スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

じゃらん,楽天、JTB,Yahoo!トラベル,一休.com (旅行サイトの比較説明)

◎旅行会社別
じゃらんnet,楽天トラベル、JTB,一休.com の旅行会社の簡単説明です。
   
 楽天トラベルじゃらんnetが人気
    いずれも、扱っている施設数が2万以上と豊富ですから、紹介プランもかなり豊富です。
   一度利用してみて、宿泊先でのトラブルもなく、終始楽しく旅行できたなら、そのサイトへの安心感や信頼感ができ、次利用することに何の抵抗も無いでしょう。
   また、ポイントがたまるという楽しみもあります。

 満足度が一番高い一休.com
    一休.comは、高級ホテル・高級旅館に特化した予約サイトや、プレミアムなビジネスホテル専門予約サイトなど、「心に贅沢させよう。」をモットーに運営され、価格よりも質を重視し、厳選した施設を紹介しています。
    価格の安い宿泊料金やプランの紹介よりも、非日常である旅行に対しては、サービスコンテンツの充実に対する満足度が上回る人も多いのでしょう。

 ・我が家の利用状況
    うちは、じゃらんnetをメインで利用し、JTBと一休.comをたまに利用します。
    楽天トラベルは、利用した事はないのですが、掲載されている情報や写真には目を通しています。

    私がじゃらんnetを使う理由は、独身の頃から旅行雑誌「じゃらん」をよく見てたからです。
   パパも独身の頃、「じゃらん」をよく見てたとのことで、我が家では自然とじゃらんnetを使い始めました。
    JTBサイトの利用についても、インターネットが普及する以前は、いつもJTBの店舗で予約していたからです。
   JTB店舗の利用は何度もしましたが、不快な思いをした事が一度もないので、安心と信頼の気持ちから、JTBサイトを利用します。

    一休.comについては、3~4年前に初めて利用しました。
   初めて利用することに対する不安は少しはありましたが、扱っているのは質重視で厳選された施設とのことで、不安以上に期待が大きかったです。
   うちの場合は、都心のホテルに宿泊する際に利用します。
   パパが、たまには贅沢な宿に泊まってみようという事で、利用しています。
  うちの場合、家族が多いので、2部屋続きでコネクティングルームにできるのが条件です。
  2部屋が1つになるので、とても広く利用できます。
  クオリティの高い宿は、アメニティの1つ1つから違ってきます。
  宿泊料金が高くなりますが、満足度も抜群です。
  
  我が家は格安の宿も利用していますが、安い宿はそれ相応の宿ですし、高い宿もそれ相応という事がよく分かります。   
  格安の価格で予約するなら、多少の不具合は我慢です。

誰でもそうだと思うのですが…
結局、これまで利用した事があるサイトに対する信頼性をもとに、リピート利用されることが多いのでしょう。
サイトごとに使い分けたり、ポイントの貯まり方や利用方法を考えたり、旅行に行く頻度によっても違ってくるでしょう。
   
以下に、各旅行サイトの特徴をまとめておきます。
  
じゃらんnet

  ・会員登録しなくても、メールアドレスの認証が取れれば予約可能
  ・会員登録は、登録料・利用料・年会費はすべて無料
  ・電話予約も可能
  ・登録施設数 国内2万以上

  ・リクルートポイントについて 
      電話予約の場合は付与されない
      宿泊料金の2%がポイントとして還元
      全ての宿で利用可能
      利用日制限なし
      1回あたり30000ポイントまで利用可能
      1P(ポイント)=1円として、最低100Pから利用でき、100P単位で利用
      新しくポイントを獲得するたびに有効期限が自動延長
      ホットペッパーグルメなどと共通利用

  ホテル予約確認メールは、プリントしておきます。

楽天トラベル

  ・会員登録が必要
  ・会員登録は、登録料・利用料・年会費はすべて無料
  ・電話予約も可能
  ・登録施設数 国内約28700

  ・楽天スーパーポイントについて
      電話予約の場合は付与されない
      宿泊料金の1%がポイントとして還元
      全ての宿で利用可能
      利用日制限なし
      1回あたり30000ポイントまで利用可能
      国内宿泊予約は100ポイント以上100ポイント単位で利用
      高速バス予約,ANA楽パック,JAL楽パック,楽パック(JR東日本+宿泊),海外航空券は100ポイント以上1ポイント単位で利用
      国内レンタカー予約は100ポイント以上100ポイント単位で利用あるいは全額ポイント利用
      ポイントの有効期限は1年間
        但し、1年間に1度でもポイントを獲得すればポイントの有効期限は切れない
      楽天市場・楽天グループ各サービスなどで利用

  ホテル予約確認メールは、プリントしておきます。

JTB

  ・会員登録しなくても、メールアドレスの利用により予約可能
  ・会員登録の場合は、登録料・利用料・年会費はすべて無料
  ・割引レジャーチケット購入だけの利用も可能(⇒こちら)
  ・JTBの各店舗や電話販売センターでの予約も可能。
  ・利用者の宿の評価は、ポイント(点数)による評価。
  ・登録施設数 厳選した施設が国内に約5千

  ・クルーポイントについて
    ・JTBの各店舗や電話販売センターで予約の場合は付与されない
    ・宿泊料金の1%がポイントとして還元
     但し、現地支払いの場合0.5%
    ・1ポイント=1円として100ポイントから100ポイント単位で、支払い金額全額に対して利用可能
    ・有効期限1年

  他に、クルーポイント2倍、ポイント有効期限2年間のJTB INFO CREW VIP 会員もある。
    但し、年会費525円(税込み)
    VIP会員になる目安としては…
     年間あたりの宿泊予約(手配旅行)の合計金額が6万円以上の人
     年間あたりのJTBホームページでの予約金額が合計12万円以上の人

  ホテル予約確認メールは、プリントしておきます。 

Yahoo!トラベル

  ・同一施設について、JTB、るるぶトラベル、一休.com、ベストリザーブの4社の提供するプランを比較検討。
    地図や条件から探し料金の比較可能。クチコミも多い。
    但し、るるぶトラベルと一休.comでは、予約内容の変更はできません。
    いったん予約を取り消して再度やり直す事になります。
    このように、どの会社のプランを予約するかで、段取りに少し違いがあります(詳しくはこちら)。    
              
  ・国内ツアーについても、旅行会社約140社ものツアーを比較し選べる。  
  
  ・会員登録(Yahoo! JAPAN ID)は、予約するプランによっては必要
    会員登録の有無に関係なくメールアドレスは必須。   
    るるぶトラベルプランと、JTBプランで「現地支払い」の場合、Yahoo! JAPAN IDのログインが必要。  
  ・会員登録の場合は、登録料・利用料・年会費はすべて無料
  ・扱っている施設数 日本全国13000軒超

  ・Tポイントについて
     ・Yahoo! JAPAN IDを使ってポイント獲得の対象となるプランを予約、宿泊することで付与。
     ・宿泊料金(税抜)に対して1%のポイント
     ・1ポイント=1円で宿泊やショッピングに利用可能。
     ・有効期限は、最後にポイント獲得、または利用した日の1年後。

  ホテル予約確認メールは、プリントしておきます。 

一休.com

  ・会員登録が必要
  ・会員登録は、登録料・利用料・年会費はすべて無料
  ・電話予約も可能
  ・施設数よりも施設の質を重視
     一休.com独自の基準をクリアした厳選の施設
     お得な価格や魅力的な特典の付いたプランが充実

  ・一休ポイントについて
      電話予約の場合は付与されない
      予約金額の1%がポイントとして還元され、事前カード決済で予約すると更に+1%
      全ての宿で利用可能
      利用日制限なし
      1P(ポイント)=1円として、10ポイント以上1ポイント単位で利用
      ポイントは1年間有効
        但し、1年間にポイント増減を伴う利用があれば有効期限は切れない
      一休.comレストランで利用可能
        利用単位は、100ポイント以上100ポイント単位

  ホテル予約確認メールは、プリントしておきます。    

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2013/09/10 12:15 ] 子連れ旅行 | TB(0) | CM(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hesokurisuki.blog101.fc2.com/tb.php/253-725e3c54











ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。