スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

TEPCO新エネルギーパーク(ソーラーサーキットと大型ジャングルジム)

TEPCO新エネルギーパークは、3月11日の震災以来閉館しています。
更には、2011年7月ごろまであった施設のHPも、今は削除されています。
東京電力は、子供向けの施設や土地の売却を通じて、福島第一原発事故の損害賠償金に充てる予定になっています。
TEPCO新エネルギーパークも、再び開館する予定はありません。

2012年秋、木更津方面に出かけたついでに立ち寄ってみました。
2012年10月9日の様子1
2012年10月上旬の様子です。
緑のフェンスで敷地は囲まれていて、人の気配は有りませんでした。
それでも、植木は手入れがされている様子でした。

2012年10月9日駐車場側の様子
この写真は、建物前に広がる駐車場側を見た様子ですが、こちらも、緑のフェンスが続いています。
かつては、家族連れで賑わい、大型バスも入ってきてたのに、今となっては、人の気配は無く、人けがあるのは、火力発電所のほうだけです。

もう一度念を押して書きますが…
以上のように、閉館している施設の写真を載せましたが、この写真が2012年秋の様子だからといって、2013年なら開館している、ということはありません。
今後開館する予定はありません。
もっと強く書きますと、閉館ではなく廃館です。


以下は、利用できてた頃の様子(2011年1月)について書いてあります。

TEPCO新エネルギーパークは、千葉県富津市の東京電力 富津火力発電所の隣にあり、色々なエネルギーと環境を扱った施設です。
平成5年にできたこの施設は、面積約1.5haあり、富津火力発電所の紹介だけでなく、ゲームなどで遊びながら学ぶ科学館のような施設です。

TEPCO新エネルギーパークの場合、屋内施設以外にも、屋外で遊べるようになっています。
芝生広場には大型の複合遊具があり、ソーラーサーキットに乗る場所もあり、公園のようになっています。

あくまでもうちの子供達の場合ですが、屋内施設については、小学生以上なら楽しめますが、幼稚園児以下は興味を示さず、愚図り気味でした。
また、同じ小学生でも、化学に非常に強い興味を持っている一番上の娘は飽きることなく、隅から隅まで何度も見ていましたが、次女は一通り館内を見た後は外で遊びたがりました。
親1人で引率している場合、こういう時が一番困ります。
下の子達に合わせて外に出て遊ぼうとしても、上の子は親と一緒にクイズやゲームをしたがります。
今回は、とりあえず、いったん全員外に出て遊んでから再び屋内を見学をすることで、何とか乗り切りました。

屋外施設については、丸太を組んで作られている巨大な複合遊具が1つあり、近くにはソーラーサーキットがあり、無料で何度も乗れます。
遊具の方は、小さい子も簡単に上がれる階段もあり、滑り台も小さい子も滑れる物が付いています。
ただし、小さい子の中には、手すりに掴まりながら階段を上り下りする時、手を滑らすように動かす子もいるのではないでしょうか。
木製部分の多い遊具の場合、結果的に、丸太を手のひらで擦ることになってしまいます。
どんな遊具にも言える事だと思うのですが、木製遊具の場合は手でなでるのはやめた方がいいです。
木製だと、どうしてもとげが刺さる心配が出てきますから。

うちの末っ子は、左の手のひらに4ヶ所とげが刺さっていたため、皮膚科で抜いてもらいました。
浅いとげだったので、痛い思いは全くしませんでしたが。
過去にも別の公園で同じ経験をしているので気を付けていたのですが、遊具内ではどこかに掴まりたいようで、どうしても手でなでながら遊具内を移動してしまいます。

ソーラーサーキットは、小学3年生以下は親と一緒にならないければなりません。
4年生以上は1人で運転できますが、小4の長女が1人で運転したところ、四苦八苦してなかなかうまく進めませんでした。
当初、長女とほとんど身長が同じ次女は、1人で乗れないと言われて目に涙を浮かべていたのですが、長女の運転ぶりを見て、親と一緒に乗った方がいいと思ったようで、私と乗る時はかなり笑顔になっていました。
下の子供2人も乗りたがったため、1周するたびに次の子を乗せ、私は結局続けて3周乗りました。

無料で乗れる事もあって、大人にも子供にも人気があり、皆さん何度も乗ってました。
私が行った日は、とても寒い日で途中から雪が降っていました。
そんな天気だったため、それほど順番待ちをせずに何度も乗る事ができました。

屋内施設については、隣の富津火力発電所の説明や、電気の性質や電気を使った日用品や発電の種類などについて展示されています。
館内に入った時、小学生は、受付の人からスクラッチカードをもらい、そこに書いてあるクイズを全部解き、受付に戻って見せるとコインをもらえ、そのコインでガチャガチャができます。
その時は、同伴の小さい子達のコインももらえます。
また、ガチャガチャの隣には、東京電力のお土産をワゴン販売していて、でんこちゃんのグッズや東京電力のロゴが入ったミニカーなどが売っています。

一日中遊べる感じではないですが、その分、何かのついでに気軽に立ち寄れる施設です。
駐車場も入館も無料なので、お財布にも優しいです。
屋内施設なので、暑い日や寒い日も快適です。
なお、ソーラーサーキットは天気の悪い日はできません。


より大きな地図で TEPCO新エネルギーパーク を表示
地図の左上にある「+」をクリックして地図を拡大していくと、複数の目印が付いています。
目印の上にカーソルを移動してクリックすると、簡単な説明が出ます。

アクセスです。
◎電車バス利用の場合
JR内房線 青堀駅から約3.5km。バスは無いのでタクシーに乗ります。歩くと1時間近くかかるでしょう。

◎車利用の場合
館山自動車道 木更津南インターから約15分。

施設情報です。
◎開館時間 午前9時~午後4時半(入館は午後4時まで)
◎入館無料
◎休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)

◎無料駐車場 有り(20台収容)

◎売店 あり(でんこちゃんのおみやげなど)
館内での飲食は禁止です。
新エネルギーパークの周辺にはお店は何もありませんが、車で数分の所にイオンモール富津があり、ファーストフードやファミレスなどの飲食店が入ってます。
イオンモールの周辺にはコンビニも点在しています。

◎自販機 あり
◎トイレ あり(おむつ交換台あり)
◎授乳室 無し
ベビーカーでの移動は、平坦なのでスムーズです。

駐車場
TEPCO新エネルギーパークの駐車場です。
無料で、入口に交通整理の人が立っていますので、指示に従って進みます。

案内マップ
TEPCO新エネルギーパークの案内図です。
字は見にくいですが、要は、写真の左に駐車場があり、中央には新エネルギー館の建物が敷地に沿って細長くあります。
更に、その建物の周囲には、ソーラーサーキットや大型遊具があります。
それほど広くはないので、案内を見なくても、順番に進んで行けば大丈夫です。

新エネルギー館
新エネルギー館の正面です。
入口の上に見える戦隊ものは、「新エネルギー戦隊 ハツデンジャー」です。
館内に入ると、この人達がお出迎えしてくれるのかなと淡い期待を持ちましたが、なにも登場しませんでした。

入口わきの売店
館内に入ると正面に受付があり、パンフレットと、小学生にはスクラッチカードがもらえます。
ふと右手を見ると、でんこちゃんグッズが売っています。
でんこちゃんの笑顔につられて(?)、多くの人達がおみやげを買ってます。
私も、入館無料にもかかわらず、子供1人ずつに何か買っているうちに、2000円くらい使ってしまいました。
なにせ、でんこちゃんのボールペン1本が400円ですし、TEPCOのマークが入ったミニカーが1台800円と、高めの価格設定なのです。
写真の左隅に写っている黄色のキャラクターは、ガチャガチャです。

スクラッチゲーム案内
ガチャガチャの近くには、スクラッチゲームの案内が書いてあります。
館内を見学しながら問題を解いていきます。
館内の何ヶ所かに、ほとんど答えのようなヒントが貼り紙にしてあるので、誰でも解けます。
全部解き終えたら、受付に戻ってコインと交換してもらいます。
スクラッチカードは小学生だけがもらえますが、コインは同伴の未就学児ももらえます。

ガチャガチャ
ガチャガチャは二つ置かれています。
スクラッチカードをもらえるのは、午前9時~午後3時半です。
また、コインに交換できるのは午後4時までです。
ガチャガチャから出てくる物は、でんこちゃんとは全く無関係の、動物や鈴などのキーホルダーです。

ハツデンジャー
ハツデンジャーは、入口を入ってすぐの所にある大きなスクリーンに登場します。

富津火力発電所の紹介
まずは富津火力発電所の紹介です。が、下の子達は興味を示さず、目に付いたボタンを適当に押しただけで通り過ぎました。

細長い建物内の廊下
新エネルギー館内は、細長いまっすぐな建物なので、館内で迷う事はまず無いです。
また、所々に案内係の女性がいるので、分からない事があったらすぐに尋ねる事ができます。

ゲーム
クイズに答えるゲームです。
太陽光や風力の自然の力を用いて電気を起こす仕組みなどを学びます。
子供に分かりやすいようになってますが、うちの幼稚園児と2才児には理解不能です。
館内にいる間ずっと、建物の外で早く遊ぼうと愚図ってました。

エジソンが発明した電化製品
電気を使った生活品を展示しています。写真は、エジソンが発明した日用品の数々です。
ヘアドライヤーやアイロン、フットウォーマーや赤外線治療用ランプなどが写っています。

電気自動車
約100年前にエジソンが発明した電気自動車です。
そんな昔から電気自動車は発明されていたんですね。

エジソン式電話
エジソン式電話です。うちの小学生達は、この電話で会話して楽しんでました。

パラボラ音波実験器
他の科学館でも見かけるパラボラ音波実験器です。
これも姉妹で楽しんでました。
TEPCO新エネルギー館の場合は、電気のしくみや、電磁波を発生するレーザー光線などがテーマになっているので、それに付随して音波も扱ってます。
この写真のコーナーは、新エネルギー館を順番に見学する中で一番最後のコーナーです。
このコーナーの前には、超伝導を扱ったコーナーもあります。
ボタンを押すと動く電車の模型があったりしますが、私が行った時は、「調整中」で利用できない物がチラホラありました。
また、「風の部屋」という、無料の、ちょっとしたアトラクションものもあります。
未来の乗り物に乗って世界の色々な風を体験する設定で、スクリーンの映像に合わせて風がふいてきます。
だからと言って、そんな激しいものではありません。

写真左奥にはトイレ(おむつ交換台あり)が写ってます。
左向きの矢印も写っていますが、外に出られるドアがあります。

新エネルギー館の外にあるソーラーキャビン
新エネルギー館から外に出て見ると、目の前には別の建物、ソーラーキャビンがあります。
前には水が流れていますが、水遊びの場ではなく、立ち入り禁止となっています。
ソーラーキャビンの右隣には、ソーラー時計があります。

ソーラーキャビンの中は、自販機やソファが置いてあって、休憩できるようになっています。
東京電力の商品のカタログも多数置いてありますし、モニターでは商品の宣伝が流れています。

また、遊具に行くには、写真右端の通路を水の流れに沿って奥に歩いて行くとすぐです。

ソーラー時計
ソーラー時計塔です。太陽電池で動いていて、1時間おきに人形が動きます。
ソーラー時計塔の周囲の池の上は歩けるようになっていますが、手すりなどは無いので、小さい子は落ちないように注意が必要です。

大型ジャングルジム風の砦
TEPCO新エネルギーパークにある唯一の遊具で、木製の骨組みが目立っています。
周囲は砂場のように砂が多く、近くには複数のイスとテーブルが置かれています。
こちら側は、ネットの部分が多いです。

ネットの部分
木製の骨組みで見えにくいネットの部分に近づいてみます。
ネットを上がって遊具に上がります。よじ登るというよりは、急な坂を歩く感じです。

風の砦の反対側から見た様子
今度は反対側から見た様子です。
こちらは階段で上がるようになっています。小さい子はこちらが上がりやすいです。
階段を上がるとすぐ近くに滑り台があります。

風の砦の中の様子
遊具の中の様子です。基本的には、階段と木製の床ですが、1ヶ所だけ写真右側のように、揺れる丸太が繋がっています。
また、写真正面付近には、鉄棒が垂直に有り、地面に滑り降りる事ができます。

ソーラーキャビンの展望台から見た光景
ソーラーキャビン内でちょっと一休みした時に、てっぺんに上がって海の方向を見下ろした景色です。
写真の奥の方には海が写っています。
真下にはソーラー時計塔や、奥の方まで細長く広がる池があります。
写真右には、芝生広場に白いテーブルとイスが複数置かれていて、周囲の木々と同じような色なので分かりにくいですが、大型の遊具があります。

東京スカイツリーと東京ゲートブリッジ
実際に遠くを見ると、東京スカイツリーや東京ゲートブリッジがすぐに目につきます。
ここに載せる写真は縮小して載せるので分からなくなってしまいますが、その部分だけ拡大するとこんな感じになります。
写真中央やや左に東京スカイツリーが写っていて、写真の右側の海面付近に建設中の東京ゲートブリッジが写っています。
橋の中央がまだ繋がっていない特徴的な形なので、こちらもすぐに分かります。

ソーラーサーキット
海側とは反対側を見た様子です。ソーラーサーキットがあります。
1人で運転できるのは小学4年以上です。それ以下の年齢の子は、親と一緒に乗れます。
大人なら簡単に運転できると思いますが、初めて運転する子供の場合は、多少苦労するかもしれません。
写真の後ろに写っている2つの白い煙突は、富津火力発電所の煙突です。

隣接する新日鉄
東京電力富津火力発電所の隣にある新日鉄のほうを見た光景です。
原っぱの向こうに、東京ドーム220個分の敷地を持つ新日鉄君津製鉄所の煙突が複数見えます。
製鉄所の工場見学は事前予約の上で、小学校3年生以上が見学できます。
詳しくは新日鉄君津製鉄所のHPをご覧ください(こちら)。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
にほんブログ村
TEPCO新エネルギーパークのHPはこちら(削除されています)
関連記事
[ 2011/02/13 18:31 ] 千葉県の公園,施設 | TB(0) | CM(2)

Re: 休館でした

コメントありがとうございます。
このブログにも書いてますが、今後再開する予定はありません。
休館、もっとはっきり書くと、廃館です。
[ 2013/05/19 07:40 ]

休館でした

先日(2013年5月16日)行ってきましたが・・・あいにく休館になっているようです残念でした
[ 2013/05/19 00:36 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hesokurisuki.blog101.fc2.com/tb.php/122-e2df2283











ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。