スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

福岡堰さくら公園(ジャブジャブ池と大型遊具の新しい公園)

福岡堰さくら公園は、茨城県つくばみらい市北端の小貝川沿いにあり、茨城県とつくばみらい市によって整備されました。
平成18年春に完成した新しい公園で、約2.7haの面積を持つ公園です。
公園の名前の由来にもなっている桜並木が、所々にあり、花見の季節は、駐車場はすぐに満車になり、路上駐車が続出する程の賑わいになります。

ところで、つくばみらい市ってどこ?と思われる方もいるのでは。
常磐自動車道 谷和原インターがつくばみらい市(と言っても守谷市に接した所)にあるので、大体その辺と思えばいいのではないでしょうか。
つくばみらい市は、平成18年に谷和原村と伊奈町が合併して市制施行となったものです。
但し、福岡堰さくら公園は、谷和原インターから車で20~25分ほどかかります。
茨城県の公園と言っても、首都圏に近い場所にある公園です。

公園内には、水遊び施設と大型複合遊具があり、多くの場所に芝生が植えられているため、思い思いの場所にレジャーシートを広げてくつろいでます。
水遊び場には、ジャブジャブ池や小川だけでなく、霧の噴水や水のモニュメントがあり、一定時間ごとに水が噴き出してます。
水遊び場は、綺麗に清掃されている印象を持ちます。
水深は浅く、子供の足首のあたりまでです。いちばん深い所でも、子供のすねのあたりまでなので、小さい子でも安心して遊べます。
また、この水遊び場は、今のところおむつの子はダメという看板は立ってません。
私が行った際には、おむつ着用の赤ちゃん達も結構遊んでました。

水遊び場から敷地内を200m近くまっすぐ進んだ所には真新しい大型複合遊具があります。
水遊び場で遊んだ子供達は私服に着替えて、こちらに移動し、遊んでました。
結構凝った大型複合遊具で、特に滑り台が多く目に付きます。
梯子を上ってから滑り始めるものが大半ですが、小さい子向けの低い滑り台もあり、幅広い年齢の子供達が楽しめます。

夏休みの公園の水遊び場は、特にうちのように、お昼ごろから出かける場合、まず駐車場に入れないのではないかという心配があります。
実際、都内の公園の場合は、駐車場があってもとめられる台数が少ないですし、お昼頃に行ったら満車だったという経験も何度かしています。
でも、福岡堰さくら公園の場合は、首都圏に近いにも関わらず、この時期お昼頃に行っても駐車に困りません。
首都圏の人達には、まだ知られてないのかもしれません。
知っていても、茨城と聞いただけで遠く感じるかもしれませんし。
私のように、お昼ごろから出かける人には好都合です。
一旦公園に着いてしまえば、水遊び場は清掃が行き届いて綺麗ですし、公園自体が新しいので、よく整備され遊具も綺麗です。
何の変哲もないジャブジャブ池があるだけでなく、仕掛けのある水のモニュメントなどもあるので、すぐに飽きるということもありません。
駐車場と水遊び場がとても近いので、水遊びを終えて車内で着替える際にも移動が楽です。
但し、公園内や公園周辺にお店は何もありません。
飲食物は用意してから来たほうがいいです。


より大きな地図で 福岡堰さくら公園 を表示
地図の左上にある「+」をクリックして地図を拡大していくと、複数の目印が付いています。
目印の上にカーソルを移動してクリックすると、簡単な説明が出ます。

アクセスです。
◎電車バス利用の場合
つくばエクスプレス「みどりの駅」から、つくばみらい市コミュニティバスが一日4便ありますが、最寄りのバス停「水門」から20分以上歩きます。
関東鉄道 水海道駅、JR常磐線 土浦駅から1時間に1本ほどバス(関東鉄道バス)がありますが、最寄りのバス停「福岡水門」から30分くらいかかります。
公共の交通機関を利用するとなるととても不便です。
この公園は、車で来る所だと思います。

◎車利用の場合
常磐自動車道 谷和原インターから約25分くらい。

施設情報です。
◎常時開放(水遊びは7月1日~8月31日まで)
◎休園日無し(水遊び場は清掃のため遊べない日がたまに有り)
◎無料駐車場 あり(60台収容)
◎自販機 無し
◎売店 無し 公園の周辺に店はありません。
◎トイレ あり(駐車場と大型遊具の近く)おむつ交換台は無し
◎授乳室 無し
ベビーカーでの移動は、比較的平たんな場所で段差はほとんど無くスムーズです。

福岡堰さくら公園駐車場
福岡堰さくら公園の駐車場です。茨城県内有数の桜の名所でもあるため、花見の季節はすぐ満車になってしまいます。

駐車場から見た様子
駐車場から公園を見た様子です。手前にジャブジャブ池、写真左上隅に遊具の一部が少し写っています。

駐車場わきの展望台から見た様子
駐車場から公園へ入っていく道のわきに展望台があります。そこから見た公園の様子です。水遊びの場所から大型遊具までは、多目的広場を突っ切って200mくらい歩きます。

ジャブジャブ池
駐車場からすぐの所にジャブジャブ池があります。
水遊びを終えていったん着替えるために車に戻る時、駐車場がとても近いので助かります。
車までの往復が苦になりません。
結構広い池で、水深は、くるぶしの上くらいまでです。清掃が行き届いていて、とても綺麗です。池の中も歩きやすいです。
この日はとても暑い日だったせいか、水はぬるま湯状態でした。

霧の噴水
ジャブジャブ池のすぐ近くには、霧の噴水があり、一定間隔で霧が吹き出します。

子供の広場を流れる小川
ジャブジャブ池や霧の噴水近くから小川が流れています。
こちらも浅いので、小さい子も遊べます。

小川を逆から見た様子、段差がある
小川を、上の写真とは逆の方向から見ました。小さい段差の階段状になっています。

小川の向こうにある水のモニュメント
小川が流れ終わる近くには、水のモニュメントがあります。

水のモニュメントから出る水で遊ぶ子供達
水のモニュメントからは、一定時間ごとに水がしばらく噴き出します。
水が噴き出し始めると、ジャブジャブ池や小川で遊んでいた子達の多くが、水のモニュメントに向かって走り出します。
写真は、思い思いに遊んでいる子供達です。

数分後に水が止まってがっかりの子供達
水のモニュメントから噴出していた水が止まり、名残惜しそうにその場に居続ける子供達です。
しばらくすると、子供達は、遊んでいたジャブジャブ池や小川の方に戻っていきました。

親水施設の案内が書いてある看板
霧の噴水近くに立っている親水施設の案内の看板です。
水遊びができるのは7月と8月で、午前9時~午後5時ですね。
このほかに、清掃する日も書いてありました。

水遊び場から大型遊具までの多目的広場
水遊びを終えて大型遊具の方に移動しました。大型遊具近くから、これまで遊んでいたジャブジャブ池の方を振り返ってみました。
大型遊具周辺は芝生が植えられていて、広い多目的広場となっています。

大型遊具全景
大型遊具全景です。ジャブジャブ池から歩いてきて、真正面に見える大型遊具を撮りました。
かなり凝った作りで、多くの遊具が複雑に組み合わさった遊具です。
周囲にベンチがわずかに置かれていますが、カンカン照りです。
午後になると太陽の位置の関係で木が茂っている場所に日陰ができてきます。
そこに、レジャーシートを敷いている人達もいました。

一番長いローラーすべり台
一番長いローラー滑り台です。滑り台には梯子を上ることになるので、歩き始めの小さい子にはきついと思います。
うちの場合は、幼稚園年少の息子は普通に遊べましたが、2才になったばかりの末っ子は、梯子自体を嫌がり遊ぶのは無理でした。

その向こうにある小さい子向け滑り台
ローラー滑り台の隣には、小さい子向けの滑り台があります。
2人同時に滑れるので、他のお友達が来ても同時に滑れました。

大型遊具の裏側に行く通路
大型遊具には、遊具裏側に回り込む通路があります。

大形遊具を裏に回って見た左側
大型遊具の裏側です。大きいので、一枚の写真に収めるにはだいぶ離れないといけません。
かと言って、離れて撮るとどんな遊具があるのか分かりにくくなってしまいます。
この写真は、遊具の左半分を撮りました。

裏から見た右側
こちらは、すぐ上の写真の更に右側の様子です。アスレチック遊具があります。

大型遊具裏にもある小さい子向け滑り台
大型遊具の裏側にも小さい子向けの滑り台があります。

アスレチック遊具
こちらは、ぶら下がって移動したり回転したりする遊具です。

大型遊具左側にあるすべり台
大型遊具には複数の滑り台がありますが、らせん状の滑り台もあります。この滑り台も梯子を上っていきます。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
にほんブログ村
福岡堰さくら公園のHPはこちら
関連記事
[ 2010/08/10 21:48 ] 茨城県の公園,施設 | TB(0) | CM(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hesokurisuki.blog101.fc2.com/tb.php/85-90ff8e94











ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。