スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

小金井公園(大小の遊具が豊富な桜の名所)

小金井公園は、東京都小金井市を中心に、隣接している小平市、武蔵野市、西東京市に広がっている都立公園です。
東西約1.8kmに広がる小金井公園の敷地は、面積約79haと、都立公園の中でもかなり規模の大きい公園です。
公園の北には、敷地に沿って玉川上水が流れ、公園の西と南には、交通量の多い都道が通っています。

小金井公園は、神武天皇即位紀元(皇紀)2600年を祝った紀元2600年記念事業として、昭和15年に計画された小金井緑地が元となっています。
当時は、国の防災のためと強制的に土地を買収されました。
戦中は、食糧増産のための畑となり、一部は、文部省の施設が作られました。
戦後は、農地解放により4割の面積を失い、文部省の施設は、皇太子の学問所になりました。
昭和24年に学問所が全焼し移転した後の昭和29年、跡地を都立小金井公園として開園しました。
開園後、東京都は、農地解放された土地の買収を繰り返すことで、公園敷地面積を徐々に拡大し、現在の公園に至っています。

公園西側には、約440本の桜の木がある「桜の園」や江戸東京たてもの園などがあります。
小金井公園は、園内全体で桜が約1800本と、花見の名所となっています。
また、公園東側には、遊具が豊富にそろっている「わんぱく広場」、売店やサイクリングセンターがある「こどもの広場」があります。
更に、ゲレンデソリやふわふわドームもあり、多くの子供達が遊んでいます。
ドッグランやバーベキュー広場、運動施設も有るので、犬を連れて歩いている人、自転車で通る人もいれば、野球などのユニフォーム姿で遊びまわる小学生達もいます。

なお、このブログでは、公園東側の遊具のある場所周辺について紹介します。

遊具が揃っている「わんぱく広場」は、公園の正面入り口にある第1駐車場から東に向かってまっすぐ2~3分歩きます。
小金井市総合体育館の建物が目立つので、その建物に向かって歩いて行きます。

「わんぱく広場」の中には、「幼児広場」「わんぱく山」「健康広場」の3つのゾーンがあります。
幼児広場には、小さい子向きの木馬や滑り台、ブランコがあり、更に、広めの砂場が2つ並んでいます。
売店やトイレも至近距離にあるため、小さい子が遊ぶにはとても便利な場所です。

「わんぱく山」は、小学校高学年の子達が楽しめる大きな複合遊具「わんぱく山」があります。
アスレチック的要素がたっぷりですが、上り下りしやすい階段が付いていたり、傾斜の緩やかなローラー滑り台もあったりと、小学校高学年に達していない子達も遊べるようになっています。
但し、大きい子達が走りまわることもあるので、小さい子ほど、ぶつからないように注意が必要です。
私が行った日は、わんぱく山の前で、大道芸人らしき人が、色々なシャボン玉を作っていて、子供達がふわりと漂うシャボン玉を追っかけまわしていました。

「健康広場」は、健康遊具が複数置かれています。
うんていなどもあるため、ぶら下がるだけでなく、よじ登って遊ぶ子もいます。
周辺にはベンチも点在しているので、座って子供達の様子を見ていることもできますが、何せ人が多く集まる公園なので、必ずしも座れるわけではありません。

「わんぱく広場」から更に東に行った所には、ソリゲレンデがあります。
公園のソリを借りることができますが、混んでいるので、自前のソリを持ってくる人が多いです。
また、ソリゲレンデのすぐ近くには、一輪車専用コースがあり、練習の際につかまるバーもあります。

ソリゲレンデの裏の方には、ふわふわドームがあります。
混雑時は、15分ごとに交代して遊びます。
ソリゲレンデとふわふわドームは、利用できる時間が決まっています。

わんぱく広場のすぐ近くにあるサイクリングセンターには、14インチから26インチまでの各サイズの自転車があります。補助輪付きもあります。
親子で利用できるサイクリング専用コースのほか、小さい子の練習場もあります。
こどもの広場の周囲を走ったり、雑木林の中を走れます。


より大きな地図で 小金井公園 を表示
地図の左上にある「+」をクリックして地図を拡大していくと、公園内にいくつかの目印があります。
車の絵の目印は、駐車場の位置にあります。
目印の上にカーソルを持って行きクリックすると、簡単な説明が出ます。

アクセスです。
◎電車バス利用の場合
○JR中央線 武蔵小金井駅から
 ・JR中央線 武蔵小金井駅 北口バス乗場2番から、西武バス「東久留米駅西口行き」(武12)、または、西武バス「清瀬駅南口行き」(武13)に乗り、「小金井公園西口」バス停下車。
いずれも1時間に3~4本あり、同じ乗り場なので、あまり待たずにバスに乗れます。
小金井公園の一番西端で降りるので、公園内の「桜の園」にはとても近いですが、遊具のある「わんぱく広場」には5分くらい歩きます。

 ・JR中央線 武蔵小金井駅 北口バス乗場3番から、西武バス「久留米西団地行き」(武14)、または、西武バス「滝山営業所行き」(武15)、または、西武バス「東久留米駅西口行き」(武21)に乗り、「小金井公園西口」バス停下車。
いずれも1時間に3~4本あり、同じ乗り場なので、あまり待たずにバスに乗れます。
小金井公園の一番西端で降りるので、公園内の「桜の園」にはとても近いですが、遊具のある「わんぱく広場」には5分くらい歩きます。

 ・JR中央線 武蔵小金井駅 北口バス乗場4番から、関東バス「三鷹駅行き」(鷹33)に乗り、「江戸東京たてもの園前」バス停、または、「小金井公園前」バス停、または、「スポーツセンター入口」バス停下車。
小金井公園に沿ってバス停があるので、行きたい場所に合わせてバス停を選択できますが、1時間に1本程度しかありません。

○JR中央線 東小金井駅から
 ・JR中央線 東小金井駅 北口バス乗場から、小金井市コミュニティバスCoCoバス(北東部循環)に乗り、「小金井公園入口」バス停、または、「たてもの園入口」バス停下車。
バスは20分おきにあります。
CoCoバスは、始発が武蔵小金井駅北口なのですが、東小金井駅経由なので、小金井公園に行く場合は遠周りすることになります。

○西武新宿線 花小金井駅から
 ・西武新宿線 花小金井駅から、すぐ近くの小金井街道に出て、西友前の「花小金井駅入口」バス停から、西武バス「武蔵小金井駅行き」(武12,13,14,15,21)に乗り、「小金井公園西口」下車。
1時間に何本もあります。
同様の「武蔵小金井駅行き」で(武17)も来ますが、小金井公園方面には行きません。

○西武新宿線 田無駅から
 ・西武新宿線 田無駅北口バス乗り場4番から、西東京市コミュニティバス「はなバス」(第3ルート)に乗り、「小金井公園東」バス停下車。
1時間に1本程度あります。

○西武新宿線 東伏見駅から
 ・西武新宿線 東伏見駅南口から、西東京市コミュニティバス「はなバス」(第3ルート)に乗り、「小金井公園東」バス停下車。
1時間に1本程度あります。

◎車利用の場合
関越自動車道・東京外環自動車道 大泉インターから約30~40分
本来なら、もっと短時間に到着するはずなのですが、交通量が多い道が多いため、30~40分かかります。
また、渋滞する事も多いため、場合によっては更に時間がかかる事も有ります。
中央自動車道 調布インターから行く方法もあります。

施設情報です。

◎常時開園
   但し、年末年始に利用できない施設があります。
     ・小金井公園サービスセンター(12月29日~1月3日休み)
     ・スポーツ施設管理センター(12月29日~1月3日休み)
     ・サイクリングセンター(12月29日~1月3日休み)
     ・バーベキュー(12月29日~1月3日休み)
     ・ふわふわドーム(12月29日~1月3日休み)
     ・SL展示場(12月1日~2月29日冬季閉場)
    上記の日付は2012年度のものですが、参考までに書いておきます。

    年末年始も通常通り利用できる施設は以下の通りです。
     ・第一駐車場、第二駐車場(24時間営業)
     ・ソリゲレンデ(午前10時~午後4時)
     ・多目的運動広場(少年野球)午前9時~午後4時
     ・多目的運動広場(少年サッカー)午前9時~午後4時
     
◎入園無料
  但し、公園西側にある江戸東京たてもの園は有料
    一般 400円(65歳以上の方 200円)、大学生(専修,各種含む) 320円
    高校生,都外の中学生 200円
    都内在学または在住の中学生 無料、小学生以下 無料
  (たてもの園正面入口からすぐのビジターセンターは無料で出入り自由)

◎駐車場 あり 第1駐車場770台収容 第2駐車場444台収容
        いずれも24時間利用可能 最初の1時間300円、以後30分ごとに100円
       わんぱく広場で遊ぶのが目的なら第1駐車場が良いですが、バーベキューや運動施設利用なら、第2駐車場が良いです。 
       1000台以上収容できますが、土日祝日など、場合によっては、これでも全然足りないほど多くの車が来ることもしばしばあります。

◎トイレ あり  
   日没後に多目的トイレを利用しようとしたら閉鎖されていたので、問い合わせてみました。
    小金井公園内には現在14ヶ所トイレがあり、そのうち10ヶ所に多目的トイレがあります。
    多目的トイレのうち、公園サービスセンターのすぐ北側に位置する1ヶ所以外の9ヶ所については、防犯上の理由により午前10時~午後4時の利用となっていて、それ以外の時間帯は閉鎖しています。
    そのため、24時間利用可能なトイレは、多目的でないトイレ4ヶ所と、公園サービスセンターのすぐ北側にある多目的トイレ1ヶ所の計5ヶ所です。

 なお、多目的トイレ10ヶ所全てにオムツ交換台がつています。
 多目的トイレの場所は以下の通りです。
 1.スポーツ施設管理センター脇駐車場の西側
 2.ユーカリ広場
 3.ドッグランからつつじ山広場へ向かう園路脇
 4.つつじ山広場西側
 5.公園サービスセンター北側(24時間利用可能)
 6.公園サービスセンター西側駐車場(公園サービスセンター寄り)
 7.上記駐車場脇の梅林の南側
 8.いこいの広場北側
 9.江戸東京たてもの園南側(桜の園寄り)
 10.桜の園東側

◎売店 あり(2店、営業時間はいずれも午前9時~午後5時) 
       年末年始(12月29日~1月1日)は休業。
    ・パークス小金井店(公園中央にあります)
        コンビニのように、飲食物やおもちゃなどが売られています。
        ゲレンデソリは、1280円です。
    ・グリーンテラスさくら(江戸東京たてもの園前にあります)
        食事とテイクアウトがメインのお店です。
  売店とは別に、混雑が予想される週末などは、移動販売車も多いです。
      
◎レストラン 無し
    但し、売店の前にテーブルといすが置かれているので、そこで食べることができます。            混雑する事もあるので、昼食を園内でとるつもりなら、飲食物やレジャーシートなどを用意して公園に行った方が良いです。 

◎サイクリング
  営業時間:午前9時~午後5時(貸出しは午後4時まで)
  休業日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
  都民の日は祝日扱い

◎授乳室 無し
  ・公園に問い合わせたところ、小金井公園サービスセンターまで行って授乳したい旨を伝えれば、会議室の一室を授乳スペースとして貸してもらえるとのことです。
   但し、小金井公園サービスセンターは午前9時~午後5時までの利用時間となっているので、授乳したい場合はこの時間帯の利用となります。
  ・小金井公園の西側にある「江戸東京たてもの園」の正面入り口から入ってすぐのビジターセンターに、授乳室として利用できる部屋があるので、係の人に声をかけると良いです。

ベビーカーでの移動はスムーズです。

小金井公園駐車場
小金井公園の第1駐車場です。
この日は、フリーマーケット開催日で、駐車場の空きを待つ車が公園の外まで並んでいました。
誘導の人達が何人もいたので、戸惑う事はありませんでしたが、私が通されたのは第1駐車場ではなく、臨時に設けられた駐車場で、「いこいの広場」の片隅でした。
そのため、駐車場の写真を撮ることができず、帰り際に、すっかり暗くなってガランとした駐車場を撮りました。

園内案内図
園内案内図です。
東西に広がる公園ですが、遊具は、写真の右半分にあります。
左半分には、「桜の園」や「江戸東京たてもの園」などがあります。

フリーマーケットと臨時駐車場
「いこいの広場」の第一駐車場に近い所で、フリーマーケットが行われていました。
ほぼ毎週のように、色々な主催者がフリーマーケットを行っています。
写真の奥に車が並んでいますが、臨時に設けられた駐車場です。
第1駐車場は、この写真の更に奥の方にあります。

いこいの広場
フリーマーケットや臨時駐車場で混み合っていますが、ふと後ろを振り向くと、とっても広い芝生広場(いこいの広場)になっています。

ここから遊具のある「わんぱく広場」の方に歩いて行きます。
こどもの広場
「わんぱく広場」に隣接する「こどもの広場」です。こちらもかなり広いです。
遊具があるのは「わんぱく広場」で、「こどもの広場」は遊具はありませんが、周囲がサイクリングロードになっています。
「こどもの広場」の隅、「わんぱく広場」近くには、サイクリングセンターや売店「パークス」があります。

小金井市総合体育館
小金井公園の入り口横にある小金井市総合体育館です。
遊具のある「わんぱく広場」に向かいたい場合は、この建物を目指して歩きます。

売店パークス
売店「パークス」です。
飲み物やお弁当、お菓子、おもちゃなど、コンビニのように色々売っています。
ゲレンデソリは、1280円となっています。
売店の前には、テーブルやイスが置かれていて、そこで食べることができます。

移動販売車
売店「パークス」の隣には、サイクリングセンターがありますが、この日は、その建物の壁に沿って多くの移動販売車が来ていました。自販機も複数置かれています。

わんぱく広場案内図
わんぱく広場の案内図です。
この写真の中央付近が大きく削られていて、以前の案内図と思われるものが出てしまっています。
なお、公園の正面口から「わんぱく広場」に向かう場合の事を想定して、案内図の写真の向きを変えてあります。
この案内図の写真の下から上に向かって歩くことになります。
以下では、右端の下から上に案内し、次に、写真上部を右から左に紹介していきます。

わんぱく広場内にある幼児広場の砂場
わんぱく広場の幼児広場にある砂場です。
多くの子供達が遊びに来る公園ですが、広めの砂場が2つあるので多少余裕を感じます。

混んでいて周囲がよく見えず
砂場の奥には、木馬や小さい子向けの滑り台があるのですが、人が多くて写真が思うように撮れません。

木馬と滑り台
日没が迫り、だいぶ人が少なくなってきた頃に再チャレンジしました。
木馬が丸く向かい合って配置され、隣りに小さい子向けの滑り台があります。

ブランコ
小さい子向け滑り台の隣りには、ブランコがあります。
この写真の左には、4人が遊べるブランコが置かれ、写真の右には、2人が遊べる枝状ブランコが置かれています。

ターザンロープ
ブランコの前方には、少し離れた所に、ターザンロープがあります。

「わんぱく山」全景
わんぱく広場のメイン遊具「わんぱく山」です。
正面から全体が入るように撮ったのですが、横幅がある遊具のため、小さくなってしまいました。
小学校高学年が遊ぶ事を中心に考えて作られて、アスレチックの要素が沢山ありますが、誰でも上がり下りできるように階段もあるので、小さい子も、できる範囲で遊ぶ事ができます。
但し、大きい子も沢山いて、中には全速力で走りまわっている子もいるので、ぶつからないように注意する必要があります。

わんぱく山の正面右から見て行きます。
わんぱく山の右側
わんぱく山の右側の様子です。
格子状に組まれた丸太を上っていきますが、右隅には階段も付いています。

わんぱく山の中央
わんぱく山の中央部分は、丸太やロープなどを用いて組まれたアスレチックになっています。
全体がゴチャゴチャと写ってしまっているので、次に正面から見てみます。
わんぱく山の中央を正面から見た様子
正面から見た様子です。
吊り橋になっている部分があり、右側には櫓状に組まれた部分があります。

「わんぱく山」の左側
わんぱく山の左側の様子です。
格子状に組まれたロープが張ってある所や、階段や滑り台があります。

「わんぱく山」の上の部分
わんぱく山に上がると、写真のようになっていて、更に上がっていけます。
この緑の壁を次々よじ登って頂上まで行くのですが、そんな事をしなくても、両端に階段も付いています。

左側にある滑り台
頂上に着いて、ふと左の方を見てみると、幅の広い滑り台が見えます。
上から見下ろすと、高さを感じるのですが、写真左側には、臆すること無く頭を下にして滑っている子もいます。
写真右上に、人が数人集まっていますが、更に下りていくローラー滑り台の順番待ちをしている人達です。

滑り台の両側から上がり下りできる
滑り台をしたから見た様子ですが、滑り台の両側には階段が付いているので、滑り台が嫌な場合は、そちらを利用して上がり下りできます。

ローラー滑り台と階段
更に下の地面に下りるローラー滑り台です。
この滑り台は、傾斜が緩やかで、長さも短めなので、小さい子向きです。
滑り下りたら、写真右端にある階段を上がって、また滑ることができます。
以上、わんぱく山の様子についてでした。

健康広場
わんぱく広場にある「健康広場」です。ベンチが点在し、健康遊具が複数置かれています。
健康遊具に子供達がよじ登って遊んでいます。

ソリゲレンデ
わんぱく広場から、更に東の方に歩いて行くと、ソリゲレンデがあります。
舎人公園のソリゲレンデを見ているせいか、狭い印象を持ちました。
係の人が常にいて貸出のソリで必ず滑らなければならない舎人公園と比べ、小金井公園のソリゲレンデは、人がとても多いにもかかわらず、係の人の姿は見えず、雑然とした感じです。
貸出のソリを持っている人が誰で、自前のソリで滑っている人が誰なのか、人は多いし分かりにくいです。

ソリゲレンデの説明
ソリゲレンデの説明が書いてある看板です。
初級者コースや上級者コースに分かれてないせいか、小さい子は対象外になっています。
6才以上の子が対象となっています。

一輪車専用コース
ソリゲレンデの横には、一輪車専用コースがあります。
捕まって練習できる手すりも付いています。

小金井公園ふわふわドーム
ソリゲレンデの裏側を東に進むと、ふわふわドームがあります。
これも、国営武蔵丘陵森林公園などのふわふわドームに比べたら、非常に小さく感じます。
それでも、あちらの公園のふわふわドームがあまりに大きい事を思うと、小金井公園のものは、親の目が十分届くのにちょうどいい大きなのようにも思います。
係の人が常にいて、ふわふわドームの下のほうが砂で汚れたりすると、綺麗にしてくれたり、目立って大きく動き回っている子には注意してくれてました。

ふわふわドーム説明
ふわふわドームの説明が書いてある看板です。混んでいる時は、15分おきの交代制になります。
利用時間は、4~9月は午前9時~午後5時、10~3月は午前10時~午後4時です。
遊べるのは、3~12才となっています。

つつじ山広場
ふわふわドームの周囲は、写真のような広場(つつじ山広場)になっています。

園路とサイクリングロード
「こどもの広場」の周囲にはサイクリングロードが通っています。
この写真は、「こどもの広場」の奥にある雑木林の近くを通っているサイクリングロードと遊歩道です。
遊歩道では、子ども達が落ち葉で遊び、その向こうのサイクリングロードでは、サイクリングをする子供達が通ります。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
にほんブログ村
小金井公園のHPはこちら
関連記事
[ 2012/01/08 11:16 ] 東京都の公園,施設 | TB(0) | CM(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hesokurisuki.blog101.fc2.com/tb.php/200-0a09e4ac











ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。