スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

みさと公園 (船型の大規模木製複合遊具と新しいカラフルな複合遊具)

みさと公園は、埼玉県東部の三郷市にある県営公園で、東京や千葉県と接している地域にあります。
埼玉県南東部の防災活動拠点として、憩いの場として、昭和59年に開園しました。
面積約17haの広さを持ち、自然観察園、運動場、ジョギングコース、花木園、バーベキュー広場、アスレチック遊具がある「子供の砦」、広い芝生広場がある自由広場などがあります。
木陰も所々にあり、テーブルやイスも所々に置かれています。
また、広場ではレジャーシートや簡易テントを広げてくつろぐ人も多いです。          

みさと公園は、「小合溜井(こあいだめい)」という江戸川と中川に挟まれた水辺に沿って細長い形の公園になっています。
溜井は、江戸時代に作られた遊水地で、大雨の時に洪水にならないように水の量を調整する役割を持っていました。
また、水田の水としても利用されていました。
江戸時代には、洪水から江戸の町の主要部を守るために、周辺に遊水地が設けられ、江戸の町の主要部が洪水にならない代わりに、遊水地周辺が被害に頻繁に見舞われる状況になっていました。
「小合溜井(こあいだめい)」も、そのうちの1つとして現存しているものです。
「小合溜井(こあいだめい)」を挟んで対岸には、都立水元公園があります。
水面には多くのユリカモメがいて、誰かが餌をまくたびに群がってきます。

この公園に初めて行った昨年、何も調べずに行ったものだから、遊具のある広場がどこにあるか分からず、とりあえず目に付いた駐車場入り口から入ってしまいました。
その結果、遊具のある場所にすぐにはたどり着けず、親子5人でさまよってしまいました。

駐車場は、細長い公園に沿って細長くあるので、できる事なら、目的の場所に一番近い所にとめたいものです。
みさと公園の場合は、屋根付き広場の緑色の屋根が目に付くと思うので、その屋根に向かって右の駐車場(第1駐車場)に止めると、自由広場の遊具が正面に見えます。

「子供の砦」には、複数の遊具がありますが、一番目立つものは、船をモチーフにした大きな複合遊具「それ行けたんけん隊」です。
複数の滑り台があり、木製の部分も多く、アスレチックの要素が多分に感じられます。

また、一番大きなローラーすべり台には、スピードが出過ぎないように途中で平らになっていて、小さい子でも楽しめます。
2009年、1才だった末っ子は、遊具に全く興味を示さず、私とお散歩するだけでしたが、1年ぶりに行ったところ、2才になった末っ子は、一番大きなローラー滑り台にも興味を示し、私と一緒に何度か滑りました。
そして、5歳になった今では、何度も繰り返し、列に並んでは滑っていました。

他にも、ブランコや滑り台がある小さい子向けの遊具もあります。

そして、平日の午前中に行った時は、バッテリーカー乗り場にはバッテリーカーが3台置かれていて、100円玉を入れると動くようになっていました。しかし、誰も利用していませんでした。
その後、日曜日の午前中に行ったところ、バッテリーカー乗り場には、10台くらいのバッテリーカーが出ていて、その車にも子供達が乗っていて、とても賑わっていました。

また、子供の砦のローラー滑り台を滑り下りた所から少し離れた所に、健康遊具が新しく設置されました。

さらに、2013年には、これまであった「わんぱくハウス」という木製複合遊具が撤去された後に、「こどもの砦」というカラフルな複合遊具が設置されました。
この複合遊具は、赤ちゃん向けの小さなものではなく、小学生でも楽しめる規模のものです。
ただし、高学年くらいになると、こどもによっては物足りなく思うかもしれません。

なお、バーベキュー広場は予約制になっていて、「埼玉県公共施設予約案内システム」から行います。

更にこの公園について、一言付け加えますと…
みさと公園は、毎年7月にホタル観賞のイベントを行っています。
その年によって日にちは違うので、公園のHPで確認が必要です。

この記事は、2010年11月13日に投稿した記事ですが、新たに書き加えや修正をしました。


より大きな地図で みさと公園 を表示
地図の左上にある「+」をクリックして地図を拡大していくと、複数の目印が付いています。
目印の上にカーソルを移動してクリックすると、簡単な説明が出ます。

アクセスです。
◎電車バス利用の場合
・JR武蔵野線 三郷駅南口からマイスカイバス「金町駅行き」に乗り、「みさと公園」バス停下車、徒歩1分。
・つくばエクスプレス 三郷中央駅からマイスカイバス「金町駅行き」に乗り、「みさと公園」バス停下車、徒歩1分。
なお、マイスカイバスは京成タウンバスと共同運行してます。
・京成電鉄,営団地下鉄千代田線,JR常磐線 金町駅(南口)から上記と同じ会社のバス「三郷駅行き」または「三郷中央駅行き」に乗り、「みさと公園」下車 徒歩1分。

◎車利用の場合
外環道三郷南インターから10分足らず。

施設情報です。

◎常時開放
◎管理センター 午前9時~午後4時 
        毎週月曜日(祝日の場合は翌日)と12月29日~1月3日休み

◎入園無料
◎駐車場 (第1駐車場 118台収容 第2駐車場 214台収容)
     4月1日~10月31日午前8時半~午後7時
     11月1日~3月31日 午前8時半~午後5時半
     平成17年4月から有料になりました。1時間200円、以後30分ごとに100円です。

◎トイレ あり(船型の大型遊具すぐ近くの障害者トイレにだけおむつ交換台があります。)
◎売店 無し(徒歩5分くらいの所にセブンイレブン)
    休日だけ移動販売車で軽食販売
◎自販機 あり(バッテリーカー乗り場の近く、屋根付き広場)
◎授乳室 無し
ベビーカーでの移動はスムーズです。

みさと公園駐車場
みさと公園第1駐車場です。この写真を撮ったのは平日の午前9時半ごろです。
まだあまり人はいませんでしたが、お昼前には、親子の姿だけでなく、散歩やジョギングをする人達も結構多く見られました。
また、犬の散歩をする人達も見かけます。
赤ちゃんからお年寄りまで多くの人達が利用している公園です。

芝生広場が臨時駐車場に
よく晴れた秋の日曜日午前中の様子です。
第1駐車場、第2駐車場ともに、昼前に満車になったため、係の人が、普段芝生広場になっている所へ車を誘導していました。芝生広場は、あっという間に駐車場になっていきました。
写真の奥に見えるのは、屋根付き広場です。

駐車場から見える子供の砦
駐車場から園内を見た様子です。
駐車場からは、「子供の砦」の滑り台や木製遊具が見えています。子どをも連れて遊具で遊ぶなら、第1駐車場が絶対お勧めです。
この写真は2010年秋の写真です。
現在は、写真の木製複合遊具は撤去され、カラフルな新しい複合遊具が置かれています。

みさと公園地図
みさと公園の案内図です。
水辺に沿って細長い公園である事が分かります。

子供の砦
第1駐車場前にある遊具のある広場は「子供の砦」という名前が付いています。
複合遊具が複数あります。
小さい子でも遊べるすべり台やブランコなどもあります。
一番大きな遊具は、大きな船型をした「それ行けたんけん隊」です。

わんぱくハウス
「わんぱくハウス」という木製の複合遊具です。
うちの長男は3才の時でも1人で遊んでいたので、幼稚園児以上なら余裕を持って遊べると思います。
でも、2才娘はいまだに遊べません。
滑り台に上がる階段が段差が大きく隙間もあるため、娘は怖がって遊ぼうとしません。
なお、現在は、撤去され別の遊具になってます。

わんぱくハウス横から見た様子
「わんぱくハウス」を横から見た様子です。裏にも丸太の階段があります。
現在は、撤去され別の遊具になってます。

よちよち歩き
「よちよち歩き」という遊具です。
アスレチックによくありそうなものです。
現在は、撤去され別の遊具になってます。

かつてあった木製遊具は、老朽化のため撤去され、2013年には以下のようなカラフルな複合遊具「こどもの砦」が設置されました。
新しい遊具「こどもの砦」周辺の様子
少し離れた所から、新しい遊具が置かれている広場を見た様子です。
中央に新しい複合遊具があり、その周辺には、シーソーや動物の形をしたスプリング遊具、テーブルやイスが点在しています。
写真の左奥に見えるのは、以前から子供達に人気のローラー滑り台です。

複合遊具「こどもの砦」
新しい複合遊具「こどもの砦」です。
カラフルで、滑り台が多く、近づいてみると案外大きい遊具である事に気づきます。
以前からある船の形をした大型の木製遊具やローラー滑り台も合わせて、更に子供達が楽しめる公園となりました。

遊具入り口の部分拡大
もっと遊具に近づいて、遊具に上がる部分を見てみます。
写真左側のスロープや、写真右側のステップがあります。
スロープは、遊具の傾斜としてはちょうど良く、つかまる部分もあります。
ステップも、ちょうど良い段差で、小さい子でも手足を使って上手に上がっていました。
小さい子の中には、親と一緒に遊具に上がっている子もいました。

はしご部分
左右には、2人同時に滑る事ができる滑り台がありますが、その間にある小さい梯子です。
この梯子を上がると目の前は吊り橋になっていまが、左右に行く事もできます。

裏側から見た様子
別の角度から見た遊具の様子です。
少し高い梯子がかかっています。

更に別の角度から見た様子
更に少しずれて別の角度から見た遊具の様子です。
写真左にチューブ型の滑り台があります。
この遊具には、いくつかの滑り台がありますが、どれも形が違うので、子ども達は飽きることなくずっと遊んでいます。

階段部分の様子
チューブ型のすべり台横には小さな階段がついています。
この階段は、小さい子が遊具に上がるのに重宝します。

更に別角度から見た様子
更に別の角度から見た遊具の様子です。
低く幅の広い滑り台がついています。

「こどもの砦」周辺にはスプリング遊具とシーソー
写真左側には、複合遊具の周辺にある動物のスプリング遊具とシーソーがあります。

「こどもの砦」近くにあるブランコ
1つ前の写真を撮った場所から、別の方向を見た様子です。
写真の右奥には、築山の斜面を利用したローラー滑り台が見えています。
また、写真の右隅には、真新しいブランコがあります。

ブランコ
かつてここには木製の遊具がありましたが、今は真新しいブランコが置かれています。
2人しか遊べないので、混雑している日曜日は、順番待ちする子ども達が常にいました。
順番が回ってきて、ようやく乗れたとしても、次に待っている子達の視線が気になり、のんびり遊べる雰囲気じゃありません。
どんより曇っている日や平日など、人が少ない日に行くと、遊びやすいです。

ゆらりんこ
撤去されずに残されている木製の複合遊具「ゆらりんこ」です。
ブランコと滑り台があり、滑り台に上がる階段は小さい子でも上りやすいものです。

ゆらりんこ別の角度から
「ゆらりんこ」を別の角度から見ました。
全く別の遊具に見えます。

新設された健康遊具
遊具のある広場に沿ってジョギングコースになっている道があります。
その道沿いには、健康遊具が設置されています。
写真の右には車が写っていますが、この写真を撮った日曜日には、移動販売車が2台来ていました。
ファーストフードやソフトクリームなどが売ってました。

ローラー滑り台
広場の中央にあるローラー滑り台です。
このローラー滑り台は、途中で一旦平坦になりスピードが落ちるようになっています。

ローラー滑り台に並ぶ人達の行列
混雑している日曜日、ローラー滑り台の滑り口の様子です。
長い行列ができていますが、案外、列の進みは早いです。

ローラー滑り台上から見た様子
ローラー滑り台の上から見下ろした様子です(2010年夏)。
滑り下りた所には、木製遊具が点在しています。
傾斜はそれほど急ではありません。
現在は、新しい複合遊具ができたため、以下のような光景です。
ローラー滑り台から見下ろした様子
ローラー滑り台からの滑り口付近から見下ろした様子です。
木製複合遊具に変わって、真新しくカラフルな複合遊具が置かれています。

それ行けたんけん隊
ローラー滑り台の滑り口のすぐ近くには、「それ行けたんけん隊」という一番大きな船型をした複合遊具があります。
この写真は、「それ行けたんけん隊」案内図です。この遊具の中に、多くの遊具が含まれています。
この写真には載ってませんが、写真の右方向に、上で紹介したローラー滑り台があります。

「それ行けたんけん隊」のローラー滑り台に近い部分
すぐ上の案内図の13番付近から見た様子です。
一番大きなローラー滑り台のほうに行こうとしたのですが、隙間が大きかったり、足元が揺れたりで、2才娘は怖がってできませんでした。

すぐ上の写真の右側
すぐ上の写真の更に右側の様子です。案内図の14番と15番の遊具が写っています。

ロングネットクライム
いっぽう、ローラー滑り台の向かって左側の様子です。
ロングネットクライムという遊具(案内図の8番)が斜面にあり、これを上ると、ローラー滑り台や「それ行けたんけん隊」で遊べます。

ローラー滑り台の向かって左側奥の様子
ロングネットクライムの更に奥の様子です。
撮影した角度が良くなくて、遊具が重なって写ってしまって分かりにくくなってしまいました。
「それ行けたんけん隊」案内図の8~10番が写っています。

チューブスライダー上から見た船の様子
すぐ上の写真の左奥に写っているローラー滑り台の写真です。
このローラー滑り台の滑り口に行く途中で隙間が大きく空いていたりして、2才娘は行けませんでした。

ローラー滑り台とは反対側から見た様子とバッテリーカー
ローラー滑り台と正反対側にあるバッテリーカー乗り場です。
「それ行けたんけん隊」の案内図で2番3番付近です。
バッテリーカーが3台置かれていて、100円玉を入れると動きますが、平日午前中だったので、誰も人はいませんでした。

混雑しているバッテリーカー
同じバッテリーカー乗り場の、日曜日昼間の様子です。
バッテリーカーは10台くらいありましたが、どの車にも子ども達が乗っていて、車が空くのを待っている子達もいました。
写真の奥には、何やら混雑している様子が見えますが、バーベキュー広場です。
バーベキュー広場も大混雑で、常に肉を焼くいい香りが漂っていました。

バッテリーカー近くのチューブスライダー
すぐ上の写真に写っている白っぽいチューブスライダーの様子です。
滑り台に上がる階段が、小さい子には段差が大きいかもしれませんが、何とか上ってました。

斜面に沿って続く遊具
バッテリーカー乗り場付近から、築山の斜面を見上げた様子です。
斜面に沿って木製の遊具が続いています。
遊具の丸太の間から少し見えている白っぽいチューブスライダー付近から、木製遊具のほうへ降りる大きなローラー滑り台に行こうとしたのですが、隙間が大きかったり、足元が揺れたりで、2才娘は怖がってできませんでした。
しかし、その後5歳になり、ゆっくり足元を確かめつつ遊具内を移動できるようになりました。

ジョギングコース
遊具のある広場に沿ってジョギングコースになっている道があります。
散策する人や自転車に乗っている人などもいます。
写真の右側奥に見える白い建物はトイレです。
このトイレは、バーベキュー広場と「子供の砦」の間にあり、おむつ交換台のある障害者用トイレがあります。
おむつ交換台のあるトイレはここだけです。

すぐ上の写真の左側に広がる自由広場
ジョギングコースを挟んで、遊具のある広場の向かいには、大きな芝生広場が広がっています。
多少の起伏があるので見えませんが、この広場の向こう側には「小合溜井(こあいだめい)」があります。

バーベキュー広場
バッテリーカー乗り場のすぐ隣にあるバーベキュー広場です。
平日午前中なので誰もいません。
日曜日の大混雑がウソのようです。

展望台
「子供の砦」からバーベキュー広場を抜けると展望台があります。

展望台からの様子
展望台からの眺めです。「子供の砦」の方向は木々が生い茂って何も見えませんが、別の方向では、視界が開けていて建設中のスカイツリーが良く見えました。
この写真の中央付近の遠くに、小さい棒状のものが写っていますが、それがスカイツリーなのですが、随分小さくなってしまい、ほとんど分かりません。

屋根付き広場
こちらは、みさと公園中央付近にある屋根付き広場です。
第1駐車場と第2駐車場の境目付近にあり、緑色の屋根が目立ちます。
写真左側には、時計塔が写っています。
平日に撮った写真なのでとても静かでしたが、この辺一帯は、休日にはフリーマーケットが行われたり、親子が遊んだりと賑わいます。

水上テラスから見た水元公園
屋根付き広場や時計塔からまっすぐ水辺に向かって歩くと、間もなく水上テラスがあります。
床と水面がほとんど同じ高さにあり、大雨が降ったら水没するのでは?と思えるくらいです。
その水上テラスの真向かいには、水元公園のレストラン「涼亭」がすぐ近くに見え、水元公園を歩く人達の様子もよく見えます。
この写真は、水辺に沢山いるユリカモメに餌をあげ始めた人がいたため、ユリカモメがその人に群がっているところです。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
にほんブログ村
みさと公園HPこちら
スポンサーサイト
[ 2013/11/24 18:20 ] 埼玉県の公園,施設 | TB(0) | CM(0)









ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。