スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

つくばエキスポセンター(科学遊園とプラネタリウムが人気)

つくばエキスポセンターは、茨城県つくば市にあります。
つくばエクスプレス つくば駅から徒歩5分ほどで着きます。

つくばエキスポセンターは、1985年に開催された「科学万博つくば'85」を記念した施設で、最新の科学技術や身近な科学に親しめることを目的とした科学館です。
プラネタリウムもあり、土日祝日は1日に2回、子ども向けの番組も上映してます。
小学生を中心にたくさんの子供達が来てます。幼稚園児でも楽しめると思います(特に1階の科学遊園)。


地図を拡大していくと、駐車場の入り口付近が中心になっています。
駐車場は、つくばエキスポセンターの建物裏側にあります。
駐車場に車をとめたら、敷地に沿って正面玄関受付まで2~3分歩きます。

アクセスです。
◎電車やバスを利用の場合
・つくばエクスプレス つくば駅A2出口から徒歩5分
・JR常磐線 ひたち野うしく駅(東口),荒川沖駅(西口),土浦駅(西口)のいずれかの駅から、筑波大学中央行きバスに乗り、
 つくばセンター下車。つくばセンターバスターミナルより徒歩5分
・JR東京駅 八重洲南口より、つくばセンター行きバスに乗り換え、つくばセンター下車。
 つくばセンターバスターミナルより徒歩5分

◎車の場合
常磐自動車道 桜土浦インターから約15分
常磐自動車道 谷田部インターから約20分

施設情報です。
◎開館時間 午前9時50分~午後5時(12月と1月の平日のみ午後4時半まで)

◎休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日),月末最終火曜日,年末年始

◎駐車場 60台収容
     原則平日は無料 
     土日祝日及び繁忙期(春休み,ゴールデンウィーク,夏休みなど)は1日200円

◎入場料 4歳から高校生までが小人料金、18歳以上は大人料金。3歳以下は無料
     ・展示券(展示場だけ見る) 大人 300円 小人 150円
     ・プラネタリウム券(展示場とプラネタリウム見る場合) 大人 700円 小人 350円
     ・夕やけ券(プラネタリウムの最終上映回だけ見る場合) 大人 500円 小人 250円

◎プラネタリウム 平日は、1日に4~5回上映しています。
         土日祝日は、一般番組とは別に、1日2回(午前10時10分からと午後2時10分から)子ども番組をやってます。
         この春は、5月末まで「ドラえもん 宇宙ふしぎ大探検」をやっています。

◎売店 あり
◎自販機 あり(1階の休憩室内や周辺にある)
     休憩室では、持ってきたお弁当を食べたり、自販機で買った物を飲食できます。
     展示室での飲食は禁止されています。     
◎トイレ あり(おむつ交換台あり)
◎レストラン あり(建物入口の脇にあります)
◎授乳室 あり(休憩室の隣にあります)
ベビーカーでの移動は、エレべーターを利用することでスムーズです。
プラネタリウムに入る際は、プラネタリウムの入り口わきに、ベビーカーを置けるようになってます。

つくばエキスポセンター入り口前
エキスポセンター入り口です。券売機でチケットを購入します。

プラネタリウム外観 ミニ鉄道
正面入り口の左手に見えるプラネタリウムの外観です。
エキスポセンター建物前の広場では、ミニ鉄道に乗って遊べます。
この日も、小さい子供達がパパやママと一緒に乗って、楽しんでました。

HⅡロケット実物大模型
全長約50mある H-Ⅱロケットの実物大模型です。国内で開発した最初の実用ロケットです。


つくばエキスポセンター正面入り口前 ゴーカート
ミニ鉄道のわきにゴーカート乗り場があります。

つく丸くん
受付を通ってすぐ、「テクノつく丸」くんというおしゃべりロボットと話せます。
エキスポセンターのマスコットで、売店にもグッズが売ってます。
話しかけると、「遊びに来てくれてありがとう」と、話し始めます。
ただし、時々、「つく丸くんはおやすみしています。おこさいでね」というプラカードを持ってお休みしてます。

1階にある売店
売店「サイエンスミュージアムショップ」です。店頭には、たくさんの種類の宇宙食が売ってます。

1階 科学遊園
こちらは1階展示場にある科学遊園です。小学生を中心とした子供達に大人気です。
写真は、前から風を受けながら、体のバランスをとるゲームです。

空気を弾丸のような勢いで発射するエア・バズーカ
空気を弾丸のような勢いで発射するエア・バズーカです。少し離れたところにある的を狙うゲームです。

シャボン玉装置
シャボン玉の中に入れます。ただ、途中で割れてしまい、なかなか難しいです。

竜巻発生装置
竜巻発生装置です。

サンクルーザー 立体映像で太陽への冒険
サンクルーザーです。定員10名で、この日は(週末)10分おきに上映されてました。立体映像で太陽へ冒険します。
混んでいる日は、サンクルーザーの係の人に頼めば、整理券をもらえます。
ちなみに、3才以下は入れません。

見えない光でものを見る
「見えない光でものを見る」コーナーです。光にも色々あることが紹介されてます。

高性能電気自動車「KAZ」(実物)
高性能電気自動車「KAZ」です。2001年に慶応大学を中心に開発され、公道を走れます。
航続距離300km,加速力(0-400m加速14.5秒),最高速度(300km/h)といった走行性能も、ガソリンエンジン自動車に優るものになりました。

プラネタリウム入口 トイレ ベビーカー置き場
プラネタリウム入口です。トイレとベビーカー置き場があります。
土日祝日の子ども番組は、現在は「ドラえもん 宇宙ふしぎ大探検」を上映してます。
私は2回見てますが、同じ日曜日でも、天気が悪かった日は混んでました。外で遊べない分、こちらに人が集まったようです。
赤ちゃんも入れますが、上映中は真っ暗になるので、注意が必要です。
うちは、1才は泣いたりせずおとなしく見てましたが、3才は、暗闇を怖がって、途中から私の膝の上に座ってきました。

2階展示場 宇宙服 宇宙開発の様子
2階展示場です。遊べる1階とは違って、2階は、じっくり見学する雰囲気です。うちの下の3人の子供はすぐに飽きてしまい、1階に行きたがりました。長女だけ興味深々でした。
いくつかのコーナーに別れてますが、宇宙開発のコーナーでは宇宙服や月面探査機が展示されてます。
宇宙飛行士の仕事の紹介もされてます。

しんかい6500 2009年現在、世界でもっとも深く潜る大深度有人潜水調査船
2階展示場の「しんかい6500」模型です。現在、世界でもっとも深く潜る(水深6500mまで可能)大深度有人潜水調査船です。
独立行政法人 海洋研究開発機構の所有で、定員3名(パイロット2名、研究者1名)です。

物質を構成する原子・分子を観察し、応用して、新しい素材や機能を生み出すナノテクノロジー
こちらも2階展示場にある、原子や分子の性質を利用して新しい素材や機能を作り出すナノテクノロジーのコーナーです。
多くの予算が配分され、最も活発な科学技術研究分野の1つです。食品や医療などに利用されつつあります。
じっくり見学している長女の脇で、「つまんなーい、早く1階行こうよ」としきりに言う年子の次女と、愚図り気味の3才と1才(やれやれ…)。2階は、親としては大変でした。

つくばエキスポセンターのHPはこちら
にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
関連記事
[ 2010/04/09 13:26 ] 茨城県の公園,施設 | TB(0) | CM(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hesokurisuki.blog101.fc2.com/tb.php/55-88c416af











ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。