スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

かみね動物園(多目的施設新設や行動展示施設「サルの楽園」でリニューアル)

かみね動物園は、茨城県日立市の高台に広がる日立市営の「かみね公園」にある施設の1つです。

かみね公園には、ジェットコースターやフライングカーペットなどがあるレジャーランド、小さい子向きの乗り物が揃う遊園地、郷土博物館や、一年中泳げる市民プール、レストランや入浴施設がある「ホリゾンかみね」などの施設があり、総合レジャーランドとなっています。
また、かみね公園内には、約1000本もの桜の木が植えられ、花見の季節には多くの人達が訪れ混雑します。
かみね動物園内にも多くの桜が植えられています。

公園敷地面積約15haのうちの南側約4haは、かみね公園の主要施設であるかみね動物園が占めています。
かみね動物園に隣接して遊園地も有ります。

かみね公園は、昭和24年に都市計画法に基づき設計されました。
昭和31年、都市公園法の適用を受け、動物園や遊園地等の整備計画が進められ、ニホンザル、ヤクシカ、クマの展示が始まりました。

翌昭和32年にはクジャクが加わり4種になると同時に、遊戯施設を併設した「かみね動物園」が開園しました。
当時は、入園無料でしたが、昭和33年にインドゾウの展示が始まり、動物園の人気が急上昇するとともに、入園有料となりました。
また、大型草食動物や肉食動物など、一気に動物の種類と数を増やしていき、昭和36年には、60種160点の動物が展示されました。

更に、昭和40年代には、アシカやチンパンジーのショーが行われ、年間約46万人の人が訪れました(現在は、動物愛護法により公立の動物園では芸はさせてない)。
現在のところ、その時期が、かみね動物園の最盛期にあたり、その後は、レジャーの多様化や施設の老朽化などで、平成に入ってからは、急激に入園者数は減っていき、最盛期の半数近くにまで減っていました。

その対策として、かみね動物園では、創立50周年を迎えた2007年から、施設のリニューアルが少しずつ行われています。
動物園正門横の、2009年にできた「ふれあいプラザかみね」の真新しい建物は、動物園に到着して真っ先に目に付きます。
また、2011年には、「サルの楽園」という行動展示を目的とした施設ができ、四方八方を檻で囲まずに、開放的な広い空間とする事で、高さ10mの所にいるクモザルや、放し飼いにされているリスザルなどを見る事ができます。

このような、リニューアルした真新しい施設や、旭山動物園で有名な行動展示の手法を取り入れてから、入園者数は増え始めていて、2009年度には、13年ぶりに35万人を突破しました。

リニューアルされた施設は他にもあり、チンパンジー舎でも行動展示を目的としたトンネルができたり、ゾウの展示スペースを拡張しています。
また、今後も、新クマ舎整備や、新たにヒグマを展示する予定も有ります。

かみね動物園からそう遠くない所に、人気のアクアワールド大洗があるにもかかわらず、かみね動物園は、相変わらず昭和の頃から変わり映えのしない施設なのだろうと思い、私は、もう10年近く行ってませんでした。

しかし、行ってみると、随分綺麗になっていて、印象が変わりました。
昔ながらの雰囲気の所も沢山残っていますし、地形的に急な坂も有りますが、便利な真新しい施設や、動物の行動を間近で見られる施設ができたのは、とても好印象です。

また、首都圏には多くの動物園がありますが、小動物しか扱っていなかったり、大型肉食動物を扱っていなかったりと、一通りの種類の動物をそろえている動物園ばかりとは限りません。
そんな中、首都圏から離れた北関東の市営動物園で、財政的にも決して恵まれているわけではない状況で、草食動物だけでなく、ライオンやトラなどの大型肉食動物や、希少動物であるゴリラやクロサイもいるのは、りっぱです。

経費をかけずに施設のイメージアップをさせようと、職員の方1人1人が、大工仕事やペンキ塗りをやったり、昔よりもイベントの回数を増やしたり、2007年にはシンボルキャラクター「かみねっちょ」を誕生させ、キャラクターグッズを売り出すなど、経営努力がうかがえます。

ただ、かみね公園は、高低差のある地形の中にあるため、公園の施設間の移動が快適とは言えないのが残念です。
動物園付近の駐車場も、もう少し広いと良いのですが。
地形的な事情や駐車場確保の問題などがあって、なかなか難しいのかなと察しますが…。

平日は空いている事が多い動物園ですが、土日祝日、特にゴールデンウィークなどは、途端に混雑します。
私自身、独身の頃東海村に住んでいたため、かみね公園には頻繁に行ってましたが、市営の安い施設ですから、独身者以上にファミリーが来るのは当然です。
車のナンバーを見ると分かりますが、日立市周辺の市町村だけでなく、福島のいわき方面から来る人や、首都圏から来る人達も増えます。

例えば、かみね動物園に行きたいのに動物園付近の駐車場が満車の場合、上り坂となっている道路を北上して、空いている駐車場を探すことになります。
途中の「頂上駐車場」や最北端の「北駐車場」で車をとめられたとしても、そこから動物園まで歩くとなると、子連れなら時間がかかります。特に、北駐車場からだと10分以上かかります。
それが嫌なものだから、動物園付近は、動物園に行きたい人達の空車待ちの車や空車を探す人達の車で、大混雑することも有ります。
正月には、動物園の隣にある神峰神社に参詣する人達の車も加わり大混雑です。
いつの間にやら道端にとめる車が出てきて、通り過ぎたい車がなかなか通れないと更に渋滞です。
せっかく遠方から来たのに、駐車場が無く、道をぐるぐる回ることになるのは嫌ですから、目的の施設周辺で粘りたくなるでしょうし、そんなふうになるのが嫌で、最初からかみね公園は避ける人も出てくるかもしれません(私がそうなのですが)。

動物園周辺が満車でダメなら一番北側のレジャーランドで遊ぼうと、臨機応変に動ける人ばかりではないでしょう。特に小さい子がいる場合、動物園と、その隣の遊園地だけ利用する事もあると思います。
その場合は、上の方の駐車場なんて利用したくないでしょうし。

かみね公園内を土日祝日限定で無料周回するバスもでき、約15分間隔で運行されていますが、寒い中でどれほど待てばバスが来るのかよく分かりませんでした。

もちろん、何も無いよりは、はるかにマシですが、冬でも各施設は午後4時過ぎまでやっているのに、午後3時半でバスが無くなってしまうのでは、閉園時間まで遊ぶ子連れファミリーとしては、時間が気になって、あまり利用する気にはなれませんでした。

結局、私の場合、上の子達が小学校高学年という事もあって、一番北側のレジャーランドから遊び始め、来園する人より帰る人が増えてきた頃に、動物園側に車で移動しました。

が、ここでも一つ問題があります。
公園内の道路は、動物園から最北にある北駐車場まで向かう事ができても、逆に動物園に戻る事はできません。
なぜなら、動物園から「頂上駐車場」までは一方通行だからです。

動物園からレジャーランドの方へ上がってくる事は出来ても、動物園の方へ下りていけません。
なので、「頂上駐車場」や、かみね公園の最北にある「北駐車場」から、車で動物園に行く際は、国道6号へ向かう道を下りて、一旦国道6号に出てから、再度かみね公園に入ることになります。
車なので全然疲れませんし、数分で済む事ですが、知らない人は、一方通行があるとは思わず、パンフレットで確認することすら無いまま、頂上駐車場まで下りて初めて、それ以上先には進めない事が分かるでしょう。
そういう点で、煩わしさを感じる人もいるかと思いますし、動物園周辺に車をとめたい人が多い理由の一つになると思います。
もっとも、これも山の中の道ですから、道幅を拡張するにも問題があるのかなと察しますが。

2011年3月11日の大震災の被害については、当日は、旧ペンギン舎が崩壊したり、水道管が断裂や停電など被害があり、交通マヒにより動物の餌の輸送が停止したりと困難がありましたが、今は復旧し通常通りになっています。
地震後、日立市は海に面している事も有り、多くの人がかみね公園に避難し海の様子を見ていたとのことです。
実際、日立市の海沿いに点在す漁港では大きな被害が出ています。
また、3月11日の朝、ゾウが異常に興奮してたとのことです。
3月11日の様子については、動物園の園長さんがブログに書かれています


より大きな地図で かみね公園 を表示
地図の左上にある「+」をクリックして地図を拡大していくと、かみね公園内にいくつかの目印が付いています。
目印の上でクリックすると、かみね公園の施設名が出ます。

アクセスです。
◎電車バス利用の場合
JR常磐線 日立駅中央口のバスターミナルから日立電鉄バスに乗車し、いずれも10分ほど乗車後、「神峰公園口」バス停下車。
・1番乗り場 東河内行き(行き先番号60)
・2番乗り場 小木津駅行き(行き先番号75)
       バイパス経由 十王駅行き(行き先番号77)
       旧道経由 十王駅行き(行き先番号83)
       川尻海岸行き(行き先番号80)
鞍掛団地行き(行き先番号82)
       田尻団地行き(行き先番号84)
  2番乗り場の場合、1時間に2~4本あります。
  土日祝日は、平日の半分近くに減ります。

◎車利用の場合
常磐自動車道 日立中央インターから10分足らず。

施設情報です。

◎開園時間 3~10月 午前9時~午後5時(入園は午後4時15分まで)
      11~2月 午前9時~午後4時15分(入園は午後3時半まで)
 毎年8月には、期間限定で午後9時まで営業しています。
 動物園のイベントについては、こちらをご覧ください

◎休園日 年末年始(12月29日~翌年1月1日)
     レジャーランドは毎週月曜定休ですが、動物園は月曜日も開園してます。

◎料金 大人(高校生~64歳)500円 小人(4歳~中学生)100円
     3歳以下と65歳以上は無料。
  年間パスポートあり(申し込みは入園口受付で)
     大人・小人ともに1200円    

◎動物園・レジャーランド共通割引入園券    
     大人(高校生~64歳)800円 小人(4歳~中学生)200円
     3歳以下と65歳以上は無料。

◎無料駐車場 あり
   動物園正門駐車場50台収容 
   公園南駐車場150台 公園南第二駐車場20台
   公園頂上駐車場200台
   公園北第一駐車場300台 公園北第二駐車場150台

◎トイレ あり
     オムツ交換台は、動物園入口にある「ふれあいプラザかみね」内のトイレと、動物園奥にある売店(カバさんハウス)近くのトイレにあります。

◎自販機 あり(カバさんハウス)
◎売店 あり(カバさんハウス)
      動物園入口横にある「ふれあいプラザかみね」内にもあります。

◎食堂 あり(カバさんハウス)
   屋内ではなく、大きな屋根の下で食べますが、真冬はとても寒いことも有ります。
   「ふれあいプラザかみね」内の「エレファントカフェ」なら暖かいです。
   一旦動物園を出てから建物内に入ります。  

◎ふれあいプラザかみね
  動物園の隣にある「ふれあいプラザかみね」2階に軽食喫茶「エレファントカフェ」があります。
     営業時間:3~10月 午前10時~午後5時
          11月~2月 午前10時~午後4時15分
     休業日:12月29日~1月1日

◎授乳室 あり(動物園入口にある「ふれあいプラザかみね」内)

ベビーカーでの移動はスムーズですが、斜面が多い動物園なので、上り斜面もあります。
私は、ベビーカーで何度か行ったことがありますが、ミルクのお湯など荷物が多かったので、疲れました。
でも、決してできないわけではないですし、ベビーカーで移動している人は普通に目にします。 
歩けるまでに成長した子の場合、ベビーカーを使うか迷うところです。
普段よく歩く子でも、急斜面に疲れてしまう事もあるからです。
ベビーカーを使わずに入園したものの、結局、ずっと抱っこだったという事は、私も経験あります。
私が10年近くこの動物園に行かなかった理由の1つでもあります。
レンタルベビーカーはあるのですが、利用料200円がかかります。   

かみね公園案内図
動物園正門入り口近くにあるかみね公園案内図です。
左上が北側になります。
かみね公園は、山が間近に迫る高台にあり、北に行くほど標高が高くなります。
かみね動物園は、国道6号から近い所、かみね公園内の南側にあります。 

かみね動物園周辺案内図
レジャーランドでもらったかみね公園パンフレットの一部です。
動物園周辺について載せてみました。
国道6号から入ってすぐ、博物館や神社があり、その向こうに動物園があります。
動物園前には正面駐車場があり、すぐ近くには南駐車場があります。
国道から近いだけでなく、誰もが自由に利用できる「ふれあいプラザかみね」が隣接し、動物園のゾウを間近に見る事ができる軽食喫茶「エレファントカフェ」や売店、授乳室、オムツ交換台などが揃っています。
また、動物園の隣には、小さい子向きの乗り物が揃っている遊園地も有り、入園は無料で、乗り物に乗る時だけ料金がかかります。
乗り物券は、レジャーランドと共通で利用できます。

かみね動物園正門駐車場
かみね動物園正門前にある駐車場です。
駐車場奥から、動物園正門の方を見た様子です。
この写真の奥の方、正門駐車場と向かい合うように、南駐車場があります。
動物園や隣接する遊園地を利用する場合、この場所に車をとめられたら非常に便利です。
ただし、50台くらいしか収容できないので、混雑している日は、なかなかとめられません。
また、この写真には写っていませんが、写真の奥の方には、南駐車場があります。
そちらは、150台収容の広さがあります。
それでも、混雑し始めると、あっという間に満車になります。

かみね動物園正門
かみね動物園正門です。
写真左側に写っている券売所で入園券を購入します。
レジャーランドと共通割引券の場合は、提示して入園します。
写真右のゴリラは、乗っかっても大丈夫なように強化プラスチック製となっています。

ふれあいプラザかみね
動物園の券売所も入っているこの建物は、2009年にオープンした「ふれあいプラザかみね」です。
軽食喫茶「エレファントカフェ」や売店には、動物園内から入る事はできません。
一旦動物園から出て、建物内に入ります。
再度動物園内に入る時は、入園券を提示すれば再入場できます。

レンタルベビーカー
動物園に入ってすぐ、レンタルベビーカーがズラッと並んでいます。
動物園内限定で利用でき、1回200円です。

ゾウ
入園して真っ先に目に入ってくるのはゾウです。
「ふれあいプラザかみね」の「エレファントカフェ」からも、ゾウがよく見えます。
見学の順番は、ゾウからスタートします。

かみね動物園には、カバやサイ、ゾウやキリンなどの大型草食動物だけでなく、ライオンやトラなどの肉食動物もいて、動物園全体では、約70種500点の動物がいます。
このブログでは、動物園にいる動物自体の写真は載せず、施設の様子について紹介します。
ふれあい動物広場
ゾウから少し離れた所には、ふれあい動物広場があり、モルモットやうさぎ、ヘビなどの小動物とふれあえます。
ふれあえる時間は決まっています。
 3~10月 午前9時~午後3時半、11~2月 午前9時~午後2時半

旧ペンギン舎
写真の左側の空き地は、ふれあい広場の傍にあった旧ペンギン舎があった所です。
3月11日の大震災の時に壊れてしまいましたが、幸い、ペンギンは新ペンギン舎に移った後で、ペンギンに被害はありませんでした。
また、かみね動物園には、大型肉食動物も複数いますが、いずれの檻も被害は無く、動物が出てしまう事もありませんでした。

坂道
かみね動物園は小高い山にあるため、園内は坂道が多いです。
園内を見始めて最初のころは、坂を上りつつ動物を見ていきます。
見学する順に、各動物舎に番号が書いてありますが、次に見る動物はどこなのか分からない事も有るかもしれません。
それでも、あまり見学順の番号を気にせずに見て行けば良いと思います。
見学順の番号を気にし過ぎると、坂を戻ったり、また上がることになったりと、余計な疲労感を持ってしまいます。
この写真のやや上には、動物がいる檻が横に並んでいますが、写真手前から坂道を上がっていきます。
かみね動物園には、このような急な坂があるため、ご高齢の方のために、レッサーパンダの食べ残した竹やヤギの食べ残した木で作られた杖も用意されています。
また、急な上り坂でベビーカーを押すのは疲れますが、下り坂になる事もあるので、私自身は、この動物園は坂が多いから仕方ないと割り切りました。

わくわくドーム
途中、チンパンジー舎には、わくわくドームというトンネルが通っていて、チンパンジー舎の中央付近のドーム状の窓から、チンパンジーの様子を間近に見る事ができます。
このような行動展示は、北海道旭川市にある旭山動物園が有名ですが、かみね動物園でも、行動展示に力を入れ始めています。
なお、旭山動物園については、2011年夏に私は家族全員で行ったのですが、入園した途端に土砂降りの雨になってしまって、満足に園内を見て回る事ができなかったため、このブログでは紹介していません。

わくわくドームへの通路
わくわくドーム内の通路です。身長にもよりますが、成人男性なら、中腰で移動しないと頭をぶつけます。
腰が疲れるので、腰の悪い人は要注意です。

おべんとう広場
動物を見つつ坂を上って移動していくと、「おべんとう広場」という広場があります。
ここは、一応平坦な場所になっていて、太平洋がよく見えます。
レジャーシートを広げてお弁当を食べる事もできます。

おべんとう広場の向こうに見える屋根
お弁当広場の向こうには、低い位置に建物の青い屋根が見えます。
軽食や売店が入っている「カバさんハウス」です。
動物園内に入ってから、ほぼずっと上り坂でしたが、今度は急に下り坂になります。
下り坂を下りきった所にあるのが「カバさんハウス」です。

カバさんハウス
「カバさんハウス」です。
大きな屋根付きの部分があるので、夕立などの急な雨の時も、ここで雨が小降りになるのを待っていられます。
「カバさんハウス」の向かいには、カバ舎があり、水の中からカバが目を出していることもあります。

カバさんハウス前の様子
カバさんハウスの前には、屋根が無い所にもテーブルやイスが多く置かれています。
写真右のテーブルやイスの向こうには、カバがいます。

奥まで広がるテーブルとイス
カバさんハウスの横を通り過ぎて、進んで行きますが、この辺は平坦な場所になっていて、「カバさんハウス」前からこちらまで、テ-ブルやイスが置かれています。
写真中央やや左側は、三輪車などがたくさん置かれ、自由に遊べるようになっている「三角ひろば」です。
写真中央奥には、フラミンゴ舎があり、更に奥の方の左側にはキリンがいます。
いずれも、この写真だとかなり小さく写っているので、分かりにくいです。

三角ひろば
「三角ひろば」です。
三輪車や輪投げなどが置かれて自由に遊べます。
三輪車は、多くの子供達が遊べるように、市民から不要になった三輪車を譲ってもらうことで増やしています。

サル山への上り坂
「カバさんハウス」や「三角ひろば」がある平坦場場所を過ぎると、サル山まで、また上り坂になります。
それでも、比較的緩やかな上り坂です。

サル山前の様子
サル山の前には、餌の自販機が置かれています。1袋100円です。

サル山前から下を見る
サル山付近から、これまでいた場所の方を見下ろした様子です。
写真の右上にある青い屋根は、「カバさんハウス」です。
写真中央付近には、「三角ひろば」があり、写真左下にいる動物は、シマウマです。

ライオン・トラ舎
サル山の前を通り過ぎると、ライオン舎とトラ舎がありますが、この日は、ライオンもトラも下にある屋内にいたため、誰もいませんでした。
突き当たりは、クマ舎をつくっているため、進む事ができませんでした。

ライオン・トラ舎前から下を見る
これは、ライオン舎やトラ舎の前から見下ろした様子です。
相変わらず高い位置にあり、写真の右側には、クロサイが見えます。

ライオン・トラ舎の屋内スペース
ライオン・トラ舎の下に降りて行くと、屋内施設になっていて、この時は、その中にトラやライオンがいました。
トラやライオンが時々吠えていたので、周辺にいた人達が見に集まっていました(ボケた写真ですいません)。

カバさん広場
ライオン・トラ舎の屋内施設から更に下りると、「カバさんハウス」のある場所に戻ります。
写真中央の青い屋根は、「カバさんハウス」で、手前の広場は「カバさん広場」です。
「カバさん広場」ではイベントが行われる事があります。
昨年のイベントの一例をあげると、この場所で、ライオンの赤ちゃんを抱っこしたり写真を撮ったりできました。

カバさん広場から上がっていく階段
カバさん広場にある階段です。
この階段を上ると、動物園の出口に一気に近づきます。
ベビーカーの場合、ベビーカーを担いで階段を上がっても良いですが、さっき「おべんとう広場」から下りてきた坂道を、逆に上がっていくと良いです(少し遠周りになりますが)。

階段を上がりきって下を見る
階段を上がりきった所から、今までいたほうを見た様子です。
写真の奥の中央やや上を左右にフェンスがありますが、そこをずっと歩いて、サル山やライオン・トラ舎を見、一旦広場に下り、また階段を上がってきました。

これから出口に向かいます。
新サル舎
出口手前にある新サル舎「サルの楽園」です。
震災のため、オープンが延期になったものの、2011年4月に無事にオープンしました。
高さ10mの位置に吊り橋が渡してあり、クモザルがこの吊り橋を移動します。
吊り橋の左隅に、一応、クモザルがいるのですが、分かるでしょうか…。
この「サルの楽園」は面積が広く、動物園の入口からも比較的近いため、見学の順番では、前半で見る事になっています。
私は、出口にも近いなら最後に見ようと思い、この順番になりました。

サルの楽園の説明
「サルの楽園」の説明です。
かみね動物園は、創立50周年の2007年から、全体のリニューアルを進めている最中で、この施設は、満を持して設置されました。
ただ檻の中にいるだけの展示とは全く異なり、サルが自由に高い所を動き回る様子を見る事ができます。
多くの人達が、「サルの楽園」を出入りしていました。

ふれあいプラザかみね内の喫茶店案内
誰もが自由に利用できる「ふれあいプラザかみね」の軽食喫茶「エレファントカフェ」の案内看板です。
写真右上に「出口」とありますが、これが動物園の出口です。
動物園を出てからでないと、喫茶店や売店には入れませんが、再入場する場合は、入園券を提示すれば入園できます。

置き傘
この日はよく晴れていましたが、急な雨の際には貸し傘も有ります。
カバさんハウスなどで雨宿りしている人達の所まで、貸し傘を持ってきてくれます。

かみね動物園出口の様子
かみね動物園出口を外から見た様子です。
写真左側のゲートが閉まっていますが、ゲートの脇の隙間から出てきます。
出口の正面には遊園地があるため、出口の隣には、乗り物券売場があります。
遊園地は入園無料です(乗り物は有料)。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
にほんブログ村
かみね動物園のHPはこちら
かみね公園のHPはこちら
関連記事
[ 2012/02/08 13:10 ] 茨城県の公園,施設 | TB(0) | CM(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hesokurisuki.blog101.fc2.com/tb.php/201-8bde43fe











ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。