スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あみプレミアム・アウトレット(屋外遊具で遊べる広場が2ヶ所あるアウトレットモール)

あみプレミアム・アウトレットは、茨城県南部の阿見町にあるアウトレットモールです。

比較的近い所に霞ヶ浦があり、あみプレミアム・アウトレットは、霞ヶ浦の南側にあります。
また、車で行く場合、圏央道の阿見東インターの真ん前にあり、インターを降りると、あみプレミアム・アウトレットに直接入っていけるように道路が整備されています。

広大な駐車場があり、駐車料金が無料というのは、気軽に立ち寄るにも便利です。

あみプレミアム・アウトレットは、2009年7月に104店舗でオープンしました。
その後、2011年12月に増設し、151店舗となり、駐車場も今までより1000台以上多くとめられるようになりました。

開発運営は、チェルシージャパン株式会社がしています。
この会社は、三菱地所と、アメリカのショッピングセンター開発業者として最大手であるサイモン・プロパティ・グループの合弁会社で、日本には、8か所のプレミアム・アウトレットを出店し、アメリカ各地や韓国などにも出店しています。

関東地方では、阿見の他に、佐野プレミアム・アウトレットがあり、2013年春には、千葉県に酒々井プレミアム・アウトレット(成田空港から車で15分程度の場所)が開業予定です。

このブログでは、あみプレミアム・アウトレットの各店舗については触れません。
というのも、私自身、子供達を連れて、アウトレット内を一通り歩き、時々店舗内に入ってウィンドウショッピングをそれなりに楽しんだことはあるものの、もともと買い物にはあまり興味が無いためか、よくある郊外型の大きなショッピングセンターという印象しか無いのです。

サーティワンのチョコレートフォンデュだけは、地元のサーティワンでは食べられないので、子供4人と私で食べましたが。

もともとこのブログは、遊具のある施設の紹介が中心という事もあり、ここでは、あみプレミアム・アウトレットの遊具施設について紹介します。

あみプレミアム・アウトレットには、細長くのびるアウトレットの建物のほぼ両端に1ヶ所ずつ遊具のある広場があります。
1つは大人が利用できる健康遊具もあるファミリーグラウンド、もう1つは、高学年でも楽しめそうな複合遊具があるプレイグラウンドです。

ファミリーグラウンドは、カラフルなジャングルジムのような遊具が中心にあり、その周囲に、健康遊具が点在し、子供向けの遊具も2つ混じっています。

また、プレイグラウンドは、小さい子から小学校高学年までの子供達の遊び場です。
商業施設の遊具にしては割と規模が遊具で、大きいチューブ型の滑り台が目立つ複合遊具が目立ちます。
その他には、小さい子向きの乗物の遊具が複数置かれています。

そもそも買い物をする施設なので、あまり過剰に期待してはいけないのですが、ブランコと滑り台が置いてあるよりは、施設なりの考慮が感じられる気がします。
買い物の楽しむついでに、ここで子供達を遊ばせつつ一休みするにはちょうど良い感じです。

これらの広場は、高速道路側からだと、アウトレットの建物で見えない位置にあります。
つまり、阿見東インターで高速道路を下りたら、アウトレットの建物の向こう側の駐車場を利用すると分かりやすいです。

今回、私は、霞ケ浦周辺に子供達と遊びに来たついでに、開業間もない頃ウィンドウショッピングをしに来て以来久々に、あみプレミアム・アウトレットのファミリーグラウンドで遊ぼうと立ち寄りました。
駐車料金が無料というのは大きいですし、圏央道の阿見東インターに直結しているので、何かのついでに立ち寄りやすいです。


より大きな地図で あみプレミアム・アウトレット を表示
地図の左上にある「+」をクリックして地図を拡大していくと、複数の目印が付いています。
目印の上にカーソルを移動してクリックすると、簡単な説明が出ます。

アクセスです。

◎電車バス利用の場合
JR常磐線 荒川沖駅東口から直行バス「あみプレミアム・アウトレット行き」(関東鉄道バスかJRバス)に約20分乗車。
 直行バスは1時間~1時間半に1本あります。
  バスの料金は、大人500円小人250円
  運賃支払い時に、アウトレット利用である事を言うと、復路利用券をもらえます。

◎車利用の場合
首都圏中央連絡自動車道(圏央道) 阿見東インター降りてすぐ。
インターを下りると、専用通路の案内があり直結しています。
阿見東インターが近づいてくると、高速道路上からもアウトレットがよく見えています。
また、高速道路を挟んで反対側には、牛久大仏がよく見えています。

阿見東インターは2007年3月に利用できるようになり、阿見プレミアムア・アウトレットは2009年7月にオープンしました。
そのため、昔から利用していて地図データを全く更新していないカーナビの場合、検索しても目的地が出てこないでしょう。
その場合、あみプレミアム・アウトレットのHPでは、「〒300-1155 茨城県稲敷郡阿見町大字吉原2700」で登録し検索するようにと書かれています。

施設情報です。

◎営業時間
    物販店舗・フードギャラリー午前10時~午後8時
    レストラン/午前11時~午後9時
    Tully's Coffee・Bagel & Bagel・上島珈琲店/午前9時半~午後8時
  日によっては、全館午後9時まで営業という事もあります。
  営業時間が気になる場合、あみプレミアム・アウトレットのHPで確認することをお勧めします。
   
◎子供達が遊べるファミリーグラウンドとプレイグラウンドの利用時間
   午前9時半から日没まで。
   真夏は、午後7時まで利用できます。

◎ファミリーグラウンドとプレイグラウンドは無料で利用可能。

◎休業日 年1回(2月第3木曜日)
      店によって休業日や営業時間が異なる場合もあり。

◎無料駐車場 あり(約3900台収容)
  非常に広大な駐車場なので、何を目的に行くかで、最寄りの駐車場所が違ってきます。
  出かける前に、なるべく駐車したい場所を決めておくと、駐車場で車から降りてからの移動距離を短縮できます。
  但し、土日祝日は、混雑する事もあるので、とめたい所にとめられない事もあります。

◎自動販売機 あり(各所に点在)

◎トイレ あり(各トイレにオムツ交換台あり)
       授乳室やプレイコーナーなどがあるキッズルームには小さい子用の子供トイレがあります。
◎授乳室 あり(女性専用授乳室が2ヶ所あり、各々の場所に個室が複数あります)

 乳幼児連れで行く人達のためのチビッ子施設の案内マップがあります。
 こちらをご覧ください。
 また、各チビッ子向け施設の紹介はこちらです。      
べビーカーでの移動は、バリアフリーが考慮されていてスムーズです。
赤ちゃん連れを行く場合、授乳室が複数あるだけで、こちらの物理的精神的負担が全然違ってきます。
この施設は、プレミアム・アウトレットでは当然なのかもしれませんが、乳幼児の施設が揃っています。
欲を言えば、キッズルームをもっと広くして、おもちゃを色々置いて欲しいのですが、おもちゃ王国じゃあるまいし、買い物をする施設なので、施設側は、この程度で抑えているのでしょう。

あみプレミアムアウトレット駐車場
約3900台収容の広大な駐車場です。
広大過ぎて、どこにカメラを向けていいのか分からず、とりあえず子供達が遊べる広場周辺の駐車場の様子を撮りました。

牛久大仏
駐車場から見える牛久大仏です。
1993年に完成し、高さ120mもあります。
たまに、テレビ番組で、この大仏のてっぺんを掃除する人達の様子をやっています。

ファミリーグラウンド
あみプレミアム・アウトレットのファミリーグラウンド入口です。
入口の周囲には、ベンチやテーブル、自販機が置かれ、座って休めるようになっています。
建物内のトイレも近くにあります。
また、目の前には広大な駐車場が広がっているので開放感があります。

ファミリーグラウンド遊具利用案内
ファミリーグラウンドの利用案内です。
この場所には、この写真の上半分に書いてある3つの遊具があります。

ファミリーグラウンド内遊具
ファミリーグラウンド入口を入った時の様子です。
中央に「スペースキューブ」というジャングルジムのような遊具があり、カラフルな色合いでもあるため、目立っています。

ファミリーグラウンド内健康遊具
その3つの遊具を取り囲むように、健康遊具が点在していて、子供達が遊ぶ様子を見守りながら親達が利用しています。

ファミリーグラウンドの別角度から
ファミリーグラウンドを別角度から見た様子です。
「みかづきラダー」があります。

ファミリーグラウンド遊具
「みかづきラダー」の隣には「ピタゴラクライム」があります。

ファミリーグラウンドメイン遊具全景
「スペースキューブ」付近からファミリーグラウンドの外を見た様子です。
写真左には、あみプレミアム・アウトレットの建物が続き、写真右側には駐車場が広がっています。
ファミリーグラウンドは、建物と駐車場の間にあります。
見通しがよく日当たりもよいのですが、真夏は日差しがきついです。

メイン遊具の様子
「スペースキューブ」は、普通のジャングルジムのように棒状になっているわけではなく、馬の鞍のような形をしているため、遊び始めの頃は、上がっても足もとが安定せず、少し戸惑っていました。

プレイグラウンド
この写真は、乳幼児向けの遊具が置かれているプレイグラウンドです。
ファミリーグラウンドと同じように、建物と駐車場の間にありますが、ファミリーグラウンドからは少し離れた所にあります。
バスローターリーのすぐ近くにあり、プレイグラウンド内にはベンチも複数あるので、バス利用の方には便利です。
ただ、こちらはトイレが近くに無いので、子供が「トイレ!」と言った時に不便です。
遊ぶ前にはトイレを済ませておいた方が良いです。

プレイグラウンドの遊具利用案内
プレイグラウンドの利用案内です。
ここには、子供向けの遊具が置かれていて、健康遊具はありません。

プレイグラウンド内の様子
プレイグラウンドの隅から見た様子です。
プレイグラウンドの半分は、乗り物の遊具が点在しています。
写真の右側には、あみプレミアム・アウトレットの建物がずっと奥のほうまで続いています。
また、写真左側は、駐車場が広がっています。
この写真右側の建物に沿って、写真奥のほうへ歩いていくと、ファミリーグラウンドがあります。

プレイグラウンドメイン遊具のチューブ型滑り台
プレイグラウンドの複合遊具です。
チューブ型の滑り台が目立ち、小学校高学年でも楽しめる規模です。

チューブ型滑り台の裏側
チューブ型滑り台の反対側には、2人同時に滑れる滑り台があります。
チューブ型滑り台より少し低い位置から滑ります。

チューブ型滑り台向かって右側
チューブ型滑り台の右側の様子です。
階段やスロープなどで上がるようになっています。

チューブ型滑り台の向かって左側
チューブ型滑り台の左側の様子です。
こちらも、階段やネットで上がるようになっていますが、段差がやや小さめなので、小さい子にはこちらの階段のほうが上りやすいです。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
にほんブログ村
乳幼児連れで行く人達のためのチビッ子施設の案内マップがあります。
こちらをご覧ください。
また、各チビッ子向け施設の紹介はこちらです。  
あみプレミアム・アウトレットのHPはこちら
関連記事
[ 2012/08/13 10:38 ] 茨城県の公園,施設 | TB(0) | CM(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hesokurisuki.blog101.fc2.com/tb.php/227-ba8dbf55











ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。