スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

檜町公園(東京ミッドタウン隣接のスタイリッシュな区立公園)

檜町公園は、東京都港区赤坂にある区立公園です。
東京ミッドタウンに隣接し、公園から徒歩15分ほどの所には六本木ヒルズがあります。
また、檜町公園から、六本木ヒルズとは逆方向に歩くと、約15分ほどで赤坂サカスに着きます。

檜町公園は、昭和38年に都立公園として開園し、昭和43年に港区立の公園となりました。
平成12年に、檜町公園に隣接してあった防衛庁が市ヶ谷に移転し、跡地は再開発されることとなり、平成19年に東京ミッドタウンが完成しました。
それに伴い、檜町公園も再整備され、立派な東屋のある日本庭園や、芝生広場のスタイリッシュな遊具が登場しました。
公園内から東京ミッドタウンのほうに歩いていても、どこからが東京ミッドタウンの敷地なのか分からないくらい、隣接する東京ミッドタウンと調和しています。
注意して歩いていると、敷地の境界を示す看板が立っています。

檜町公園の名前の由来は、江戸時代ここは毛利家の広大な屋敷があり、邸内には檜の木立が多くあった事から、この周辺が「檜町」と呼ばれていた事からきています。
明治時代に入ると、この敷地は国のものになり、歩兵連隊の駐屯地となりました。
第二次世界大戦直後はアメリカの管理下になりましたが、昭和35年に防衛庁が霞が関から移転してきました。
その後は、先ほど書いた通りです。

檜町公園は、東京ミッドタウンの裏にあり、周辺はオフィスビルに混じってマンションも点在し、とても静かな雰囲気です。
東京ミッドタウンの表通りや六本木駅周辺の人の多さとはとても対照的です。

この公園は、面積約1.4ha(東京ドームのグラウンドと大体同じ広さ)あり、芝生広場と、大きな池のある日本庭園があります。
芝生広場の隅の方には、アート作品のような滑り台やブランコが点在し、ママに付き添われて子供達が遊んでいます。
芝生には、冬に地上部分が枯れる品種が使われています。
ブランコのすぐわきには、水遊びのできる噴水もあるので、ブランコと水遊びと気軽に楽しめます。
但し、この噴水は、水が溜まらない構造になっています。
小さい子の親にとってはとても安心な水遊び場ですが、じゃぶじゃぶ池でバシャバシャ遊びたい子には物足りないことでしょう。

ブランコとすべり台とプレイジムについては、それぞれ「FUJIN かぜのかみさま」,「SANJIN やまのかみさま」,「KAIJIN うみのかみさま」という名前がついています。
これら3つの遊具は、2006年に、東京芸術大卒で現在埼玉大学准教授の高須賀昌志さんによって製作されました。

遊び場と隣接している日本庭園では、スーツを着た男性達がベンチに腰掛けてちょっと休憩したり、散策をしています。
また、外国の人達も頻繁に見かけ、日本庭園内のあちこちで記念撮影をしていました。
多く人がくつろげる憩いの場となっています。

なお、この公園は、2009年4月にあったSMAPの草剛くんの件ですっかり有名になりました。


地図の左上にある「+」をクリックして地図を拡大していくと、今回は、地図の中心も家の絵の目印も、檜町公園の中央に位置してます。

アクセスです。
◎電車バス利用の場合
営団地下鉄日比谷線 六本木駅4a出口から徒歩2~3分
都営地下鉄大江戸線 六本木駅7番出口から徒歩1~2分

◎車の場合
公園には駐車場はありません。
東京ミッドタウンの駐車場の他に、周囲にはコインパーキングが点在しています。

施設情報です。
◎開園時間 午前5時~午後11時()
◎入園無料
◎駐車場 なし(駐輪場だけ)
◎トイレ あり(東屋付近)
    利用時間は午前5時~午後11時、それ以外は施錠
    綺麗な広いトイレですが、おむつ交換台は無し
    東京ミッドタウン内の女子トイレにおむつ交換台あり
◎売店 なし
東京ミッドタウンの表通りを挟んで向かい側にファミリーマートやモスバーガーがあります。

◎自販機 なし

ベビーカーでの移動がスムーズです。

営団地下鉄日比谷線六本木駅4a出口付近から見た東京ミッドタウン
営団地下鉄日比谷線六本木駅4a出口付近から見た東京ミッドタウンです。
一番高い建物は、54階建てのミッドタウンタワーです。
都内では一番高い建物です。
かつて一番高かったサンシャイン60は、これよりも8.4m低い高さです。

都営地下鉄大江戸線六本木駅7番出口前交差点東京ミッドタウン前
すぐ上の写真から少しだけ歩いたところの様子です。
都営地下鉄大江戸線六本木駅7番出口前にある「東京ミッドタウン前」交差点です。
檜町公園には、色々な行き方があり、ミッドタウンの建物内を通って行く事もできます。
この時は、とりあえず、この写真の交差点をミッドタウンに向かって渡り、写真右下のほうに歩いて行きます。

坂「檜坂」を下りる
すぐ上の写真の続きです。
道は、ミッドタウンの敷地に沿って下り坂(坂の名前は檜坂)になっています。
周辺はマンションも多く、住宅地の静かな雰囲気もあります。

檜町公園入り口付近
坂を下りきって直ぐ左側に、檜町公園入り口があります。
よくある広めの児童公園の入り口のような感じです。
左側にはミッドタウンの建物があり、右側は日本庭園の木々が茂っています。
私が行ったのは11月末でしたが、紅葉がとても綺麗でした。

右手に見える池
公園内に入って少し歩くと、右側に日本庭園の池が見えてきます。
小川が流れる音もします。

左手を見上げると
そして、左側を見上げると、東京ミッドタウンの高層ビルがそびえ立っています。

遊具のある広場が見えてきた
更に歩くと目の前が開けてきて、赤い遊具が点在しているのが見えてきます。
滑り台は、遠くから見るとオブジェに見えます。

後ろを振り返ると東京タワー
後ろをふと振り返ると、東京タワーが見えます。
写真中央の白い建物の上から、東京タワーのてっぺんの部分が見えてます。

日本庭園内の通路
日本庭園のほうに行ってみました。
大きな池があり、その周囲には木々が植えられています。
日本庭園内の通路は、舗装されたり、敷石で覆われていて、段差もほとんど無く歩きやすいです。
所々にはベンチも置かれています。

池と東屋
池と東屋です。非常に紅葉が綺麗で、あちこちで写真を撮っている人がいました。
この写真ではよく分からないですが、東屋にはずらりと人が座ってくつろいでいます。

滑り台正面
日本庭園から出て遊具のほうに行きました。
遠くから見るとオブジェに見えますが、これは滑り台です。
「SANJIN やまのかみさま」という名前がついていて、卍の紋をイメージしています。
赤い所が階段になっていて、黒い所が滑る所になっています。

波型になった滑り台
滑る所が波型にうねっています。もう一方の滑る所は、うねりはありません。

ブランコ
ブランコです。こちらもスタイリッシュなデザインです。
「FUJIN かぜのかみさま」という名前がついていて、源氏香をイメージしています(源氏香についてはこちら参照)。
写真左側は一般的な2つのブランコがあり、右側の1つは、赤ちゃんが乗れるようにイス型になっています。

プレイジム
プレイジムです。
「KAIJIN うみのかみさま」という名前がついています。
たなびく波と雲の立ち沸くさまをイメージしています。

バスケットボールのゴールコート
ブランコの近くにはバスケットゴールがあり、周囲はフェンスで囲まれているので、ボールが遠くに転がっていかずに済みます。

水遊びできる噴水
こちらもブランコのすぐ近くにあります。
水のたまらないタイプの噴水で、暑い日は子供達の水遊び場になります。
寒い日でも水が出ていますが、さすがに遊ぶ子はいませんでした。

遊具の前を行き交う人達
遊具から離れて、ミッドタウンタワーのほうに歩き始めました。
遊具から離れたところで、もう一度遊具のほうを見ました。写真左側に赤い遊具が見えています。
公園周囲をぐるっと歩かずに、公園のランニングコースを通り道として人が行き交います。
公園内にはランニングコースが整備されています。

境界線
東京ミッドタウンと港区の境界線を示す看板が立っています。
看板の脇にはチェーンで仕切られています。
写真の右隅に、ほんの少しだけ赤いものが写っていますが、滑り台の一部です。
看板の大体の位置が分かるように、敢えて滑り台の一部を写しておきました。

イルミネーション「スターライトガーデン」会場
東京ミッドタウンのイルミネーション「スターライトガーデン」の会場です。
前の記事でイルミネーションについては紹介しましたが、この写真は昼間の会場の様子です。
誰もいず、とても静かです。

スターライトガーデン前の街路樹
スターライトガーデン会場脇の街路樹です。
夜は、街路樹のイルミネーションも綺麗に輝きます。

東京ミッドタウンタワー内を通って帰る
帰りは、ミッドタウンタワー内を通って表通りのほうに出てきました。
公園内の静寂とは打って変わって多くの人通りがあります。

最後に、前回の記事に載せた写真と同じ時に撮った写真を載せておきます。

檜町公園から見る東京タワー
ピンボケの写真で申し訳ないです。
檜町公園から見える東京タワーです。ライトアップされているので、昼間より夜のほうが目立ちます。

檜町公園夜のブランコ
檜町公園のブランコの夜の様子です。照明がついていて、ライトアップされています。
滑り台はライトアップされてませんが、隣接するスターライトガーデンの明るさで十分に遊べました。
公園内の人通りも昼間と同じくらいあり、遊具で遊ぶ子達もいました。

滑り台については、デザイン上、公園内を歩く人達の目に付かない部分もあるせいか、うちの子供達が4人ワーッと遊びに行ったら、一組のカップルがイルミネーションを堪能中でした。
子供達が、「滑り台の裏に男女の不審者が2人いて危険だ」と真顔で言ってました。
大人には普通のカップルにしか見えなくても、子供目線では不審者なのでしょう。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
にほんブログ村

檜町公園のHPはこちら(東京ミッドタウンのHPの一部です)
港区のHPには、区内の公園として名前が書いてある程度で、参考になるような記述は何もありません。
こちらも参考になります(六本木ヒルズ・赤坂・虎ノ門周辺のタウンガイドです)。
関連記事
[ 2010/12/28 22:04 ] 東京都の公園,施設 | TB(0) | CM(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hesokurisuki.blog101.fc2.com/tb.php/113-ac85ebeb











ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。