スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

いにはの森公園(急斜面にアスレチック)

いにはの森公園は、印西市にある公園で、前回紹介した萩原公園から4~5分歩いた所にあります。
萩原公園と同じ道路に面していて、いにはの森公園の方が、印旛日本医大駅寄りにあります。
なので、印旛日本医大駅から歩くとすると、まずは、いにはの森公園に着き、更にまっすぐ進むと、萩原公園に着きます。

「いには」だなんて妙な名前だと思う方もいると思いますが、これは、この地域が、印旛郡印旛村だった時の、「印旛郡」が、1000年以上前には、「印波郡(いにはのこおり)」と言われていたことから名付けられました。
読み方は、文字の通りではなく「イニワ」となります。

萩原公園は、都市計画法に基づく公園の中で近隣公園という位置づけでしたが、いにはの森公園は、それとは別に印西市が管理している公園です。
印西市内には、同様の小さな公園が60か所以上点在し、萩原公園の真正面にある いには野小学校の裏にも、若萩の丘公園というこじんまりとした公園があります。

千葉ニュータウン内の公園は、印西市やURなどの企業が協力して作られていますが、時には地元の人達が参加する事もあります。
いにはの森公園は、地元の小学生達が、授業の一環として公園作りに参加し、色々な意見を出した上で完成しました。
萩原公園の半分より小さめの公園で、駐車場は有りません。
車で行く場合は、駐車場のある萩原公園で遊ぶついでに立ち寄るのがいいと思います。

公園内は、広場になっていて、広場の端にはベンチが点在し、小さい子向けのシーソーと滑り台が置かれています。
遊具はこれだけかと思いつつ、ふと左側の切り崩したような斜面を見ると、木製のアスレチック遊具が4つほど置かれてあります。
小学生ならどれも楽しめますが、例えば3~4才、それ以下の子となると、子どもによって差は有ると思いますが、ちょっと難しいかもしれません。
うちの場合、2才児はどれも無理で、4歳児も、背が足りなかったりと苦戦してました。
急な斜面にあるため、小さい子は歩くのだけでも大変そうです。
雑木林の中にあるせいか、どんぐりが沢山落ちているので、どんぐり拾いを楽しんでました。

いにはの森公園は、地域の児童公園という事もあって、遊具の数は少ないので、わざわざこの公園を目指して遠方から来る事は無いでしょう。
隣の印西牧の原駅周辺に大型店舗が多数があるので、買い物ついで萩原公園に立ち寄って、更に時間があったら、こちらに立ち寄るのが良いと思います。

いにはの森公園も萩原公園も、公園内は平坦で、とてもよく整備されているのですが、奥の方は、切り崩したような急斜面になっていて、雑木林がそのままになっているような自然が残っています。
萩原公園では、その中に遊歩道がありますが、いにはの森公園では、アスレチック遊具を置いています。
更にその向こうの、公園の外は、更に木々や草が生い茂り、まだまだ開発中の地域であることを実感します。


地図の左上にある「+」をクリックして地図を拡大していくと、地図の中心は、いにはの森公園の入口にあります。
また、家の絵の目印は、アスレチックのある場所を示しています。

アクセスです。
◎電車バス利用の場合
北総鉄道 印旛日本医大駅から徒歩5~6分
    印旛日本医大駅は、1時間に3本くらい電車が来ます。

◎車利用の場合 東関東自動車道 富里インターから約30分

施設情報です。
◎常時開園
◎入園無料
◎駐車場 無し
     公園の近所にコインパーキングは有りません。
     駐車場がある萩原公園と掛け持ちで遊ぶのがお勧めです。
◎自販機 無し(水飲み場は有ります)
◎トイレ 無し
◎授乳室 無し
ベビーカーでの移動は、公園を入ってすぐの広場は平坦でスムーズですが、アスレチックのほうに行くのは厳しいです。

いにはの森公園全景
いにはの森公園の入口から公園を見た様子です。
中央奥に小さめの滑り台があり、そのすぐ近くの小屋はちょっとした休憩所のようになっています。
写真の左の方にシーソーやベンチがあります。
写真の右の方には水飲み場が写ってます。
この写真には写っていませんが、左の方の斜面に、アスレチックがあります。

公園前名
公園入り口に、写真のように公園名が書いてあります。

シーソー
シーソーです。片側に2人ずつ座れるようになっています。

滑り台
滑り台です。小さい子向きで、写真右の階段を上がって滑ります。
中央の黄色いポールを上る事もできます。

遊具の向こう側は雑木林が生える斜面
滑り台の向こう側は、写真のように、雑木林が生えた斜面になっています。
写真の右側に住宅が少し写っていますが、公園の隣は住宅が立ち並んでいます。
雑木林が生えている急斜面と住宅の間には、歩道があり、その道からも公園に出入りできます。

公園左側のアスレチックのある斜面
公園左側にある、アスレチック遊具のある斜面です。
写真左下からの階段を下りて行きます。

ターザンロープ
斜面を下りきった一番下にはターザンロープがあります。
高さがあるので、小学生でも低学年だと難しいかもしれません。

ターザンロープから見た他の遊具
ターザンロープから他の遊具を見上げた様子です。
結構急な斜面である事が分かります。
左から、展望台のようなもの、中央にはネット遊具、右端には丸太を組み合わせたものがあります。

上から見下ろすと
丸太の遊具付近からターザンロープのほうを見下ろしました。
遊具自体は特別難しいものではないので、小さい子でも自分なりに遊べますが、斜面のきつさが多少難しくさせているようです。

道路に繋がる遊具
展望台のようになっていて、公園前の道路に繋がっています。
公園内に入らずに、歩道から直接この遊具に入って、綱や梯子の部分を下りてくる子もいます。
この遊具、綱をよじ登るにしても下りるにしても、かなりの高さがあります。
うちの上の子達は、綱を上ろうとしましたが、途中で疲れてもやめる事ができない、高さが怖そう、という理由から、ほんの少ししか遊びませんでした。
当然のことながら、ごく普通に楽しく遊んでいる子達もいます。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
にほんブログ村
いにはの森公園のHPはありませんが、紹介してあるHPはこちら
地域を紹介しているサイトです。
関連記事
[ 2011/04/01 14:36 ] 千葉県の公園,施設 | TB(0) | CM(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hesokurisuki.blog101.fc2.com/tb.php/131-70041e60











ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。