スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アクアワールド大洗-1

アクアワールド大洗は、茨城県大洗町にある県営の水族館です。
水族館は、海岸線に沿って長く広がっている大洗公園内にあります。
大洗公園は、大洗海水浴場が海岸線に沿って長く広がり、その端にアクアワールド大洗があります。

アクアワールド大洗の歴史を見てみると、まず昭和27年に茨城県立大洗水族館が設立されました。
その後、昭和45年にリニューアルオープンしましたが、平成14年(2002年)、今度は、完全リニューアルしてオープンしました。
日本有数の規模を誇る水族館で、飼育しているサメの数では日本一、日本一大きいマンボウ飼育水槽などが目玉となっています。
アシカやイルカのショーはもちろん、水族館では最大規模のキッズコーナーもあり、建物の天井まである巨大遊具や、海の生き物に触れる事ができるタッチングプールなどがあります。
但し、キッズコーナーの巨大遊具は、未就学児が対象となっていて、小学生以上は遊ぶ事ができません。

また、水族館の出入り口の横には、お土産が売っている売店と共にフードコートになっていて、海を眺めながら食事ができます。フードコートは、それなりに広いスペースなのですが、人気のある水族館なので、昼食の時間帯は、かなり混み合い、なかなか席につけない事もあります。
それとは別に、3階にコーヒーショップがあり、軽食やアイスクリームなどを屋外にあるテーブルやイスでも食べる事ができます。

アクアワールド大洗は、JR常磐線水戸駅や大洗鹿島線大洗駅からバスで来られます。
鹿島臨海鉄道大洗駅→循環バス海遊号(1日8便)で15分。


アクアワールド大洗についてです。

営業時間 9:00~17:00 最終入館は16:00
年末年始も休まず営業
HPによると、2010年度(平成22年)の休館日は 6月28~29日、12月6~10日

無料駐車場 あり(約750台)
      更にその隣に無料の県営駐車場あり(約1000台)
売店 あり
レストラン あり
コーヒーショップ あり
自販機 あり
トイレ あり(多目的トイレもあり)
授乳室 あり

バリアフリーについてはよく考えらえている施設です。
何度もベビーカ-で来てますが、階段のある場所ではスロープがわきにあったり、近くにエレベーターがあったりと、移動しやすいです。
但し、大混雑している時は、エレベーター待ちのベビーカーの列ができることもあります。
エレベーターは、分譲マンションなどでよく見かける一般的な大きさのものなので、ベビーカーで入るとなると、付き添う家族の人数にもよりますが2~3台でしょうか…。
うちは6人家族なので、6人乗ったら、他の家族の方達は家族全員は入れなくなってしまいます。


上の地図を拡大していくと、地図の中心は駐車場の入口になってます。とても広い駐車場のため、水族館の建物から遠く離れた場所を曲がって入っていきます。

アクアワールド大洗への行き方は…

水族館のHPに詳しく書いてはありますが、車で来る人のために、ちょっと補足すると…

那珂川河口に架かる海門橋(下の写真)方面から来たほうが、アクアワールドの駐車場に左折してすんなり入れるので楽です。
那珂川海門橋
こちらは海門橋を渡る直前にある那珂湊漁港です(アクアワールド大洗より撮影)。お魚市場が有名で土日祝日は観光バスも多数乗り入れてきたりで、周辺は混雑し渋滞気味になります。
茨城県那珂湊漁港


大洗マリンタワー方面から、そのまま海沿いを走ってくると、右折して駐車場に入る事になります。
もちろん、それでもいいのですが(特に平日)、ゴールデンウィークや夏休みなどは、左折する車線でさえ大渋滞なのに、そこに右折で割り込もうとするのは、なかなか大変です。

左折車の中には、必ず譲ってくれる人がいるので、ずっと待っていれば何とかなりますが、みなさん渋滞していて何となくイライラしているのかな?なかなか譲ってくれなかったりで…
うちのダンナは、「ママは人が良すぎ。こうしないと入れないって」と言いつつ、強引に割り込もうとして、左折車がビックリして思わず停車してしまうのですが、私はそういう強引なのは嫌です。

渋滞の時って、車内ではちびっこがぐずり始めていたりで、家族でイライラしがちですから、右折でなかなか入れない時に、子どもの中の誰かが「あーつまんない、早く降りたいんだけど」なんて言った日には、更にイライラです。
車内は変な熱気でムンムンでフロントガラスは曇ってくるし。

そんなこんなで、左折できるように来ることがお勧めです。

なお、上記のことは、水族館の駐車場に入る場合の話です。
隣の県営駐車場に入る場合は、四苦八苦はそれほどしないと思いますよ。

でもでも、空いているのには理由がありまして…

水族館の駐車場でさえ、端のほうに停めてしまうと、水族館に入るまで遠く感じます。
時間を計った事は無いですが、小さい子がいるので何分か歩きます。
夏はカンカン照りだし、冬は海風がピューピューだし、やれやれ大変…。
だからこそ、みんな何としてでも水族館駐車場に入りたいんです。

隣の県営駐車場は砂浜で遊びたい人、サーフィンしたい人には良いですが、水族館に入りたい人がそこに停めるとなると、水族館まで、さらに何分か歩くことになります。
目の前に水族館が見えているのに、そこに向かってひたすら歩くのはちょっと…。
帰りも、車まで歩くわけだし…。
うちも水族館に入るために停めた事は無いです。
アクアワールド大洗駐車場
写真のずーっとずーっと向こうまで駐車場が広がっています。
写真左手は太平洋が広がって、サーフィンをする人や砂浜で遊ぶ人が多いです。


水族館の中ですが、お土産を売ってるお店を右手に見つつ、券売機で入場券を購入し中に入ります。
写真は水族館入り口付近です。
アクアワールド大洗正面

あとは、順路案内に沿って行くか、行きたい所から行けばいいわけです。
アクアワールド大洗大水槽

熱帯魚のいる水槽

アクアワールド大洗マンボウ

アクアワールド大洗熱帯魚

ヒラメとカレイの違い


但し、ここで大事なのが、館内での行動スケジュールについてです。
パンフレットで、一日に数回あるイルカショーや目当ての動物の餌やりタイムなど、見たいショーの開始時間を確認してから行動すると良いですよ。

特に、イルカショーは開始時間30分間前から人が並び始めます。
混んでいる日だと、開始直前に行っても既に会場が満員で入れてもらえず、次の時間まで待つことになります。

イルカショーの場合、ベビーカーは入口の所定の場所に置き、赤ちゃんを抱っこして入ります。
飽きっぽい赤ちゃんなので、あまり早く会場内に入ってショーが始まるのを待っていても、肝心な時に赤ちゃんがぐずり始めたりするし、赤ちゃん連れだとなかなか難しいところです。

うちの場合は、混雑している時は、何が何でも見ようとは思わないようにし、その日の一番最後に行われるイルカショーを見るようにしてます(午後4時が最終)。
最後のショーは、10分くらい前に駆け込みで入っても、空席が所々あり、特に端のほうは、家族が横一列に座れるほど空いてたりします(それでも、開始時には結構満員になります)。
アクアワールド大洗イルカショー会場
写真はイルカショーの会場です。
会場の外は、太平洋が広がっています。


長くなったので、次に続きます
次は割引料金などについてです。
そして、タイトルにある「最上階に屋内で遊べるキッズ広場」についても、次に書きます。

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2010/01/06 21:13 ] 茨城県の公園,施設 | TB(0) | CM(4)

たびぱぱさんへ

たびぱぱさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
そうでしたか!那珂湊のお魚市場は確かに有名ですね。
おもわず、前回の記事に、那珂湊について簡単に追加の書き込みをしてしまいましたよ。
ウミウシの手触りは独特ですね~。
あんな感触の生き物、地上にはいないかも?
もっとも、ナメクジとかミミズとか、触ったこと無いんで、手触り分からないんですが…。
[ 2010/01/08 16:02 ]

こんばんは!

那珂湊にはお買い物に数回行ったことがありましたが、アクアワールドには寄りませんでした。今度はぜひ寄ってみたいです。水族館っていいですよねぇ~。クラゲとかウミウシとか面白いんだよなぁ。
もし行ったら、もちろん左折で入ります。
[ 2010/01/08 00:00 ]

Re: まだ夜が明けません

コメントありがとうございます。

私は、四国には、小豆島に行ったことがある程度で、行ったことが無いんです。
屋嶋という地名は、やはり源平合戦で知っていますよ。
ただ、行ったことが無いので、写真を見るか、地図を見て何となく想像する程度です。
ちなみに、九州沖縄にも行ったことが無くて、遠くに旅行となると、大学時代に住んでいた北海道になってしまって。
いつか行こうと家族と話はしてるんですが。

関東は、確かに水族館は多いと思います。
海から離れた場所(例えばサンシャイン60)にも水族館があるくらいです。
ただ、行くとなると、なじみの場所ばかりになってしまってますよ。
[ 2010/01/07 10:37 ]

まだ夜が明けません

こんばんは。
詳しい説明・・・・近くだったら直ぐにでも行ってみたくなります。
こちらは水族館が少なく、香川には高松市の源平合戦で有名な屋嶋山上にしか在りません。
子供頃は、ケーブルカーも復活していなかったので、バスに乗って山頂にまでよく行っていました。
この屋嶋には、韓国式古代山城が在って、考古学的に面白いところです。
そちらには大きな水族館が多いので、とても羨ましく思います。
[ 2010/01/07 05:02 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hesokurisuki.blog101.fc2.com/tb.php/27-fc79839a











ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。