スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

光と風の丘公園(アスレチックとチビッコ広場)

光と風の丘公園は、茨城県美浦村にある村営の総合公園です。
美浦村役場のすぐ近くにあり、村の中心地に有ります。

美浦村の位置を知らない人も多いかと思いますが、美浦村は、霞ヶ浦の南側の湖岸に面していて、土浦市の中心地から霞ヶ浦に沿って車で進んで約30分ほどの所にあります。

光と風の丘公園は、霞ヶ浦に面しているわけではなく、湖岸から4km近く離れているので、公園から霞ヶ浦は見えません。
公園の面積は約16haあり、駐車場から園内に入ると、まずはスポーツ施設があります。
特に野球場はすぐ近くにあるので分かりますし、他にもパターゴルフ場、複数のテニスコート、多目的競技場などのスポーツ施設が揃っています。
また、公園の一番奥に、キャンプ場や4棟のロッジハウスがあります。

公園内の道は、綺麗に整備されていて見通しが良く、分かりやすいです。
公園の中には、木々の中の細い道を歩く公園も有りますが、この公園は、入り組んだ道や、見通しの悪い道は無いので、初めて行った人でも、道に迷く事はまず無いでしょう。
光と風の丘公園は、全体的に見通しが良く開放的です。

公園内のスポーツ施設の奥には、子ども達が遊べるフィールドアスレチックや「こどもひろば」があります。
夏には、水遊びができる水辺もあります。

フィールドアスレチックは、テニスコートの隣にある「古墳の森」の裏にあります。
水遊び場も、そちらにあります。
フィールドアスレチックは、ほとんどが木製遊具で、カラフルで巨大な複合遊具は有りませんが、小学生が楽しめそうな遊具が10基ほどそろっています。
幼稚園児でも、ほとんどの遊具で楽しめると思いますが、未就園児には難しいものが多いです。
木製のシーソーがあるので、それなら遊べます。
但し、平成5年に開園した公園のせいか、老朽化のため使用できない遊具が1つありました。
他の木製遊具も年季を感じますが、ぶら下がったり登ったりしても、しっかりしてます。

フィールドアスレチックを通り過ぎてすぐの所には、大きなすりばち広場があります。
これは、すり鉢型をした巨大な芝生広場になっています。
遊具は何もありませんが、土手の斜面でもないのに手入れされた広い斜面になっていて、しかもすり鉢型になっています。こんな広場は、他ではあまり無いと思います。
うちは、車内に常備してあるソリを持ち出して、しばらく遊びましたが、とにかく広くて、伸び伸び遊べました。
場所的にも、人口が少ない地域のせいか、このすり鉢広場は貸し切り状態でした。

一方、こどもひろばは、フィールドアスレチックとは反対の方向にあります。
公園を入ってすぐに、野球場の向こう側に、キノコのオブジェや恐竜の姿があるのが目に付くので、園内の案内図を見なくても分かりやすいです。
こどもひろばは、小さい子向きの広場で、砂場や小さな滑り台、動物のオブジェが点在し、大きなキノコのオブジェが2つあります。
更に、恐竜のオブジェもあり、しっぽは滑り台になっています。
恐竜は大きく遠くからでも目立ちますが、滑り台は案外低く、小さい子向きです。
小学生には少々物足りない遊具ばかりですが、うちの小学校高学年は、
レジャーシートを広げて、お弁当を食べている人もいました。


地図の左上にある「+」をクリックして、地図を拡大していくと、地図の中心は駐車場の入口に有ります。
また、家の絵の目印は、アスレチック広場に有ります。

アクセスです。
◎電車バス利用の場合
・JR東京駅八重洲口から、関東鉄道高速バス『江戸崎・美浦・阿見~東京駅線』に乗り、1時間半ほどで着く「美浦村光と風の丘公園」バス停で下車。
公園内の駐車場に停留所があり、とても便利ですが、今年3月末で、この路線の高速バスは廃止となってしまいます。

・JR常磐線 土浦駅東口から、JRバス関東「木原経由江戸崎行き」に乗り、約40分で「美浦中前」バス停で下車後、徒歩
10分。

◎車利用の場合
・圏央道 稲敷インターから約15分。
・常磐自動車道 桜土浦インターから約25分

施設情報です。
◎常時開園
    但し、有料施設は月曜日休園
◎入園無料
◎無料駐車場 4ヶ所あります。
   第1駐車場 約150台 第2駐車場 約40台
   第3駐車場 約70台 第4駐車場 20台
 このうち、第1~第3駐車場は、公園の正面に有りますが、第4駐車場は、裏に有るので分かりにくいです。
 
 有料施設は月曜休園ですが、駐車場は365日24時間常時開放されています。

◎トイレ 4ヶ所あり(園内に点在してます)
      駐車場からすぐの所にあるクラブハウスのトイレ内におむつ交換台あります。

◎自販機 あり
◎売店 無し
   歩いて10分くらいの所にヨークベニマル(スーパーマーケット)があります。

◎授乳室 無し

ベビーカーの移動については、駐車場で車を下りたら、まずは階段を上がって行くことになるので、その階段がネックです。
でも、そこを過ぎれば、大きな起伏はなく、移動しやすいです。

光と風の丘公園駐車場
光と風の丘公園の駐車場です。
かなりしっかり整備されている公園で、駐車場も舗装されていて広いです。
写真は、公園入り口の下に広がる駐車場で、写真中央付近に写っている階段を上がって公園内に入ります。

上から見た駐車場
階段を上がって駐車場を見た様子です。駐車場の広さが分かります。

クラブハウス
駐車場から階段を上がるとすぐ、右側に、公園の管理事務所を兼ねたクラブハウスがあります。
キャンプ場、ロッジハウスうあ、各スポーツ施設の有料施設はこちらに申し込みます。

光と風の丘公園案内図
クラブハウス隣にある光と風の丘公園案内図です。
写真中央付近に、案内図内のクラブハウスが有ります。
この公園は、駐車場から階段を上がり、右にクラブハウスを見つつまっすぐ進むとすぐに、左に野球場、右に多目的広場(広い芝生広場)、正面にテニスコートが有ります。
テニスコートにつきあたると、左か右に進むようになっていて、左に進むと「こどもひろば」があり、右に進むとフィールドアスレチックがあります。

クラブハウス前の道
クラブハウス前の道です。写真左側に野球場が写っています。

左の野球場向こうのこどもひろば
左に野球場を見つつ歩いていると、野球場の向こうに「こどもひろば」の恐竜やキノコが見えます。

健康遊具
野球場を通り過ぎた所で、道はT字路になっていて、目の前はテニスコートになっています。
そのテニスコートの前は、ちょっとした芝生広場になっていて、健康遊具が複数置かれています。
道は、左か右に進むことになります。

健康遊具前の道
写真は、道を右に進んだ時の道の様子です。
写真の右側は、芝を敷きつけてある多目的広場で、左側は、「古墳の森」になっていています。
小高い森の中に複数の円墳があります。

フィールドアスレチック
古墳の森に沿って道を進んで行くと、間も無くフィールドアスレチックに到着します。
手前の赤い遊具は、滑り台が付いていて、一見小さい子も楽しめそうなのですが、階段が付いていません。
ロッククライミングのようによじ登ったり、ロープを上ったり、梯子状のところを上ります。
赤い遊具の後ろ左右には木製の遊具があります。

複合遊具
赤い複合遊具を別の角度から見た様子です。トンネルや吊り橋もあります。

遊具の1つ
赤い遊具の左後ろにある木製遊具です。吊り橋状の部分を渡って遊びます。

タイヤの遊具
タイヤを上ったりくぐったりして遊ぶ遊具もあります。
手前の丸太が複数建っている所では、小さい子でも乗っかる事ができます。

複合遊具近くの遊具
このフィールドアスレチックは、幼稚園児以上なら楽しめます。
それより小さい子は、楽しめる遊具は少ないです。
1~2才の小さい子だけを連れて行く場合は、「こどもひろば」の方が楽しめます。

木製のシーソー
フィールドアスレチック内には木製のシーソーがあります。
シーソーの向こうにも、木製の遊具があります。

大型遊具
ぶら下がったり、よじ登ったりできる大きな木製遊具です。
小学生なら十分に楽しめます。

遊具
こちらも、木製遊具です。写真左側は、ぶら下がったり、よじ登ったりできる大きな木製遊具がもう1つあります。
高さがあり、小さい子は無理ですが、小学生は楽しめることでしょう。

アスレチック全景
木製遊具が並んでいる隅から見たフィールドアスレチック全景です。
細長い場所に遊具が並んでいるのが分かります。
写真奥に赤っぽい複合遊具が見えていて、公園の入り口方向になります。
写真手前が公園の奥側です。

水辺
フィールドアスレチックの赤い複合遊具の近くには、夏なら水辺になっている場所があります。
今は水が溜まっていませんが、夏は水遊びができるゾーンです。
また、この近くにはトイレも有ります。

すりばち広場
フィールドアスレチックを過ぎて更に進んで行くと、「すりばち広場」があります。
非常に広いすり鉢型の芝生広場です。
土手やスーパー堤防の斜面などをこれまで目にしてきましたが、河川沿いでもないのに、公園内にこれだけの広い斜面、しかもすり鉢状の広場は、なかなかありません。
写真右上の白い建物は、美浦村の中央公民館です。
中央公民館の少し下に、黒いものが写っていますが、斜面を散歩している人の姿です。
うちは、車に常備しているそりで斜面を滑って遊びました。
写真に写っていませんが、中央公民館の更に奥に、美浦村役場があります。

元に戻って健康遊具
すりばち広場でしばらく遊んだ後は、元来た道を戻り、フィールドアスレチック前を通り過ぎ、テニスコートの前を通り過ぎます。
駐車場の方には戻らずに、キノコや恐竜が見えている「こどもひろば」に向かって、そのまま進んで行きます。
こどもひろばに行くまでには、健康遊具が点在しています。

こどものひろばへの道
健康遊具で遊びつつ移動していくうちに、「こどもひろば」に近づいてきました。

こどもひろばのキノコ
小さい子が遊具で遊ぶ場合は、こちらの方が遊べると思います。
公園に入って間もなく、野球場の向こうに小さく見えてたキノコですが、近くに寄ってみると、大人の背丈以上ある大きなものです。
キノコの下で座れるようにもなっていて、一息つけます。
写真の奥にはピンク色のキノコもあり、広場内には、動物のオブジェが点在しています。
写真の左端に写っているドーム状の屋根は、イスもベンチも何も置かれてませんが、眺めは良いです。

動物と恐竜
シマウマの後ろに恐竜がいます。
恐竜は、しっぽが滑り台になっています。

恐竜滑り台
恐竜のすべり台です。この滑り台、滑り口は案外低い位置にあり、傾斜もそれほど急ではなく、あまり滑りません。

恐竜滑り台の梯子
恐竜の滑り台の上り口です。梯子になっているので、小さい子は親のサポートが必要かもしれません。
そして、この階段は、とても狭いです。
親が一緒にこの梯子を上がって滑り台の滑り口の方に抜けるのは、かなり窮屈です。
小学校高学年の上の子がとても窮屈そうにしているのを見て、私はこの滑り台は滑りませんでした。

乗り物遊具
遊園地にあるコーヒーカップのような遊具です。
中に入って座ったら、自分達の手で回します。

滑り台
こびとの絵が書いてある滑り台です。写真右下から階段を上がって滑ります。
こびと達が持っている鉛筆が滑る所になっています。
この滑り台の左側には、砂場あります。

恐竜滑り台から見たこどもひろば全景
恐竜滑り台の前から見た「こどもひろば」の様子です。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
にほんブログ村
光と風の丘公園のHPはこちら
関連記事
[ 2011/03/19 17:59 ] 茨城県の公園,施設 | TB(0) | CM(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hesokurisuki.blog101.fc2.com/tb.php/128-4ce3a5c4











ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。