広い芝生広場と、水遊びと、大きなふわふわドームの公園、です。
日を遮る場所があまり無いので(そういう所には人がすでに多くいるもので)、日よけ対策、熱中症対策は必要です。
また、真冬は、山の中で風を遮るものは何も無いので、風が強い日は相当寒いだろうと思います。
強風の日は、サービスセンターで遊具を借りて、時々休憩所で涼みつつ(冬は暖をとりつつ)遊ぶのが良いと思います。
ただ、難点は、サービスセンターが、水遊び場やふわふわドームから離れていることです。
うちは、水遊びと遊具で遊ぶために来たので、暑いの覚悟で、そちらで遊びました。
子供達は、水を浴びて遊んでいるので涼しげですが、見守る大人達は体調に気をつけましょう。

観音山ファミリーパークは、駐車場が3つあり、第2駐車場が公園に隣接していてとても便利です。
第2駐車場からはすぐに公園内に入れ、バーベキュー広場となっています。私が行った時も、複数のグループがパーべキューを楽しんでいました。
そんな光景を見つつ進んでいくと、目の前が開け、子供達が水遊びをする姿が目に入ってきます。

この公園の水遊び場は、127本の噴水が不規則に水を噴き出します。
チョロチョロと水が出ているかと思えば、いきなり勢いよく水が出てきたりします。
足元は、じゃぶじゃぶ池のように水がたまっているわけではありません。
普通の地面に、いくつも水が出る穴があいていて、あちこちから水が噴き出してきます。
場合によっては、噴出した水が鼻の穴を直撃、なんてこともありますが、子供達はキャーキャー楽しそうに遊んでます。
水遊び場の近くには、簡易型の着替え場所があります。
個室になっているわけでもないし、男女別になっているわけでもないですが、うちの高学年長女の場合、車内で水着に着替えて水遊び場に行きましたが、遊び終えて普段着に着替える時に、私が付き添って、そこを利用しました。
簾でかこってあるだけのような場所ですが、それでも、人目を避けて着替えることができるので助かりました。
この水遊び場は、じゃぶじゃぶ池とは違って、水が地面から噴き出してくるので、普段着で遊ぶには無理があります。
子供達は、水着の子がほとんどですが、ずぶ濡れ覚悟で普段着で遊ぶ子もいますし、小さい子はパンツ1枚、もしくはオムツで遊んでます。
なお、この水遊び場は、4月から10月までと長い期間やっています。

水遊び場の近くには、ふわふわドームがあります。
観音山ファミリーパークは、遊具はそれほど多くありません。
ただ、ふわふわドームはとても規模が大きく、3種類のふわふわドームがあり、年齢や好みに合わせてドームで遊ぶことができます。
私が行った時は、ふわふわドームが熱くなっていて、「靴下をはいて遊んでください」という看板が複数立ってました。
が、日中の最高気温39度なんていう日は、靴下をはいたって熱く、遊んでいる子はほとんどいませんでした。
遊んでいる子達も、靴のまま遊んでいるような状態でした。

また、ふわふわドームや水遊び場から少し離れた所(水遊び場から見える)にブランコがあります。
ブランコにのって高崎の町が一望できるようですが、私は暑さでダウン(意識朦朧だったので…)していたので、そこまで行く体力がありませんでした。

この公園は、自転車乗り入れは禁止されていますが、補助輪付きの自転車はOKです。
遊具の広場から離れてますが、サービスセンターに行くと借りられます。
他にも、三輪車や一輪車、車の乗り物、フラフープや馬のRODDYなど、多くの遊具が借りられます。
手ぶらで来ても、サービスセンターでおもちゃを借りて、芝生広場でたっぷり遊べます。

なお、平成23年冬に、全長60mのローラー滑り台が設置されました。


より大きな地図で 観音山ファミリーパーク を表示
地図の左上にある「+」をクリックして地図を拡大していくと、複数の目印が付いています。
目印の上にカーソルを移動してクリックすると、簡単な説明が出ます。

アクセスです。
◎電車バス利用の場合
JR高崎駅西口6番乗り場から上信電鉄バス「観音山ファミリーパーク行き」に乗り約40分。終点で下車。
但し、本数は非常に少なく、現在は午前9時43分発と14時43分発しかありません。
公園から高崎駅に向かうバスも、1日2本です。
数年前に住んでいましたが、車利用の生活は当たり前でしたし、車で行くことを前提にした公園だと思います。

◎車利用の場合
上信越自動車道 藤岡インターから約20分

観音山ファミリーパーク施設情報です。
◎公園は常時開放ですが、駐車場は開閉時間があります。
◎入園 無料
◎無料駐車場 第1~第3駐車場 合計約800台収容
       但し、第3駐車場は大きなイベント開催時のみ利用可
       一番便利なのは第2駐車場です。
       開門 午前7時
       閉門 夏期(4月~9月)午後6時30分
          冬季(10月~3月)午後5時30分

◎バーベキュー広場 26基(炉有り22基、炉無し4基。1基20人まで利用可) 
          無料 3月~11月(午前9時~午後4時)
   電話はネットで要予約。空きがあれば、午後1時半までに当日受け付けも可能。
          アミ、清掃道具を借りられます。
          後片付けを含めて午後4時までに終了しなければなりません。
          炭、着火剤、食材、鉄板、日除けは各自用意のこと。
◎自販機 休憩所などにあり
◎売店 ふわふわドーム近くのクラフト工房で不定期で販売あり
◎トイレ あり(おむつ交換台は サービスセンター内、クラフト工房内)
     多目的トイレには、おむつ替え専用の台ではなく、折り畳み式のベッドがついてます。  
     但し、公園内の全ての多目的トイレにそういう物がついているのかは確認してません。
  
◎授乳室 サービスセンター内 クラフト工房事務室内

ベビーカーの移動は、段差がほとんど無いのでスムーズです。

観音山ファミリーパーク第2駐車場
観音山ファミリーパークの第2駐車場の様子です。
一番大きい駐車場は第1駐車場ですが、公園に隣接しているのは第2駐車場です。
トイレや自販機も近くて便利です。

駐車場周辺の風景
駐車場から見た周辺の風景です。山に囲まれている公園で、お店は何もありません。

駐車場前にあるバーベキュー広場入口
第2駐車場とバーベキュー広場の入り口は接しています。
写真右手に少しだけ見える建物は、バーベキュー広場管理棟で、係りの人が常駐していて、頼めば公園内のパンフレットをくれます。

バーベキュー広場の様子
バーベキュー広場の様子です。
こんな風景の中をしばらく歩くと、目の前が開けて、子供達が遊んでいる様子が見えてきます。

水遊び場全景
水遊び場全景です。
一応、日よけの傘がついているベンチが点在していますが、あまり日陰はできません。
屋根がある大きめの休憩所、大きな東屋のような感じの建物があるので、そちらにいる方が良いです。
この写真は、その休憩所から見た様子です。
ただ、そんな休憩所にレジャーシートを広げて場所をとっている親子がいると、必然的にそこにいられる人の数は少なくなってきます。
個人的には、ベンチが複数置かれていてみんなで使う休憩所にレジャーシートを広げてくつろいでいる姿を見て、少々呆れました。
一組でも多くの親子が日陰に入れるようにとは思わないのかな…。

水遊び場水量小
水遊び場の噴水の水量が小さい時の様子です。
モグラ叩きのように手で水の出る穴を叩いてみたり抑えてみたり、足で踏んでみたりしています。

水遊び場水量中
水遊び場の水がランダムに噴き出している様子です。
思いがけず水が顔を直撃する子や、一気に服がびしょぬれになる子が続出です。

水遊び場水量大
一斉に水が噴き出した時の様子です。
寝そべる子や走り回る子、キャーキャーはしゃぐ子、とにかくみんな楽しそうです。
写真左奥に見える簾がかかっているような所が簡易の着替える場所です。

水遊び噴水案内
噴水が出る時間の案内です。

ふわふわドーム
ふわふわドームです。離れて撮影したのですが、写真内に全部は入りきりませんでした。
暑すぎて、遊んでいる人はほとんどいませんでした。
写真中央に遊んでいる人が小さく写っています。

ハンモック遊具
ふわふわドームの隣にあるハンモック遊具です。
こちらは遊具内にもぐれることもあり、暑いなか遊んでいる子も多かったです。
周囲には木馬のような遊具が点在しています。
写真右手の遊具の向こうに見える建物はクラフト工房で、色々な催し物をやる会場にもなります。

すべり台とブランコ
水遊び場から見ると右手にふわふわドームがあるのですが、左手の少し離れた所には、カラフルなすべり台とブランコがあります。
暑さの中、親子でそちらに行きたがらなかったこともあり、遠くから撮影しただけになりました。
ブランコは、高崎の街を一望で来て、とても気持ち良いとききます。

芝生広場とサービスセンター
水遊び場隣に一面に広がる芝生広場ですが、写真中央のずっと奥の方に、平べったい建物があるのがお分かりでしょうか。
サービスセンターです。
ここで多くの遊具を無料で借りられます。
この日は、無風で良く晴れていましたが、さすがに暑さから誰も芝生広場で遊んでません。
今回は、水遊び場からはとても遠く見えて、カンカン照りの中を行く気にはなりませんでしたが、気候の良い時期は、この芝生広場で、のんびりくつろいだら気持ち良いでしょうね。
子供達も、遊具を使って一日中遊べます。
入園も、駐車場も、遊具も無料で、お財布に優しい公園です。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
にほんブログ村
観音山ファミリーパークのHPはこちら
関連記事
[ 2012/10/14 07:45 ] 群馬県の公園,施設 | TB(0) | CM(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hesokurisuki.blog101.fc2.com/tb.php/88-1ffc4221











ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。