スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

蘇我スポーツ公園(高さのあるカラフルなジャンボスライダー)

蘇我スポーツ公園は、千葉市中央区の海沿いにある市営の公園です。

2002年から川崎製鉄跡地を利用して整備され、広域避難所としての役割も併せ持っています。
公園に隣接してJFEスチールの広大な敷地があり、視界には常に工場の煙突がチラチラしています。
また、公園から車で数分の範囲には、大型店舗が複数あります。

計画面積が約46haとなっている蘇我スポーツ公園には、既に、Jリーグ ジェフユナイテッド市原・千葉のホームスタジアムとなっているフクダ電子アリーナや、テニスコート、遊具広場などが利用できるようになっています。
駐車場は、第1駐車場と第2駐車場が利用できるようになっています。
しかし、利用できる場所は、まだ計画面積の半分となっています。
残りの未整備区域については、計画の見直しを含めて再計画されているところです。

遊具広場は、2009年に利用できるようになり、第1駐車場に隣接しています。
運動公園の遊具というと、ブランコや滑り台、小さめの複合遊具など、ありふれた遊具を適当に配置していることも多いですが、蘇我スポーツ公園の場合は、高さ約6mほどのカラフルなジャンボスライダーが、遊具広場のシンボルタワーとなっています。
小さい子向けの遊具も点在していて、全ての遊具が真新しくカラフルです。

また、スポーツ施設がメインの公園のせいか、遊具広場は広すぎません。
かと言って狭すぎるわけでもなく、ちょうど良い広さで、見通しが良いです。
ベンチが適当に置かれているので、座って子供達の様子を見守ることができ、遊具広場で遊ぶ子供の姿を見失う事はまずありません。
日差しをよける場所が無いので、暑い日は、その対策が必要になります。

真冬でも、直接海に面していないせいか、極寒の風の吹きさらしというわけでもないですし、駐車場がすぐ隣なのも、移動がとても楽です。
トイレも、遊具広場のすぐ近くにあり、オムツ交換台が付いています。
また、このトイレの良い点は、チェンジングボードも付いているという事です。
パンツ型オムツを履いている子のおむつ替えや、遊んで汚れた衣服の着替えをしやすくなっています。

蘇我スポーツ公園は、今後どのようになっていくのか楽しみです。


地図の左上にある「+」をクリックして、地図を拡大していくと、地図の中心は駐車場入り口の位置にあります。
また、家の絵の目印は、遊具のある広場の位置にあります。

アクセスです。
◎電車利用の場合
JR外房線・内房線・京葉線 蘇我駅から徒歩約10分。

◎車利用の場合 
京葉道路 松ヶ丘インターまたは蘇我インターから約10分。

施設情報です。

◎常時開園
◎入園無料
◎駐車場 あり(第1駐車場158台収容 第2駐車場320台収容)
◎トイレ あり(オムツ交換台あり、チェンジングボードもあり)
◎自販機 あり(トイレの横)
◎売店 無し
   JR蘇我駅周辺にコンビニやスーパーなど揃っていますが、蘇我スポーツ公園の近所にはありません。
◎授乳室 無し

ベビーカーでの移動はスムーズです。

蘇我スポーツ公園駐車場案内
蘇我スポーツ公園の駐車場入り口に立っている看板です。
1時間100円(1日最大1000円)で、利用時間は、午前8時45分~午後9時までです。
敷地内にあるフクダ電子スクエアやフクダ電子アリーナで大きなイベントがある場合、利用時間や利用料金が変更になることがあります。

細長く広い駐車場
蘇我スポーツ公園の第1駐車場(158台収容)です。細長く奥行きがあります。

駐車場の遊具に近い所
第1駐車場の遊具広場に一番近い場所の様子ですが、写真中奥に見えている建物は、フクダ電子アリーナです。
フクダ電子アリーナは、Jリーグ ジェフユナイテッド市原・千葉のホームスタジアムです。

シンボルタワールド
蘇我スポーツ公園の遊具広場「シンボルタワールド」内の遊具の配置案内図です。
写真下の赤文字「いまいるところ」の位置は、駐車場と遊具広場の境界付近になります。

駐車場から見た遊具
蘇我スポーツ公園の第1駐車場から見た遊具広場の様子です。
第1駐車場に隣接し、見通しもよいので、初めて行ってもすぐに遊具広場の場所が分かります。
写真手前には、よじ登ったり穴をくぐったりして遊ぶ壁状のクライム遊具があり、その奥には、ジャンボスライダー遊具「シンボルタワー」があります。写真右には、ネットクライミングが見えます。
ジャンボスライダー「シンボルタワー」は、文字通りシンボルタワー的存在の目立つ遊具です。

健康遊具とターザンロープ
ジャンボスライダーから少し離れた所にはターザンロープやジャンプステップ遊具があり、更に写真奥には、駐車場の敷地に沿って健康遊具が点在しています。

健康遊具
写真奥に向かって点在している健康遊具です。写真の左手が、蘇我スポーツ公園第1駐車場です。

シンボルタワー
ジャンボスライダー「シンボルタワー」です。
写真中央の黄色い階段を上がると、左側の青い滑り台を滑れます。
更に赤い階段を上がって行くと、写真右側の螺旋状滑り台を滑ることができます。
螺旋状滑り台の方は、案外スピードが出ないので、高さやスピードに対してかなり臆病なうちの末っ子が、1人で滑っていました。
遊具上部の赤い階段は、柵がしっかりしているので、足を滑らせて地面に落ちてしまうようなことはありません。
写真左側の背景に写っているフェンスは、ジェフユナイテッド市原・千葉の新練習場「ユナイテッドパーク」です。
オフィシャルショップ「12JEF(ワントゥージェフ)」(営業時間:午前11時~午後7時)も入っています。

シンボルタワー正面の滑り台
シンボルタワーの滑り台を正面から見た様子です。滑り台の表面は平坦ではなく波打っています。
滑り終わりの部分は長さがあるので、滑り下りた勢いで地面にしりもちをついてしまう事はまずありません。

小さい子向け複合遊具と音の出るパネル遊具
遊具広場内には、小さい子向け遊具のコーナーも有ります。
写真は、小さい子向けの滑り台と、写真左奥には、音の出るパネル遊具があります。

サーキット遊具
遊具の案内表示では「サーキット遊具」となっている遊具です。
直線状に奥の方まで続いています。
端から紹介していきます。
写真右の黄色い部分は、カーテンレールのようになっていて、ぶら下がって移動できます。

サーキット遊具
次は、白い部分に乗っかって上下に動かします。
写真右の、チョウの羽のような部分にぶら下がると左右に揺れます。

サーキット遊具
こちらは、足形が付いている平均台です。

サーキット遊具 ぶら下がって回転
ぶら下がって回転させます。
写真の向こうには、曲線状の平均台があります。

サーキット遊具 斜め向かいの人とシーソー
斜め向かいにいる人とのシーソーになっています。

サーキット遊具 2人でブランコ
2人同時に乗れて、前後に揺らせます。
写真の右奥には、動物の形をしたスプリング遊具が2基見えています。
写真左隅にある茶色っぽい建物はトイレです。
トイレの後ろの、フェンスで囲まれている広場はフクダ電子スクエアです。更に奥には、フクダ電子アリーナの建物が見えています。

トイレ前から見た遊具広場
トイレ付近から見た遊具広場です。トイレには、オムツ交換台も付いています。
トイレの左側には、フクダ電子スクエアがあります。
おむつ交換台の隣には、チェンジングボードもあるので、パンツ型オムツの子のオムツ交換や、遊んで汚れた衣類の着替えが楽にできます。
遊具広場からは見えませんが、トイレの横には自販機があります。

高炉モニュメント広場
トイレの前には、高炉モニュメントがあります。
かつて、この地にあった川崎製鉄(現JFEスチール)の高炉(1965年~2004年)のモニュメントです。
すでに解体された実物は、高さ約100mあり、製鉄所のシンボル的存在でした。
この写真の向こう側には、JFEスチール東日本製鉄所の広大な敷地が広がっています。

フクダ電子スクエア前の園路
フクダ電子スクエア前やトイレの園路です。広々していて、ベンチが点在しています。
公園の西側と北側は、JFEスチールに隣接しているため、工場の煙突があちこちに見えています。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
にほんブログ村
蘇我スポーツ公園のHPはこちら
関連記事
[ 2012/01/11 08:24 ] 千葉県の公園,施設 | TB(0) | CM(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hesokurisuki.blog101.fc2.com/tb.php/204-e17d4816











ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。