スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

利根川ゆうゆう公園(予約無し無料でバーベキューとオフロード自転車)

利根川ゆうゆう公園は、千葉県我孫子市の利根川河川敷にあります。
2001年に国土交通省と連携して工事が始まり、2008年に公園整備が完了しました。

公園は、利根川の流れに沿って約4.5kmにわたり、総面積約86haと広大な面積があります。
公園敷地内は、4つのゾーンからなり、特に公園中央部にあるスポーツゾーン(面積約21ha)とファミリーレクリエーションゾーン(面積約21ha)は、週末や祝日を中心に、多くの人達で賑わいます。
約4.5kmの長い公園であるので、公園内を移動する場合は、車でするのが理想です。
どの施設の前にも駐車場があるので、試合などで混んでいる所があったとしても、少しずれれば駐車スペースは有るので、満車の心配はほとんどありません。
なお、利根川の河川敷にある公園のため、雨が続くと水没してしまうこともあります。

スポーツゾーンには、野球場とサッカー場がそれぞれ一般用と少年用に分かれていて、全てそれぞれに2面ずつあります。
また、この公園は我孫子市にありますが、利根川を挟んで向こうにある茨城県取手市も、千葉県我孫子市との公共施設相互利用により、我孫子市民と同じ料金で利用できます。
我孫子市と取手市は、互いの公共施設を互いの市民が同等に利用できるようになっています。

また、ファミリーレクリエーションゾーンは、デイキャンプ広場が中心となっていて、その近くに木製遊具が置かれ、隣りにはオフロード自転車コースがあります。
デイキャンプ広場には、野外卓12基やバーベキューサイト9基、キャンプファイヤーサークルがあり、洗い場や簡易トイレもあります。
ここの広場利用は、予約も使用料も無く、好きな時に自由に利用できます。
全て自分達で用意できるのなら、とても便利な場所だと思います。
この広場には遊歩道が整備されていて、犬を連れて散歩する人もいれば、三輪車や自転車に乗る子どもたちもいます。
また、木製遊具が複数置かれていて、そこで遊ぶ子達もいます。
但し、この遊具は簡素なものなので、滑り台やブランコなどは一切ありません。

私の場合は、バーベキューにはそれほど興味無いのですが、下の子達だけを連れて外出の機会があったので、その時に利根川ゆうゆう公園に行ってみました。
遊具に関しては、大型遊具で遊ぶのが好きな小学生にとっては、とても満足できるものではないと思います。
小学生の場合は、自宅からボールやバドミントン、自転車などを持ってきた方がいいです。
あとは、凧揚げをしている子がチラホラいました。

そして、この広場は、東屋等の日よけとなる場所が一切ないので、真夏は日よけ対策が必要です。

また、オフロード自転車コースも、予約も使用料もありません。
土日祝日と春休みと夏休みについては、マウンテンバイクとヘルメットと防具を無料で借りられます。
練習広場,初級コース,上級コースと分かれているので、自分に合った場所で楽しめます。
補助輪付きの子ども自転車もあります。

なお、公園の両端は、自然観察ゾーンと自然緑地ゾーンとなっていて、自然保存の立場で管理されています。
自然観察ゾーンには、ビオトープやウオッチング広場等が整備されています。


より大きな地図で 利根川ゆうゆう公園 を表示
地図の左上にある「+」をクリックして地図を拡大していくと、複数の目印が付いています。
目印の上にカーソルを移動してクリックすると、簡単な説明が出ます。

初めて行く人の場合、利根川の上流から下流に向かって車を走らせ、市民体育館付近から入るのが一番分かりやすいです。
ここは、公園の名前が縦長に大きく書いてあり、入口の表示がしてありました。
他の道は、そもそも公園への道なのかよく分かりませんし、土手に沿ってある県道170号を走っていても、土手が高く盛り上がっているため河川敷の様子は全く見えません。
そのため、はっきりと表示がある場所から入った方が安心でしょう。

アクセスです。
◎電車バス利用の場合
JR成田線 湖北駅から市民バス(あびバス)「新木ルート」に乗り、「みずき作業所」バス停下車。
但し、バスの本数が少なく、一時間に1本も無い時間帯も。

成田線は、いまだに駅舎が無い無人駅(東我孫子駅)もあり、沿線の各駅ともに駅舎の建て替えなどが行われつつありますが、昔ながらの田舎の風景が残っています。

◎車利用の場合
常磐道 柏インターから約20㎞,国道16号の混み具合によっては1時間くらいかかる可能性も。

公園に近づいてきたら、最後には、利根川の土手に沿ってある県道170号(我孫子利根線)から土手を乗り越えて河川敷に下りなければなりません。
そのため土手に上がり河川敷に下りて行く道が、市民体育館付近、終末処理センター付近、乗馬クラブ付近の3ヶ所にあるのですが、車が一台通れる程度の細い道のため、車で入るにはちょっと勇気がいりました。
対向車が来た時はどうしようとか、公園への入り口と思いきや行き止まりになっていて、元の道(県道170号)はそれなりに交通量があるので戻るに戻れない事になったらどうしようとか、色々な不安がよぎって、なかなか入れず、結局、私はそのまま公園を通り過ぎてしまい、我孫子市から茨城県取手市になった所でローソンがあったので、そこの駐車場からUターンして再チャレンジしました。

つまり、私の場合、当初は利根川の下流から上流に向かって車を走らせてたのですが、これではとても公園に入りにくい事が分かりました。
対向車があるのは仕方ないとしても、もし万が一、土手へ上がっていく道に入ったものの、実は途中で行き止まりになっていたなんてことが場合、そのままバックして元の道に戻ったとして、元の車線に戻る事は更に難しいと思ったのです。
そりゃ、車の列が途切れるのを待てばいつかは戻れるだろうけど、その間ずっと心中穏やかじゃないと思うのです。
なんで、こんなことに拘るかというと、土手へ上がっていく道のように見えても、途中に柵が立っていて途中から進めなくなっている道も見えたからです。
また、公園の駐車場へ向かう道なのかどうかという表示も無いように見えました。

公園を通り過ぎてしまったので、土手からすぐに入れるローソンでUターンして、今度は、それまでとは逆向きの上流から下流に向かって走りましたが、公園へ上がっていく道がとても分かりやすく感じました。
しかも、それまでの走り方のままスーッと土手に上がっていけます。

結局、私は、市民体育館付近から入って、やっと河川敷に下りました。
ここには、公園の名前が縦長に大きく書いてあり、入口の表示がしてありました。
河川敷に下りたその場所はスポーツゾーンです。
あとは、自由に行きたい所に進めます。

施設情報です。
◎常時開放
◎入園無料(野球場とサッカー場は要予約で有料)
◎無料駐車場 あり(デイキャンプ広場50台,オフロード自転車コース付近102台)
       スポーツゾーンでも同じですが、公園内河川敷を通っている道に沿って、駐車場は点在しています。
◎自販機 無し
◎売店 無し(飲食物は事前に調達する必要があります。)
    周辺にお店は有りません。
    一番近くても、私がUターンに利用したローソンくらいです。
◎トイレ あり(おむつ交換台無し)
◎授乳室 無し
     ほぼ100%の人達が車で来られているようなので、授乳は車内で済ませるか、テントを張っている場合は、テント内で授乳を済ませているのでしょう。

ベビーカーでの移動は、河川敷ですので楽です。
ただ、雨が降っていた日が近い場合は、ぬかるみや水たまりに注意です。

利根川水郷ライン(県道170号我孫子利根線)
利根川河川敷にある利根川ゆうゆう公園に行くには、利根川の土手に沿ってある県道170号我孫子利根線を通ることになります。
この写真がその道路で、写真左側が利根川の土手になっていて、写真右側は、道路より低い位置に田畑が広がっています。
公園に行く場合は、左側の土手を上る道に入って行き、上がりきったら今度は、そのまま河川敷に下りて行きます。

土手を下りる道
土手を下りてくる車が写ってます。
この道を下りきると河川敷です。利根川ゆうゆう公園に到着です。

土手を下りた道
写真のような道がずっと伸びていて、目的の場所に車で移動できます。
一方通行の道ではないので対向車が来ると、お互いに譲り合いますが、ほとんどの部分では、道から多少はみ出ても、平坦な芝生なので特に問題無いです。
写真のように、駐車場は、河川敷にまっすぐ伸びている道に面していて、公園内に点在しています。

入って来る道
木製遊具がある場所は、ファミリーレクリエーションゾーンで、デイキャンプ広場にあります。
ここの駐車場は、先ほどの道に面してなくて、写真のように駐車場に入って来る道に分かれます。
一方通行ではないので、この駐車場から出て行くことも可能です。

出て行く道
すぐ上の写真を撮って後ろを振りむくと、元の道に戻れるようになっています。
一方通行ではないので、この駐車場に入ってくることも可能です。

トイレ
駐車場の中央付近には、簡易トイレがあります。

駐車場前の遊歩道
ファミリーレクリエーションゾーンの駐車場前には、芝生広場が一面に広がっていて、その中を遊歩道があります。
所々で、バーベキューをしている人達がいます。
全て自分達で準備できることを前提に、予約無しで、しかも無料で、自由にバーベキューができます。

駐車場と遊歩道の間
駐車場と広場のしきりは、木製の杭が定間隔に打たれています。
駐車場と遊歩道の間はそれなりに広さがあり、あちこちでバーベキューをしている人がいます。

ファミリーレクリエーションゾーンの案内図と水道
遊歩道を挟んで、こちら側には水道があり、向こう側(利根川寄り)には、ファミリーレクリエーションゾーンの案内図があります。

ファミリーレクリエーションゾーンの案内図
ファミリーレクリエーションゾーンの案内を拡大したものです。

木製遊具の様子
ファミリーレクリエーションゾーンの案内図の更に向こう側には、木製遊具が点在しています。
どれも低い木製遊具なので、河川敷を走っていても見落としてしまいそうです。
私は、最初ここを通った時、車内から遊具を見つける事ができず、通り過ぎてしまいました。
一通り、公園の端から端まで走って見て、どこにも遊具が見つからなかったため、一番遊具がありそうなデイキャンプ広場に再度戻って、駐車場に車をとめて、もう一度見渡したところ、真正面の少し離れたところ木製遊具があることに気が付きました。

木製遊具説明図
木製遊具の説明です。

丸太渡りなど
すぐ上の説明図の左側から見ていきます。この写真は、丸太杭渡りと丸太渡りです。
この日は、雨が上がって3日目でしたが、それまで続いていた雨降りの影響で、所々水たまりが残っていました。
この遊具周辺は特に水たまりが多く、小さい子は遊べませんでした。
水たまりに落下するスリルを味わいたい小学生が時々遊んでました。

山あり谷ありと馬跳び
こちらは、写真左側から「山あり谷あり」と馬とびです。
馬とび周辺も水たまりがあり遊べませんでしたが、「山あり谷あり」では小さい子達が入れ替わり立ち替わり遊んでました。

山あり谷ありと築山
「山あり谷あり」の近くには築山が2つあります。それほど高くないので小さい子も遊べます。

築山
築山に上って遊びました。

雲のネット
「雲のネット」という遊具ですが、雑草がたくさん生えていて、ネットがほとんど見えてません。
雑草の隙間から辛うじて見えているネットは、土に埋もれ気味で、ネットの上を歩いている感覚は全くありません。

斜めの道
「斜めの道」という名がついていて、少し傾斜のある木の道です。奥に見えるのは「ほふく前進」という遊具です。

ほふく前進
「ほふく前進」という遊具です。
大きい物と小さい物があって、本当にほふく前進しなければならないのは小さい方です。
うちの2才児は、大きい物の方は、少し腰をかがめて普通に歩いてました。
所々でネットが破れているため、そこから顔を出して遊べました。

ヨシ原迷路
木製遊具のある場所の利根川寄りには、背丈の高い草がうっそうと生い茂っています。
その背丈の高い草が生い茂っている一部に、草が綺麗に除去されている所があり、こんな看板が立っています。
「ヨシ原迷路」となっているのです。
すぐ上の写真の左側にあります。

ヨシ原迷路のの中
ヨシ原迷路の中の様子です。
この場所は利根川にだいぶ近づいてきているせいか、あちこち水たまりだらけでした。
そんな状況では、親子で靴がずぶ濡れになるのは目に見えていたので、迷路は断念しました。
ちなみに、よく目を凝らして地面を見てみると、ミミズだらけでした。

オフロード自転車コース
デイキャンプ広場に隣接して、オフロード自転車コースがあります。
自転車(マウンテンバイク)は無料で借りられますし、補助輪付きの自転車もあります。
バーベキューをしてても木製遊具で遊んでいても、自転車に乗っている人達の姿が遠くに見えてます。
なお、オフロード自転車コース前には、舗装されている駐車場があります。

スポーツゾーン
ファミリーレクリエーションゾーンの遊具の場所が分からずにウロウロしている最中、ついでに撮った写真です。
ファミリーレクリエーションゾーンの隣にあるスポーツゾーンの案内板です。

サッカーする少年達
多くの小学生達がサッカーをしていました。付き添いで来た親達もたくさんいて、だいぶ賑わっていました。
写真右に見える大きな黒っぽい屋根は、我孫子市市民体育館です。

水没した野球場
一方、野球場は水没していて利用できない状態でした。

修景広場
スポーツゾーンにある「修景広場」という広場です。

たこあげ
「修景広場」の近くで凧揚げする人達です。
デイキャンプ広場でも、凧揚げをする人は見かけました。
電線が無いし周囲に何も無いので、凧揚げをするにはちょうどいい公園だと思います。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
にほんブログ村

利根川ゆうゆう公園のHPはこちら
関連記事
[ 2010/11/06 05:35 ] 千葉県の公園,施設 | TB(0) | CM(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hesokurisuki.blog101.fc2.com/tb.php/102-3a7bf792











ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。