スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

光が丘公園(遊具が一新された緑豊かなちびっこ広場)

都立光が丘公園は、東京都練馬区北部にあり一部板橋区にまたがっている都立公園です。
埼玉県和光市からも極めて近い距離にあります。

光が公園ができる以前、昭和初期まで、この辺りは農村でした。
神武天皇即位紀元(皇紀)2600年を祝った紀元2600年記念行事の1つとして、昭和15年、東京府が大緑地計画を決定し、この地域に、大規模な公園が整備されることになりました(同様にできた公園は砧公園,神代植物公園,小金井公園,舎人公園,水元公園,篠崎公園)。
しかし、太平洋戦争開始に伴い計画が変更され、公園ではなく成増飛行場が整備されました。
この飛行場は、首都を米軍の空爆から守るために急遽作られ、戦争末期には、沖縄近海にいるアメリカ軍艦に対する特攻機離陸にも使われました。
戦後はアメリカ軍住宅地(グラントハイツ)として利用され、昭和48年に全面返還されました。
昭和49年には、グラントハイツの跡地約182haの3分の1にあたる60.7haが公園として計画整備が始まり、昭和56年、広域避難場所としても機能する緑豊かな公園として、34.6haが開園しました。
その後も、整備が進み、現在は面積約60.7haの都内有数の大規模な公園となっています。

都立光が公園は、周囲に多くの団地があり、駅やショッピングセンター、学校などの区の施設がそろい、非常に便利な街です。
光が丘公園内にも、区立図書館や区立体育館、テニスコートや野球場などがそろっています。

公園南側にある都営大江戸線光が丘駅から公園に繋がる道(ふれあいの径)には、イチョウ並木があります。
このイチョウ並木は、樹齢100年を超す大木で、かつて有楽町の旧都庁舎前に街路樹として植えられていましたが、京葉線工事の支障となったため、ここに移植されました。

園内は、全体的に緑豊かで、光が丘駅から近い南側に図書館や体育館などの施設があり、北側に行くほど木々は多く緑が深くなっていきます。
その木々の中に、デイキャンプ場(利用は小中学生や身体障害者限定)やバーべキュー広場(食材も器具も各自で用意)があります。
また、木々に囲まれるように、面積約6haの広大な芝生広場もあり、桜の木があちこちにあることから、花見の時期はかなり混雑することもあります。
公園内の主要な道は非常に幅が広く、桜並木の道もあり、ベンチ(鳥の糞などで汚い事も…)が所々に置かれています。
親子で散歩する人や、ジョギングをする人、自転車に乗っている人や犬を連れている人もよく見かけます。

公園の駐車場のトイレ裏(テニスコート前)には、屋敷森跡地があり、1994年に光が丘公園に加わりました。
300年以上生活していた農家の跡地が公開されています。
グラントハイツとして利用されるずっと昔、江戸時代から現代までずっと保存されている場所で、武蔵野の昔の風景が見られます。

非常に広く充実した公園で、緑の多いゆったりとした空間に、散歩するだけでも癒されますが、このブログでは、遊具のあるちびっこ広場について紹介します(そこしか行かないので…)。

ちびっこ広場は、公園の北東側にあります。
最初からここが目的で行く場合は、光が丘駅からだけでなく、東京メトロ有楽町線の成増駅や赤塚駅(東京メトロ有楽町線)、東武東上線の成増駅や下赤塚駅から行く事も考えられます。

広場は、木々に囲まれた中にあり、広場内にも木陰となるような木が点在しています。
木材チップが地面に敷かれていて、足もとが多少柔らかくなっている所もあります。
遊具は、2010年に工事が行われ一新されました。
木製のアスレチック遊具に滑り台が付いたものや、カラフルな複合遊具が複数あり、児童公園でよく見かけるブランコ、ザイルクライミング、スプリング遊具などがあります。
広場の隅には、健康遊具が点在し、1人で散歩している大人が利用したり、バスケットゴールも所々にあり、中高生や大人も楽しんでいます。
広場全体としては、小さい子から大人までが利用できるようになっています。
小さい子向きの複合遊具や小さい遊具も点在しています。

人気がある遊具は、グルッと一回りできる真新しいターザンロープです。
遊具の会社からエンドレスターザンロープという名前で売られていますが、これだけで約600万円します。
公園の遊具に対しては親子で色々な希望が有りますが、こうやって調べて色々分かると、真新しい遊具を設置してくれるだけでもありがたい気持ちになりますし、行ったからにはしっかり遊んで楽しみたい思いです。

ただ、ちびっこ広場は、木が多いため少し見通しが悪いです。
というのも、広場全体がよく見えるように写真を撮ろうとしても、どこに立っても何かしらの木があって、その向こうがよく見えないのです。
特に広場の隅は、広場中央付近より木が多く、ベンチや健康遊具が置かれているだけで、多くの子達が遊んでいる所から少し離れるので、子どもだけで遊ばせたくない雰囲気です(あくまでも私個人の感想です)。

遊具とは別に、夏は水遊びできるのもこの公園の良いところです。
場所は、公園南側にある体育館の横にある「けやき広場」で、噴水や流れは、夏には子ども達の水遊び場となっています。
噴水と流れがあるので、すぐに遊び飽きる事はないですし、水深もとても浅く、小さい子でも遊びやすいです。
私が行った時は、午後3時ごろに水の流れも噴水も止まりました。
それでも、流れには、それまで流れていた水が溜まっているので、水遊びはできます。
定期的に掃除がされているので比較的きれいで、清掃日前日に行ってみましたが、水底が苔で緑色になっている所は、流れの下流の方だけで、噴水や子供達が多く行き来する流れの中は綺麗でした。
なお、清掃予定日は、事前に、流れ沿いに貼り紙されます。

光が丘公園には、いくつもので入口がありますが、このブログでは、駐車場からけやき広場に行き、メインストリートを北に向かってちびっこ広場に行きます。


より大きな地図で 光が丘公園 を表示
地図の左上にある「+」をクリックして地図を拡大していくと、公園内に複数の目印があります。
各目印をクリックすると簡単な説明が出ます。

アクセスです。
◎電車バス利用の場合
  以下は、遊具のある広場までかかる目安の時間です。
   ・都営地下鉄大江戸線 光が丘駅下車 徒歩約20分
   ・東武東上線 成増駅から徒歩約20分
   ・東京メトロ有楽町線 成増駅から徒歩約20分
   ・東武東上線 下赤塚駅から徒歩約20分
   ・東京メトロ有楽町線・副都心線 赤塚駅から徒歩約20分
   
◎車利用の場合
・東京外環自動車道 和光インターから約15分
・関越自動車道 練馬インターから約10分
・首都高速5号池袋線 高島平インターから約15分

施設情報です。
◎常時開園
◎入園無料
◎駐車場 1時間300円 以後30分ごとに100円
     251台収容 24時間営業
     たまにイベントがある時は、満車になる事もあります。
    公園のすぐ南にあるショッピングセンターIMAで買い物をするのなら、そこの駐車場を利用する方もいるようです。

◎自販機 所々にあり
◎売店 あり 午前9時~午後5時
      園内で遊べるおもちゃや飲食物が売っています。
      焼き立てパンが人気で、売店前には良い香りが漂っています。
      売店前にはテーブルやイスが置かれ、そこで食べる事もできます。

◎トイレ 園内に点在していますが、トイレは全般的にあまり綺麗ではありません。
     オムツ交換台については、私自身が園内で入った2~3ヶ所のトイレにオムツ交換台が無かったので、電話で問い合わせてみました。
     その結果…
     「だれでもトイレ」(多目的トイレ)内にオムツ交換台がついているところもあります。
     どこのトイレかは分からないので、覗いてみてください。
     なお、光が丘公園のサービスセンターには、オムツ交換台と授乳室(お湯も提供可能)があります。
     …とのことです。

     サービスセンターは、利用時間が決まっています(午前9時~午後5時)。
     また、年末年始(12/29~1/3)は利用できません。
     サービスセンターの場所は、けやき広場を挟んで体育館の向かいにあり、こじんまりとした建物です。
   
     敷地内にある体育館、図書館のトイレにも、オムツ交換台があります。
     また、公園南側にあるショッピングセンターIMA内にも、LIVINの赤ちゃん休憩室やダイエーの赤ちゃんルームがあります。
     ショッピングセンターIMAの向かいにある区民センター内にもオムツ交換台があります。

◎授乳室 光が丘公園サービスセンター内に授乳室があります。
     上でも書きましたが、利用時間は午前9時~午後5時で、年末年始(12/29~1/3)は利用できません。
     お湯が必要な場合は、給湯設備もあるので用意できます。
     これも問い合わせた際に、そう言われましたが、ちょっと苦笑気味に言われたのが引っ掛かります。
     直接言われた立場の私としては、もっと気軽に使える施設を選ぶかも…。
     
     また、公園内の体育館にも授乳室があります。受付の方に申し出て鍵をかりて入ります。
    イス(テーブルも入る予定)があるだけなので、お湯を使いたい場合や、ついでに買い物をする場合は、公園南側にあるショッピングセンターIMA内にある、LIVIN3階の赤ちゃん休憩室やダイエー2階の赤ちゃんルームが気軽に使えて便利です。
     ショッピングセンターIMAの向かいにある区民センター内にも授乳室があります。

     少し離れた場所になりますが、成増駅近くのダイエー2階にも赤ちゃんルームがあります。

◎バーベキュー広場 あり 施設利用は無料
     但し、食材も器具も各自で用意
     利用月の2ヶ月前の1日より、サービスセンター窓口か電話で予約をします。

◎屋敷森跡地 無料で入れます。
     開園時間 午前10時~午後3時30分(入園は3時まで)
          毎週月曜日(祝日の場合は翌日)と年末年始は休み

光が丘公園駐車場
公園の南側にある光が丘公園駐車場です。約250台収容できます。
公園の外には、都営アパートを中心に高層住宅が多く立ち並び、それまで通ってきた街並みとは全く違った雰囲気になります
そして、この辺りは、駅や、多くの店、学校を含めた区の施設がコンパクトにまとまっています。

光が丘公園案内図
細長くはみ出ている敷地は、ここでは載せていません。
光が丘公園案内図です。写真の右側が南で、左側が北です。
公園の中央付近には、野球場が4面あり、その真下には、面積約6haの芝生広場が大きく広がっています。
野球場の右の方に、テニスコートや駐車場があり、野球場の左上に、遊具のあるちびっこ広場があります。
水遊びができる所は、この写真の右端にあり、駐車場の下のほうにある「けやき広場」です。

練馬区立体育館
まずは、駐車場から、公園の中央を南北に通っているメインストリートの方に向かいます。
駐車場は、練馬区立体育館の裏にあります。
体育館の正面入口は、メインストリートに面しているので、写真のように、体育館に沿って歩いて行きます。

パークス光が丘
メインストリートに出ると、公園の売店「パークス光が丘」があります。
焼き立てパンの良い香りが漂っています。

けやき広場から南の方を見る
けやき広場から南の方を見た様子です。白い大きな煙突は、練馬清掃工場の大煙突です。
木々のすぐ向こうに、水遊びができる流れがあります。

体育館正面
けやき広場に面している区立体育館正面です。

流れ
子ども達が遊べる流れです。思い切りジャブジャブ遊ぶ事もできますが、非常に浅い水路なので、公園に来たついでに、気軽に裸足になって歩いてみることができます。
この写真の水路を歩いて行くと、噴水にたどり着きます
水路の両脇には屋根付きで腰掛けられるようになっています。
次回の清掃予定日がある場合は、掲示してあります。

夏休み真っただ中で週末にもかかわらず、こんなに空いているのは、雨上がりすぐに行ったからかもしれません。
混んでいるのが嫌なので、敢えてそんな日に行きました。

噴水側から見た流れの様子
噴水側から見た様子です。
この噴水は、思い切り水が高く噴き出るわけではないので、吹き出し口を覗き込んだり、噴き出す水に触れたりできます。

光のアーチ
噴水のすぐ近くにあるモニュメント「光のアーチ」です。
昭和62年に完成しました。
光のアーチの向こうには、左側に日大病院(緑の白抜き看板の建物)、右側にショッピングセンターIMAが見えます。
写真の右端の白い建物は清掃工場で、大煙突の一部が写っています。

イチョウ並木
けやき広場から北に向かってメインストリートを歩きます。
端から端までかあなり広く、中央にはイチョウ並木があります。
道の両端には、白いベンチがズラッと並んでいます。
これだけベンチがあると、いつでも気軽に座れるはずですが、緑がとても多いせいか、木の下にあるせいか、ベンチには先客として虫さん達がいる事も。
鳥の糞が付いていることもありますし、座る場合は、よく注意を払う必要があります。

東屋
途中には大きな東屋があります。
手洗い場や自販機もあって、近くにはトイレもあります。
この東屋の向こうには、広大な芝生広場があります。

ゆりの木広場から見た桜並木
メインストリートをまっすぐ進んで広場に出ました。
「ゆりの木広場」です。この広場から更にまっすぐ進むと、間もなく公園を出て、成増方面に行きます。
今回は、ゆりの木広場で右に曲がり、ちびっこ広場に向かいます。
この写真は、ゆりの木広場から、これから行こうとしている道を見た様子です。
道の中央には桜並木が続きます。
広場は明るいですが、これから行こうとしている道は、木が鬱蒼と茂っていて薄暗いです。
この写真の左側は自然観察ゾーンとなっていて、雑木林がずっと続いています。
右側も雑木林が続いていますが、バーベキュー広場となっています。

桜並木を歩く
桜並木が続く道を歩いてみると、思ったほど暗くはありません。
天気の良い日なら、木漏れ日が気持ちよさそうです。

こども虫あそびひろば
しばらく進むと、右側に「こども虫あそびひろば」があります。
広場内をいくつかの区画に分け、区画ごとに草刈の時期を変えることで、草丈の低い草から高い草まで生やしています。それにより、色々な種類の虫が生育し住みつきます。
という説明なのですが、私には、まんべんなく草ボーボーにしか見えませんでした。
コオロギやバッタ、カマキリ、チョウ、トンボなど、色々集まっているのかなと思いつつも、蚊、毛虫、ダニなど、変な虫ばかり頭の中をよぎり、この草の中に入る気になれず…。
個人的に、3~4年前に林間アスレチックでブヨに刺されて、蚊以上の腫れと痒みが何日も続いたのを機に、緑の濃い場所に入るのが慎重になりました。
そして、札幌の国営滝野すずらん丘陵公園で見かけた「マダニに注意」の看板で、更にこういう草むらを警戒するようになりました。
この「こども虫あそびひろば」にマダニがいるかは分かりませんが、公園周辺の動物病院のHPなんかを見ていると、少なくとも、この公園を散歩する犬の中にはマダニの被害にあっている犬もいるとのことなので。

マダニは、草むらで動物(人間も含む)が来るのを待ち続け(足もとから来るのもいれば、頭上から落下してくるものも)、皮膚に食い込むように噛みつき吸血し、一旦皮膚に食らいついたら、そう簡単に除去できなくなります。
蚊も嫌だけど、もっと嫌…。
痛み痒みがほとんど無いため気付かなかったなどで、放っておくと、何日もずっと吸血し続け、ダニ自身の体重は吸血前の100倍以上にも増え大きく黒く膨れてきます。
下手に払い落そうとすると、ダニの口元だけが皮膚内に残ってしまうことも。
皮膚科に行けば、切開の可能性大ですが、綺麗に取ってくれます。
切開は嫌ですが、ダニの体の一部がこちらの体内に残るよりはマシです。
放っておくのは、感染症がとても心配なのでやめた方がいいです。
マダニに頻繁にお目にかかる人の場合は、個人で上手に取るようですが、私には無理そう。
皮膚科のお世話になるのも嫌だし、こんなタチの悪いダニも大嫌い、というわけで、こういう草むらには入らないようになりました。
草むらに限らず、緑の豊かな所に行く場合は、虫除けスプレーをしてズボンの裾など服の隙間を一切無くし肌を露出しない服装をし、虫から身を守りましょう。
害虫駆除などの会社のHPの中には、吸血された際の駆除方法が載っているものもあります。
あまり詳しく書くと、マダニだけのHPが書けてしまいそうなので、ここでやめておきますが、そういう厄介な虫がいる事だけは頭の片隅に入れておいた方がいいと思います。

ちびっこ広場に到着
「こどもの虫あそびひろば」の向かいが、ちびっこ広場です。
園路からちびっこ広場を見た様子ですが、木が多く茂っていてあまりよく見えません。
それでも、木々の間から遊具がチラチラ見えています。
写真の右端には、バスケットゴールがありますが、ちびっこ広場の周囲何ヶ所かにあります。

うんていの向こうに見える遊具
円形のウンテイの向こうに、小さく滑り台などが見えています。
この円形のウンテイは、何気なく地味に置かれていますが、2年ほど前に特許を出したばかりの新しい遊具で、細長い毎度おなじみのウンテイの形を、新たに円形にしたものです。

アスレチック風の滑り台とブランコ
その滑り台です。その向こうにブランコがあります。
滑り台は、木製アスレチックのようになっていて、写真右側からネットをよじ登ることもできます。
滑り台周辺は、木材チップが敷き詰められていて、足もとが少しフカフカしています。

エンドレスターザンロープとグルリン
滑り台やブランコの近くにあるエンドレスターザンロープ(写真奥)とグルリン(写真手前)です。
2010年のちびっこ広場の工事で新しい遊具が整備されましたが、その中でも、エンドレスターザンロープは人気があります。

グルリン
グルリンを別の角度から見てみると、梯子が螺旋状になっているのが分かります。

エンドレスターザンロープ
エンドレスターザンロープは、大きな楕円型をしたモノレールのようなレールの上をターザンロープが移動します。よく見かける片道だけのターザンロープと違って、グルッと一回りするので1人がターザンロープに乗って移動している時間は長くなり、子ども達の満足度も高いです。
この日、雨上がりに敢えて来たのは、この遊具で遊びたいからと言っても過言ではなく、誰も遊んでいる子がいなかったので、子供達はかなり遊ぶ事ができました。
幼稚園児の長男は姉に付き添ってもらって遊んでいましたが、高学年の娘は、楕円のカーブの辺りで大きく外に振れるのが気に入ったらしく、何度も繰り返し遊び、自分で力のかけ方を加減して速度を調節してみたりして楽しんでいました。

ザイルクライミング
エンドレスターザンロープなどの遊具がある一角から少し離れた所には、他の公園でもよく見かけるザイルクライミングがあります。

ザイルクライミングの後ろにあるブランコ
ザイルクライミングの後ろには、ブランコがあります。

複合遊具
更に少し離れた一角には、カラフルな複合遊具があります。
遊具の両端には形の違う滑り台が付いていて、遊具に上がる部分も複数あります。
写真の右端の遠くには、青っぽい滑り台が見えています。
写真中央当たり、複合遊具の向こう側に見える青い柵は砂場です。

複合遊具の足元
遊具の端から端まで移動する場合、足もとがチェーンになっていて安定してない箇所があります。
この写真は、3才になって間もないうちの末っ子が、恐る恐る移動しているところです。

後ろから見た複合遊具
同じ複合遊具を裏から見た様子です。
階段で上がりたい子は、こちら側を利用します。
写真左端には、最初に紹介した滑り台の一部が写っています。

複合遊具
青っぽい滑り台が付いている複合遊具です。
こちらも2つの滑り台がありますが、更に低くめの高さです。

スロープから見た複合遊具
同じ複合遊具を別の角度から見た様子です。
こちらには、とても緩やかなスロープが付いているので、ヨチヨチ歩きの赤ちゃんも歩きやすいと思います。

ニョッキー ハニー ビー
近くには小さい遊具が点在しています。
手前にある緑色の遊具「ニョッキー」は、回転させて遊びます。
その奥には、乗っかって揺らす遊具があり、オレンジ色の「ハニー」と紫色の「ビー」があります。
青色の柵は砂場です。
写真右端奥には、健康遊具が見えています。

健康遊具
ちびっこ広場の隅には複数の健康遊具があり、子ども達の姿はあまり見かけず、少しさびしい雰囲気ですが、少し離れた所にあるバスケットゴールで遊ぶ人達がいたり、散歩をする人達が時々通ったりと、人けが無いわけではなりません。
散歩のついでに健康遊具に立ち寄る人や、周辺のベンチに座って休む人もいます。

以上で、ちびっこ広場の説明は終わりです。
屋敷森案内図
駐車場に戻る途中で通った屋敷森跡の説明です。
戦後に周辺をアメリカ軍が使用していた期間も昔のまま保存され現在に至っています。

屋敷森入口
屋敷森入口の様子ですが、利用時間が過ぎていたので鍵がかかっています。
光が丘公園は、自転車に乗っている人や犬を連れている人を多く見ますが、屋敷森跡には、自転車やペットは入れません。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
にほんブログ村
都立光が丘公園のHPはこちら
関連記事
[ 2011/10/05 19:59 ] 東京都の公園,施設 | TB(0) | CM(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hesokurisuki.blog101.fc2.com/tb.php/155-2b841499











ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。