スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

手賀沼公園(ミニSLとアスレチック遊具)

手賀沼公園は、千葉県我孫子市にある手賀沼に面した公園です。
我孫子市民図書館に隣接して公園があり、駐車場は公園と共有しています。

手賀沼公園は、面積4haを越え、手賀沼を見る向きにベンチがあちこちに配置されています。
公園には、手賀沼に沿って遊歩道が整備されていて、公園から手賀大橋をくぐり、その先の手賀沼親水広場の方まで、約5kmあります。
手賀沼公園内の遊歩道沿いは、ベンチが所々に置かれ、公園内の木陰ではレジャーシートを広げてくつろぐ人達もよく見られます。
夕方日没近くなると、特に休みの日は、手賀沼の夕景を撮ろうと、写真撮影する人達が一気に増えます。

公園の一部には、沼の水に触れるように湖岸をなだらかな傾斜にしている所もあります。ただ、小さい子が遊ぶような感じではなく、もう少し大きい子達が遊んでます。
貸しボートもありますし、釣りもできます。
こちらも大きい子供達が親と一緒に楽しんでます。

小さい子を連れていく場合、手賀沼沿いに柵が無い所があり、沼沿いでは子供の手を離せません。
また、柵があっても、柵の隙間がかなり大きいので、身を乗り出しすぎたら手賀沼に落ちてしまうことでしょう。
手賀沼沿いには多くの釣り人がいるので、小さい子達が興味津々に釣り人に近づく事もあります。
近づく程度なら良いのですが、釣れた魚をのぞこうと柵から身を乗り出したら危険です。
広い公園なので、あまり沼の方には行かず、別の所で楽しむ方が安全です。

手賀沼公園内には、図書館のすぐ近くにある子ども広場と、ボート乗り場の近くにある広場に遊具があります。
公園の両端にあり、それぞれの広場に隣接して駐車場があります。
2か所の遊び場にはそれぞれ異なる遊具があるので両方行くと子どもは飽きないです。
遊具の数は少ないですが、2ヶ所とも複合遊具が置かれています。

子ども広場には、大きな砂場やアスレチック遊具、ミニSLがあります。
ミニSLの線路に囲まれたいる中にある広場で、芝生が敷き詰められていて、ベンチも置かれています。
ただ、真夏は木陰がほとんど無いので、暑さ対策は必要です。

ミニSLは1回200円で、2周してくれます。
また、春休みと夏休みは、月曜日以外は毎日運行してます(それ以外の期間は土日祝日のみ運行、12月~3月20日まで休業)。
午前中、昼間、午後と運行車両が変わります。
3才以下の子は親と一緒に乗ります。

ミニSLの乗り場付近には、レンタサイクルもあり、営業日と休業日はミニSLと同じです。
後ろに子供を座らせることができる自転車もあります。

ボート乗り場近くの広場については、複合遊具以外にブランコと砂場も有ります。
こちらは、芝生の広場が無い代わりに木々が生い茂った中に遊具があります。
木漏れ日の中で遊ぶ際には、地面を這う木の根につまずかないように注意が必要です。

公園内には他に、テニスコート、多目的広場があります。
子ども広場の隣にある多目的広場にはバスケットゴールがあり、週末はバスケをする中高生でにぎわってますし、家族でバドミントンやキャッチボールをする光景もあちこちで見られます。

なお、水上バスもあったのですが、我孫子市HPによると、手賀沼水上バスは平成21年4月1日から運航を停止しています。
現在は、公園内もしくは隣接する業者によって、日曜日と祭日に随時運行されています。
料金は、大人500円 子供300円(3歳以下無料)となっています。


より大きな地図で 手賀沼公園 を表示
地図の左上にある「+」をクリックして拡大していくと、公園内に複数のマークが付いています。
マークをクリックすると、簡単な表示が出ます。
2つの駐車場ともに、すぐ近くに遊具のある広場がありますが、ミニ鉄道は、図書館そばの駐車場の方にあります。

アクセスについてです。
◎電車利用の場合
JR常磐線我孫子駅から徒歩10分くらい。
手賀沼に向かって坂を下りて行くだけなので、道に迷う事はありません。
ただし、帰りは上り坂になります。

◎車利用の場合
常磐自動車道 柏インターから約10km
国道16号が混んでいる場合も多いので、30分くらいかかることもあります。

施設情報です。
◎常時開放
◎入園無料
◎駐車場 あり
手賀沼公園の駐車場(駐車台数50台)と、公園に隣接する我孫子市の図書館の駐車場(駐車台数110台)。
公園の両端にあります。
駐車場は2か所ともに、最初の1時間は無料で、以後1時間ごとに100円かかります。
土日祝日はすぐに満車になってしまうことも多いです。
家族で来ている人達の中には、駐車時間が1時間経ちそうになると、パパが車を駐車場から行ったん出し、またすぐに駐車場に入ってきて、また1時間近く止める、という裏ワザ(反則ワザ?)を使ってます。

◎自販機 あり
◎売店 あり(ボ-ト乗り場近く)
   公園前にはライフ(スーパーマーケット)があったんですが、無くなってしまいました。
   我孫子駅周辺に、イトーヨーカドーや複数のコンビニがあります。

◎トイレ 2か所の遊び場付近に、各々1か所ずつあり
    子ども広場にあるトイレのほうが綺麗でおむつ替えもできます。
    もう1つのトイレは、おむつ交換台は有りません。

一番綺麗なトイレは、図書館内のトイレです。
図書館は、子供の絵本が充実しているので、公園で遊ぶ以外に、図書館で過ごす事も出来ます。

◎ミニSLについて
・営業日 土日祝日、春休み、夏休み
     春休み、夏休み期間は月曜日が休業
・営業時間 3月20日~3月31日(午前10時~午後4時)
      4月1日~9月30日(午前9時半~午後5時)
      10月1日~11月30日(午前10時~午後4時)
・休業日 12月1日から翌年3月20日ごろ(公立小中学校の春休み直前まで)
・料金 1回200円(2周する)
・回数券あり 11枚で2000円

◎レンタサイクルについて(24~27インチ)
補助輪付きは無いですが、後ろに子供を乗せられる自転車は有ります。
営業日と営業時間はミニSLと同じで、貸し出しは終了時間の1時間前までです。

・料金 大人300円、小学生以下100円
・貸出場所 手賀沼公園,サイクルパーク我孫子南,鳥の博物館
      フィッシングセンター,道の駅しょうなん,柏市中央体育館
  自転車の返却は、どこのステーションでも可能です。
 
ベビーカーでの移動はスムーズです。
公園内は多数のベンチが置かれているので、ママもベンチに座って一休みしやすいと思います。
ただ、土日祝日の天気の良い日は、多くの人が公園に来るため、そんなベンチも全て使われている事もあります。

なお、手賀沼公園の記事は以前書きなおしたのですが、このたび再び、手直しをしました。
掲載写真を全部新しくし、文章も少しだけ直しました。

図書館側駐車場
図書館と共用となっていて、100台以上とめられる広さの駐車場です。
この写真を撮った日は、平日の昼間ですが、図書館や、その中にある公民館を利用する人達も利用するため、平日といえども混雑しています。
ゴールデンウィークなどは、早い時間から満車になります。

ミニ鉄道駅
図書館からすぐ近くには、ミニ鉄道乗り場があります。2周で200円となっています。
ミニ鉄道の線路内が子ども広場となっています。
夏休みと春休みは、平日も営業しています。

踏切と子ども広場内
ミニ鉄道の踏切と、子ども広場内の様子です。踏切の向こうに、複合遊具が写っています。

図書館前遊具正面
子ども広場内の複合遊具を別角度から見ました。
写真右のネット、または階段を上がって、足もとが揺れる丸太の吊り橋(丸太の丸太の間に隙間あり)を渡って滑り台を滑ります。
この吊り橋は、小さい子ほど、好き嫌いがあるようです。
うちの末っ子2才は怖がって遊ぼうとしませんが、幼稚園児の長男は、2才の時でも遊べました。
なお、この遊具の前には広い砂場があります。

図書館前の遊具
複合遊具を滑り台の方から見た様子です。
写真右のロープに掴まってよじ登る事もできます。

子ども広場ベンチ
子ども広場には、写真のようなベンチが置かれています。
広場内にほとんど木陰は有りませんが、時間によっては、広場の外に植えられている木の影がベンチのほうに伸びてきます。

砂場と図書館
ベンチの真正面には砂場あります。
砂場の向こうには芝生が植えられていて、そこでシートを広げてくつろぐ人達も見かけます。
また、写真の奥に写っている白い建物は、ミニSLの駅がある場所で、レンタサイクルの貸出場所にもなっています。
また、茶色っぽい大きな建物は、我孫子市の市民図書館です。

バスケットゴール
子ども広場のベンチの後ろには、多目的広場があり、広い芝生広場になっています。
また、子ども広場のすぐ隣には、バスケットゴールもあります。

公園岬方向
子ども広場に隣接する芝生広場(多目的広場)は、手賀沼にも面しています。
ボールで遊んだり、凧揚げをする子もいます。
レジャーシートを広げてのんびりしている人もいます。
この写真の右隅に写っている手賀沼に沿ってまっすぐ進むと公園岬に着きます。

手賀沼とベンチ
公園岬のほうに向かって、手賀沼沿いにベンチがズラッと並んでいます。
写真右側は、手賀沼に向かって緩やかな傾斜の石畳になっていて、水を手で触れる事ができます。
写真の奥に向かって真っすぐ歩いていくと、手賀沼につき出ている「公園岬」という所に着きます。

水に触れられる部分
同じ場所から手賀沼のほうを見ると、鳥が沢山います。
多くの種類の野鳥がいることで知られている手賀沼ですが、鳥に餌をあげる人も多いため、その餌に群がる鳥達も多いです。
この写真の鳥達も、餌にありついた後、一世に水面を飛び立ちました。
なお、写真の奥には、ボート乗り場が写っています。
そのボート乗り場すぐ近くの木々の中に、遊具のある広場があります。

公園岬とベンチ
公園岬の様子です。
手賀沼に向かってベンチがたくさん並べられています。
公園岬の柵は、低く隙間も大きいため、小さい子は落ちないように注意が必要です。
特に、写真の左側に更に進んで行くと、柵すら無い状態です。

手賀大橋
公園岬からは手賀大橋が見えます。
手賀沼公園から、手賀大橋の下を通って、手賀沼親水広場の方まで、手賀沼に沿って遊歩道が整備されています。

手賀沼沿いの遊歩道
子ども広場から、公園の反対端にある別の遊具のある広場に移動していく際は、ボート乗り場に向かって手賀沼沿いを歩きます。
公園岬からだと、子ども広場の方に戻り、あとは、ボート乗り場のほうに向かって手賀沼沿いを歩きます。
手賀沼沿いは、平坦な広い道で歩きやすいです。
写真の右端に木々が見えていますが、木々の中を通って遊具に行く事もできます。

木々と遊具
木々の中を通って行く場合の様子です。
木々が多く植えられていて、木陰も多く、ベンチもあちこちに配置されています。
ずっと遠くの方に小さく滑り台が見えています。

タイヤ付遊具
ボート乗り場の近くにある木製の複合遊具です。
大小2つの滑り台があり、タイヤのブランコがついてます。
なお、この複合遊具の向こう側にはブランコがあります。
この写真には、大きいほうの滑り台が写っています。

遊具
複合遊具を別の角度から見た様子です。
写真中央は吊り橋状になっています。また、写真右のネットをよじ登る事もできます。
全体的にはアスレチックの様子が大きく、小学生も楽しめますが、小さい子にとっては難しいかもしれません。

別の角度から見た遊具
複合遊具を更に別の角度から見た様子です。こちら側に、小さい滑り台がついてます。
写真手前には砂場があります。

ボート乗り場
木々の中の遊具で遊びつつ手賀沼のほうを見ると、ボート乗り場があります。
また、写真には写ってませんが、ボート乗り場を兼ねた売店にもなっていて、お菓子などが売ってます。
自販機も沢山並んでいます。

公園駐車場
ボート乗り場側の駐車場です。
図書館側の駐車場よりは狭いですが、50台とめられます。
GWなどはすぐに満車になってしまいます。

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
手賀沼公園のHPはこちら
ミニSLについてはこちら
関連記事
[ 2011/02/25 11:09 ] 千葉県の公園,施設 | TB(0) | CM(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hesokurisuki.blog101.fc2.com/tb.php/23-520043ed











ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。