スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

出羽公園(遊具からよく見える電車や貨物列車)

出羽公園は、埼玉県越谷市にある市の公園です。
昭和63年に開園し、面積約9.2haの敷地内には、体育館や野球場やテニスコート、池(出羽沼)などがあります。
春には、チューリップフェスタが開かれます。
また、桜の名所でもあり、花見の時期は人が多いです。

敷地は、武蔵野線の線路に隣接しています。
公園中央には大きな池があり、いつ行っても何人もの人が釣りをしています。
その池を基準に考えると、西と南東に遊具があります。
西側には、真新しい大型複合遊具が2基あります(冒険広場)。南東側には、古いですが、ブランコや滑り台、ターザンロープ、砂場があり、それぞれがちょっとユニークな形をしています(児童広場)。
公園2つを同時にここで紹介するような気持ちです。

出羽公園の特長は、JR武蔵野線に面しているため、遊びながら電車や貨物列車の往来を頻繁に見られる事です。
線路沿いにある公園の中には、電車の通る音ばかりで姿がほとんど見えない公園もありますが、出羽公園は、障害物も無く間近で見られます。
特に、新しい複合遊具のある西側の遊具広場は、線路に隣接しているため、電車がとてもよく見えます。
南東側の遊具広場からも電車が見えますが、線路から少しだけ離れるので、西側ほど間近では見られません。

西側は、電車がよく見えるし遊具が新しくて大きいのですが、欠点はトイレや自販機が無いという事です。
日よけになるものもありません。
ベンチが少し置かれていて、水飲み場が1ヶ所あるだけです。
池の向こうまで行くと、体育館とグランドと池に挟まれるようにトイレがあります。
近くには自販機もあります。

この公園は、初めて行く人にとっては少し分かりにくい所にあります。
線路に沿っている公園という事は、線路の下をくぐるか線路の上を越えないといけません。
この公園の場合は、線路の下をくぐることになるのですが、どこで線路の下をくぐるのかが問題です。
下手に線路の下をくぐろうとすると、行き止まりなんて事も。
細くなっている道もあり、高架下で薄暗いのも有って、初めて行くとなると心細いかもしれません。
それでも、ちょっとした冒険と思うと楽しいです。

出羽公園には3ヶ所の駐車場がありますが、線路をくぐった後も舗装されていない曲がりくねった道を進むと、やっと池に近い駐車場に着きます。
もっとも、この駐車場が一番分かりにくい駐車場なわけで、この駐車場は池に非常に近いので、釣り目的で初めて来る人が迷う可能性が多いいです。
もの好きな私は、初めてこの公園に行った時、敢えてこの駐車場に行こうとしたため、目の前に遊具が見えていながら、なかなかたどりつけませんでした。

なお、このブログでは、それ以外の遊具に近い駐車場について紹介します。

線路の方から来るのが不安なら、反対側から来た方がいいと思います。
県道324号が公園の外側に並行して走っています。
但し、こちらは、県道と公園の間に水路があるので、小さな橋を渡って公園に行くことになります。
この橋もいくつかあるのですが、線路下をくぐって行くよりは容易です。

公園の周囲に沿って道路があり、グルッと車で一回りできるのなら、駐車場を見つけるのも容易ですが、この公園は行き止まりの箇所があるので、公園の周囲をぐるっと車で回る事ができません。
これが初めて行く人には厄介だと思いますが、一度行けば勝手が分かるので、2回目からはすんなり行けることでしょう。

このブログの地図では、駐車場2ヶ所の場所を分かるようにしておきます。
遊具のある場所2ヶ所については、各々の駐車場に隣接しているので、駐車場から遊具のある場所まで移動に時間がかかる事は有りません。

出羽公園は、埼玉県県民健康福祉村から1㎞ほどしか離れていません。
県民健康福祉村は、大型複合遊具が撤去されてしまいましたが、遊具の数が比較的多く、いつ行っても人が多くいます。
一方、出羽公園は、場所が分かりにくいからでしょうか、いつ行ってもほとんど人がいません。
綺麗な複合遊具や、ローラー滑り台があるのに、平日の昼間は、誰もいず、貸し切り状態がほとんどです。
池で釣りをしている人はいつ行っても多いんですが。

ガランとした出羽公園で遊んでから、今日は寒いからみんな屋内で遊んでいるのかと思いつつ、県民健康福祉村に行ってみると、いっぱい人がいるのです。


地図の左上の「+」をクリックして地図を拡大していくと、地図の中心は、公園南東側の遊具に近い駐車場の入り口にあります。
また、家の絵の目印は、西側の新しい複合遊具のすぐ近くにある駐車場の位置にあります。

南東側の駐車場は、線路の方から行く場合、最後には、一瞬だけ武蔵野線の線路に平行に進み、あとは野球場や体育館のある方の公園敷地に沿って進んで行きます。
西側の駐車場は、線路の方から行く場合、線路下をくぐった途端目の前が急に開けます。
と同時に、左手にカラフルな遊具が見え、ほどなく駐車場があります。

アクセスです。
◎電車バス利用の場合
・東武伊勢崎線 新越谷駅西口から朝日バス(七左七丁目行き)に乗り、七左七丁目(終点)バス停で下車、徒歩2分。
  1時間に4本あります。
・東武伊勢崎線 越谷駅西口からタローズバス(浦和美園駅行き)に乗り、出羽農協前バス停で下車、徒歩5分。
  平日限定で1時間に1本ですが、1本も無い時間も有ります。
・東武伊勢崎線 越谷駅西口からタローズバス(県民健康福祉村行き)に乗り、出羽小学校前バス停で下車、徒歩7分。
 1時間に2~4本あります。

◎車利用の場合
東京外環自動車道 草加インターから約15分

施設情報です。
◎常時開園
◎入園無料
◎無料駐車場あり(144台収容)
  西側約30台、北側約50台、南東側約70台収容

◎自販機 グラウンドや体育館のある東側にあり
◎トイレ ・自販機のすぐ近くにあり(管理が行き届いています)
         平日の午前中行った時、綺麗に掃除をしているのを見た事があります。
         女子トイレに、おむつ交換台があります。
     ・公園東側の遊具広場の片隅にあり(但し、簡易トイレで綺麗とは言えません)
 
◎売店 無し
◎授乳室 無し
    西体育館内の係の人に声をかければ、更衣室などが授乳の場として利用できます。
   但し、体育館使用者があくまでも優先なので、できない場合もあります。
   また、体育館内に担当の人がいない場合も利用できません(窓口受け付けは正午までなので)。
   体育館は年末年始(12月28日~1月4日)は休みです。

ベビーカーでの移動は、平坦な公園なのでスムーズです。

出羽公園西側駐車場
出羽公園の西端にある駐車場です。30台くらいとめられます。
無料駐車場だからでしょうか、誰も遊んでいないのに、車は案外とまっています。

西側駐車場から見える遊具
西端の駐車場から遊具のある広場を見た様子です。写真の右と左に遊具が1つずつ見えます。

水路を渡って遊具の方へ
遊具のほうに向かう途中で、写真のような橋を越えます。お世辞にもきれいとは言えない水が流れている水路です。
遊具の向こうがJR武蔵野線の線路になっていて電車が走っています。

遊具広場の脇の広場バスケットゴール
西端の駐車場や遊具広場の隣には、広い芝生の広場があり、広場の奥にはバスケットゴールが立っています(分かりにくいですが、写真の中央付近に小さく写っています)。

左側の遊具
まずは左側に見えた遊具です。写真の左に螺旋形のチューブ滑り台、右には、少しだけ波打った形をした滑り台が付いています。

裏側から見た遊具
遊具を裏から見た様子です。小さい子でも上りやすい階段が付いています。

遊具から見える花壇や奥の駐車場
その階段を上がって見た景色です。大した高さは無いのですが、さえぎる物が無いので奥の方まで見通せます。
写真の中央には大きな花壇があり、細長く奥の方まであります。
この花壇では、毎年4月にチューリップフェスタが開催されます。

この写真は縮小してあるので見えなくなってしまってますが、花壇の更に奥には、池に一番近い駐車場があります。
写真の左側には、JR武蔵野線の線路があり、右側には、もう1つの遊具が見えます。

螺旋形チューブすべり台の脇
螺旋型のチューブ滑り台の裏側にも滑り台があり、脇には梯子を上って上がるようになっています。
梯子が苦手な子の場合、2つ上の写真で紹介した階段を上がって、遊具内のトンネルをくぐると、こちら側に来られます。
こちら側は、更に上に行かれるようになってますが、写真に写っている黄色っぽい梯子を上ります。
すると、チューブ型滑り台の滑り口に到着です。

下り口の蛇の顔
チューブ滑り台を滑りきった所は、ヘビの顔になっています。近づいてみると案外大きいです。

右側の遊具
今度は、右側に見えていた遊具です。ちょっとしたアスレチックも兼ねた部分もあるローラー滑り台です。

階段部分
上がるための階段部分です。この写真は、途中から丸太状になっていて、鎖で繋がれているので足を乗せるとユラユラ揺れます。
この反対側には普通の階段があるので、好きな方から上がれます。

遊具から見える池や体育館
階段を上がって公園の西側を見た様子です。
中央に池が大きくあり、周囲には点々と釣りをする人達がいます。
写真右の緑の屋根は、越谷市立西体育館です。更に、写真右端の緑の壁は、テニスコートです。
このテニスコートの向こう側に、別の遊具広場があります。
直線距離で約200m離れていますし、こちら側からは向こうの遊具が見えないので、この公園にある遊具は、こちらの複合遊具2基だけと思う人もいそうです。

ネット部分
階段を上がりきると、ネットの部分があります。
このネットを歩いて向こう側に行かないと、ローラー滑り台を滑れません。
うちの末っ子は、いつもこのネットを怖がって、滑り台で遊べません。
足が小さくて、ネットの下に足が出てしまいます。

梯子
ローラー滑り台に直接行くには、この梯子を登ればすぐに到着です。但し、うちの末っ子にはこちらも無理です。

ローラー滑り台
ローラー滑り台です。途中から5~6歳の男の子2人が遊びに来て、楽しそうに何度も滑ってたこともありました。

近くにあるスプリング遊具
ローラー滑り台のすぐ近くには、馬のスプリング遊具があります。
遊具の向こう側には、走り去っていく貨物列車が写っています。

西側の遊具の紹介は以上で終わらせ、次は、南東側にある遊具のほうに移動します。

南東側駐車場
南東側にある駐車場です。こちらの駐車場は、公園内で一番広い駐車場です。

駐車場から見える遊具
駐車場から見た遊具のある広場です。
カラフルで大きな遊具が無く、周囲は木々に囲まれていて、テニスコートに隣接しているため、とても地味な印象です。
写真の右隅に写っている小さな建物はトイレです。男女別にも分かれていないような簡易トイレです。
トイレの隣には、何やら遊具が見えています。

ブランコ
その遊具はブランコです。
インディアンらしき人が両腕を真横に伸ばした形をしていて、その下にブランコが4つあります。
写真の後ろには車が並んでいて、駐車場と隣接しているのがよく分かります。

ターザンロープ
こちらも入口すぐ近くにあるターザンロープです。
ブランコと同じように、インディアンらしき人が両腕を真横に伸ばしています。

一番端から見た広場
広場の一番奥から見渡した様子です。
ブランコやトイレは写っていませんが、それ以外の遊具は、何とか写っています。
写真の手前は広い砂場になっていて、写真の左右に1つずつ滑り台が写っています。
各滑り台は、砂場の中に下りるようになっています。右側の物は複合遊具になっています。

複合遊具
複合遊具です。高さの違う3つの尖がった屋根は階段や橋で繋がっていて、行き来できます。
つまり、3つのとんがり屋根は、ぐるぐる回れるようになっています。

梯子
この遊具の階段は、足を乗せる部分が鉄棒なので、小さい子は足もとが不安定になりがちです。
注意が必要です。

複合遊具の裏
複合遊具の裏側から見た様子です。
滑り台は短いですが、傾斜が結構急なので、大きい子は喜びますが、小さい子は結構怖がるので、親がサポートしてあげた方がいいです。うちの末っ子は1回滑ったきり、二度と近付きませんでした。

複合遊具の別側からの様子
複合遊具を更に別の角度から見ました。
こちらの滑り台は、幅は広いですが、ごく普通のすべり台です。
写真の左にある、タイヤが縦に繋がっている遊具は、上にのぼっても、複合遊具内に入れるわけではありません。

滑り台
もう1つの遊具は、滑り台です。
階段で上がる部分と、梯子で上がる部分があります。これなら、小さい子でも遊べます。

西側の遊具を見る
この広場から、公園西側にある遊具が見えます。
でも、向こうからこちらは、木々に隠れて見えないんです。
写真の背景では、貨物列車が走っています。

西体育館と土俵
他に遊具が無いかちょっと散歩してみました。
暑い日は、こんな事はしませんが、寒いと、動いた方が体が温かくなるので、散歩もしやすいです。
駐車場の隣の越谷市立西体育館です。
手前に写っているのは土俵です。
一年前、越谷市で初めての相撲クラブ「越谷相撲鍛心会」ができ、毎週土曜日午前中に稽古をしています。
対象児童は、3歳以上の男女で、1回500円とスポーツ安全保険代がかかります。
隣の草加市にある草加中学相撲部出身で、県大会を連覇し全国大会でもベスト16に入った元選手を中心に指導が行われます。

池と遊具
土俵の前に広がる池(出羽沼)です。
西側の遊具も写っているんですが、縮小した写真だとほとんど見えなくなってしまってます。
他にも、富士山がよく見えてたんですが、写真だと全然分かりません。

富士山
富士山の部分だけ拡大するとこんな感じです。

グラウンド周囲の健康遊具
越谷市立西体育館の裏はグラウンドとなっています。
グランドの周囲にはベンチや健康遊具が点在しています。
ぶら下がったり、飛び跳ねたり、乗っかったり、色々な健康遊具が置かれています。
この写真の中央やや右に大きく木が写っていますが、その木のすぐ後ろに写っている薄いピンク色の建物がトイレです。
この写真を撮った時は、係の人がトイレ清掃中で、かなり丁寧に時間をかけて清掃してました。
さすがに間近で写真を撮るのも気が引けて、遠くから撮りました。
でも、ちょっと遠すぎたようで、よく分からなくなってしまいました。

うんてい
グラウンド周囲にある健康遊具の1つとして置かれている「うんてい」です。
かなり高さがあり、大人用です。

池と駐車場
池(出羽沼)に沿って更に歩いて行くと、池に一番近い駐車場がはっきり見えてきました。
写真の左側が池で、右端の車が並んでいる所が駐車場です。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
にほんブログ村
出羽公園のHPはこちら
越谷相撲鍛心会についてはこちら
関連記事
[ 2011/02/05 09:14 ] 埼玉県の公園,施設 | TB(0) | CM(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hesokurisuki.blog101.fc2.com/tb.php/114-80330089











ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。