スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

千葉ポートタワー(公園の砂浜でも遊べる)

千葉ポートタワーは、千葉市中央区の海沿いにあります。
千葉県民500万人突破を記念して、1986年(昭和61年)、千葉ポートパーク(千葉港を臨む公園)と共にオープンした県立の展望塔です。

高さ125m(32階建てビルに相当)、1辺15mのひし形をした展望塔です。
建物表面は、総ガラス張りとなっていて、厚さ1cm前後のガラスが5571枚使われています。
風の影響を受けやすくなる高い所ほど、使われているガラスの厚さが増していきます。

また、使われているガラスは、表面が鏡のように加工されているため、外からタワーを見ると、空の雲が写って見えます。また、夏の強い日差しをブロックする役割もしてます。
ちなみに、タワーの中からは、普通に外が見えますよ。

千葉ポートタワー
千葉ポートパークの砂浜からパチリ

展望室からは、千葉内陸部から東京湾まで360度見渡せ、富士山や筑波山、東京都心の高層ビル群、手前には幕張新都心が見えます。
海沿いには、複数の東京電力火力発電所や製鉄所の工場が見られ、煙突が林立し、京葉工業地帯を一望できます。
東京タワーや横浜のランドマークタワーとはまた違った雰囲気です。
工業地帯が目の面広がり、ちょっとした社会科見学のようで、東京湾には、多数の船が見られ、この辺一帯が、国内有数の重要な港であることを実感します。
長女は、塾で習った通りだと感心してました。


地図を拡大していくと、地図の中心は駐車場入り口になってます。
また、家の絵の目印が示している場所は、千葉ポートタワーです。

アクセスについてです。
◎車の場合
周辺には、東関東自動車道 京葉道路 東金道路が通っているので、好きなインターで降りたらいいと思います。最寄りのインターで降りるか、高速料金を少しでも安く済ませるため、少し遠いインターで降りるかは、個人によって違ってくると思うので。

私の場合は、京葉道路原木インターから入って、京葉道路穴川インターで降ります。
房総方面から行く場合は、京葉道路松ヶ丘インターもしくは、東金道路千葉東インターで降りると良いです。

ポートタワーのHPでは、東京方面から行く場合、京葉道路なら幕張インターで降りるように案内されてます。
私も、幕張インターで降りても良いと思います。
料金的には、穴川で降りると、幕張で降りるよりも更に200円取られますし。

私の場合、穴川で降りた方がポートタワーに近いという事と、幕張はイベントなどで大渋滞する事があるため、穴川で降りてます。
幕張で降りた事も何度かありますが、イベントが無くても渋滞しがちですし、千葉ポートタワーに行くだけなら、個人的には、穴川で降りた方が快適だと思ってます。
そのかわり、幕張周辺は色々なお店や公園があるので、途中立ち寄った場所で楽しめます。

◎公共交通機関利用の場合
         千葉都市モノレール・JR京葉線千葉みなと駅から徒歩15分足らず。
         JR千葉駅12番乗り場より中央バスまたは小湊バス「千葉ポートタワー」行きで終点下車

では、千葉ポートタワーについてです。

◎営業時間 6月1日~9月30日  午前9時~午後9時 (最終入館 午後8時30分)
      10月1日~5月31日  午前9時~午後7時 (最終入館 午後6時30分)

◎正月の営業 1月1日     午前5時45分~午前9時(最終入館 午前8時30分)
       1月2日~1月4日 午前9時~午後5時(最終入館 午後4時30分)
    1月1日(初日の出)については状況により整理券を発行。(高層階定員 先着200人)  

 
◎休館日 12月28日~12月31日

◎入場料 大人 410円 小中学生 200円(小学生未満無料)
     県民の日(6月15日)は無料
     千葉市民の日(10月18日)は無料
    注意:千葉市民の日については、年度によって無料の日が違う事もあるので、千葉市民の日無料開放施設について
              確認してください。
              2009年度は10月17日(土)と18日(日)が無料の日でした。

◎無料駐車場 250台
但し、毎月第3日曜日(月により変更あり)にポートパークでフリーマーケットが行われるので、その日は満車の可能性あり(私自身経験済み)。
 
◎トイレ あり(おむつ交換台あり)
◎売店 あり
◎レストラン あり


千葉ポートタワーは、入口を入ると、左手にソフトクリームなどが売っている売店やおみやげ屋、50~60人が利用できるテーブルとイスがあります。
千葉ポートタワー特産品お土産コーナー
お土産売り場です。
千葉ポートタワー千葉ロッテマリーンズ選手サイン
地元千葉ロッテマリーンズの選手達、ジェフユナイテッド市原の選手達のサインが飾ってあります。
グッズコーナーもあります。

そして、入口の右手に券売機があります。
券を買って、受付に提示し、上りエレベーターに乗ります。
エレベーター内では、千葉ポートタワーの説明テープが流れ、それを聞き終わる頃にポートタワーの最上階(4階)、展望室に到着です。360度見渡せ、とても良い眺めです。
3階や2階に行きたい場合も、とりあえず最上階の4階に行ってから、階段で下ります。

千葉ポートタワーから見た幕張新都心
同じ千葉市内の幕張新都心です。
千葉ポートタワーからスカイツリー
東京都墨田区に建設中のスカイツリーも見えます。
写真の矢印がそうです。
スカイツリーの左に浅間山も見えたんですが、写真に撮ると、ほとんど分からないですね…。
千葉ポートタワー駐車場と県立美術館
ポートパークとポートタワーの駐車場です。駐車場の向こうの茶色い建物がある敷地は県立美術館です。
千葉ポートタワー筑波山
筑波山がよく見えます。この日は、富士山は雲であまりよく見えず、写真を撮ってもよく写りませんでした。
千葉ポートタワー 京葉工業地帯東京電力火力発電所
東京電力の3つの火力発電所が写ってます。
写真左隅の煙突が五井火力発電所、中央の少し太めの煙突が姉ヶ崎火力発電所、右端の煙突が袖ケ浦火力発電所です。

ポートタワーの3階は、落ち着いた感じの展望喫茶室になってます。
そして、2階は、4階とは趣向を変えた展望室になっていて、特殊な塗料で描かれた壁画があり、日没後はブラックライトに照らされ、神秘的な海底の風景が立体的に浮かび上がるとのこと。

実は、私は、2階と3階には、まだ行ったことがありません。

特に3階は、メニュ-にアイスクリームなどもあり、今回は親子で入ろうかと思ったのですが、1階の売店でソフトクリームを買って、その場で食べる方が、3才&1才がウロウロし始めても、私の気が楽だと思い、素通りしました。

実際、1階の売店で子供達にソフトクリームを買ったところ、3才&1才(特に3才長男)は、少し食べたらすぐにウロウロし始め、注意すると、テーブル(イスじゃなくて)に座ったり、更に親が怒るような態度をとる始末…。
更に、そんな態度を私が叱り、だんだん親子で賑やかに...やれやれ…
幸い、周囲は似た感じのお子さん連れが複数ひと休みしていて、私たち親子が目立つ事はありませんでしたが。

ちなみに、1階の売店や食事スペースは、ポートタワーに上らない人達でも自由に使えます。
ポートパークでレジャーシートを広げたり、ベンチに座ったりして、お弁当を食べることもできますが、今のような寒い季節は、ポートパークに遊びに来た人達も昼食場所として使ってます。


◎イベントについて

・毎年8月の第一土曜日に千葉市民花火大会あり、目の前で花火が見られます。
・毎年11月中旬から12月下旬まで千葉ポートタワーの壁面にクリスマスツリーが現れます。
この巨大なクリスマスツリーは、3,000球の電球で飾られ、高さ100メートル幅30メートルで、建物30階分に相当します。

千葉ポートパークについて

食事場所は、ポートタワーを出てすぐの所に、レストハウス「パテオ」があり、食べられます。
レストランというほどの所ではなく、自販機が置かれていて、自販機で買った食べ物を食べる所という感じ。
持参したものを食べても大丈夫です。

公園内には、テニスコート、芝生広場、水遊びができる大きな池(ウォータープラザ)、ウィンドサーフィンや潮干狩りができる海浜(ビーチプラザ)があります。
潮干狩りは、4月上旬から8月下旬ごろまでで、無料でできます。
但し、しっかりした量を採りたいなら、別の所の方がいいかも。

テニスコートとウォータープラザ、ビーチプラザ、この3つの場所に囲まれるように、休憩所(ロッカー室,シャワー室,休憩室)があり、汚れを気にせず遊べます。
但し、火を使うバーベキューなどは禁止されてます。

千葉ポートタワー千葉ポートパーク
千葉ポートタワー真下に広がる千葉ポートパークです。

千葉ポートパークヨット
とても寒く風が冷たい日でしたが、ウィンドサーフィンをしてる人もいます。

千葉ポートパークたこあげ
正月でないですが、たこあげしている人もあちこちにいました。

千葉ポートパーク人工砂浜
子どもは元気で、遊具は無くても、砂浜の砂で遊んだり、貝殻拾いをしたり、走り回ってました。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
にほんブログ村
千葉ポートタワーのHPはこちら
千葉ポートパークのHPはこちら
関連記事
[ 2010/01/22 11:30 ] 千葉県の公園,施設 | TB(0) | CM(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hesokurisuki.blog101.fc2.com/tb.php/36-d34d787d











ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。