スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

柏ふるさと公園(ミニアスレチックと花見ができる芝生広場)

柏ふるさと公園は、千葉県柏市にある市立の公園です。
かつては水田が広がっていた場所に、平成2年3月31日に開園しました。

柏市と我孫子市の境に沿って東西に細長く広がる手賀沼の西端にある公園で、約200本の桜の木があり、ミニアスレチック広場や芝生広場があります。

手賀沼の西端にあるといっても、手賀沼に面しているわけではなく、手賀沼に流れ込んでいる大堀川の河口付近に面しています。
大堀川沿いには、川に沿って河川敷が広がり道が整備されています。

この道は、県立手賀沼自然ふれあい緑道と呼ばれ、散策だけでなくサイクリングも楽しめるようになっていて、県道我孫子流山自転車道路が併設されています。
県道我孫子流山自転車道路とは、野田市と流山市の境にある利根運河から、国道16号、柏の葉公園、大堀川、手賀沼、手賀川を通る約30㎞の自転車道路です。
自転車専用というわけではなく、歩行者がいたり車が走っている所も含まれます。

また、河川敷の地下約3mの所には、北千葉導水路があり、直径3.2mの大きな導水管が2本通っています。
北千葉導水路とは、利根川と手賀沼と江戸川を繋ぐ約28.5km導水路で、約22kmあまりが地下水路(埋設管)となっています。
通常は、利根川の水を手賀沼に流入し、手賀沼の水質浄化の役割をしていますが、渇水時や大雨の時は、利根川の水を江戸川に流入させ生活水の供給をしたり、洪水対策として江戸川や利根川に水を放出させます。

柏ふるさと公園から河川敷を歩いて行くと、約5分ほどで北千葉導水ビジターセンターという県の施設があり、シアターや模型などで北千葉導水路や手賀沼の紹介をしています。
このビジターセンターは、水の流出入を調節するポンプがある北千葉第二機場も兼ねていて、ポンプで水を組み上げている様子や、浄化水を手賀沼に放出している様子も見学できます(第一機場は利根川、第三機場は江戸川にあります)。

柏ふるさと公園は、面積約3haと、それほど大きくありません。
何も知らずにこの公園に行ったら、広い芝生広場と、川沿いの河川敷ばかり目立ち、公園隅に古い木製アスレチック遊具が複数点在しているだけで、カラフルな遊具は何も無く、とても地味な印象を持つかもしれません。
しかし、公園とほぼ一体化している河川敷の緑道や自転車道、地下の導水路は、国や千葉県が大きく関わっていて、周辺の様子を知るほど、パッと見ただけでは分からない奥が深い公園です。

柏ふるさと公園の遊具は、木製のアスレチック遊具が数基あります。
複合遊具のようなやや大きめのものが3基あり、あとは、上り下りするだけのこじんまりとしたものです。
それでも、子ども達は、登ったり降りたりするのが好きですし、楽しめると思います。
ただ、全体的にだいぶ年月が経っているようで、古さを感じます。
また、遊具が少ないので、土日祝日など人が多く来る日は、子ども達も多くいるので、小さい子は特に、思うように遊具で遊べないこともあります。
その代わり、広い芝生広場があるので、思う存分走りまわれ、おもちゃを持参して遊ぶ事もできます。
ベンチはあまり無いので、お弁当を食べるつもりなら、レジャーシートの準備はした方がいいです。
ある程度成長した子なら、近くの柏市中央体育館で自転車を借りてサイクリングもできます。

なお、柏ふるさと公園内には、約200本の桜の木があり、花見の季節は多くの人で賑わいます。
この本数は、3haという面積の公園にしては結構多く、園内の至る所に桜の木があることになります。
ただし、公園内でのバーべキュー、花火等の火の使用については禁止されています。

以前メールで問い合わせたことに対して、柏市の担当の方からお電話いただいたのですが、遊具は、今後新しいものと入れ替える予定があるとのことです。


より大きな地図で 柏ふるさと公園 を表示
地図の左上にある「+」をクリックして地図を拡大していくと、複数の目印が付いています。
目印の上にカーソルを移動してクリックすると、簡単な説明が出ます。
手賀沼に沿って通っている道路を車で走っていると、この公園は、手賀沼に注ぐ大堀川に架かる柏ふるさと大橋の下に見えます。
しかし、その橋から公園に直接入ることはできません(自転車や歩行者は入れます)。
厳密に言うと、橋の近くで適当に曲がって、住宅地の中の細い道を迷いつつ進んで行くと、公園にたどり着くことはできます。
でも、この行き方は、周辺の地理を熟知している人以外には、お勧めできません。
私は、この周辺の地理は大雑把な事しか分かっていません。
そのため、かえって強い好奇心を持ってしまい、敢えて、橋の近くの道を公園が見えるほうに曲がってみましたが、車一台しか通れないような細い道で、クランクの道が続いた挙句に行き止まりだったり、その場合に狭い道の中でどのように転回するか、対向車が来たら嫌だな、などなど、困ったり不安だったりで、四苦八苦しました。
それだけ四苦八苦したので、返ってその道を覚えることにはなりましたが。

そんなわけで、ここでは、初めての人でも迷わずに行ける方法として、国道16号の「柏公園入口」交差点を曲がるようにしてあります。
なお、家の絵は、柏ふるさと公園の駐車場入り口にあります。
遊具は、駐車場のすぐ近くにあるので、分かりやすいです。

アクセスです。
◎電車バス利用の場合
・JR常磐線 柏駅東口から徒歩約25分
・JR常磐線 柏駅東口から、「ウェルネス柏・慈恵医大柏病院行」バス(阪東自動車)に乗り、「柏ふるさと公園入口」バス停下車。
  1時間に1~2本の運行です。
  また、休日午前10時~午後5時は、柏駅東口発着のバスは柏駅入口から発車します。

◎車利用の場合
常磐自動車道 柏インターを下りて、そのまま国道16号を南下し約10分

施設情報です。

◎常時開園
◎入園無料
◎無料駐車場 あり(約30台収容)
     平日に行っても満車の事が多いです。
    国道16号から柏ふるさと公園に行く場合、更に道を進んで行くと、北千葉導水ビジターセンターの無料駐車場があります。
また、公園に着く手前に、柏市民文化会館や柏市中央体育館があります。
柏市民文化会館や柏市中央体育館の駐車場は、建物裏に約300台収容の大きいものがあり、隣には慈恵医大柏病院が有り、そちらの駐車場はコインパーキングになっています。

◎自販機 あり(駐車場近く)
◎トイレ あり(おむつ交換台無し)
◎売店 無し
◎授乳室 無し

ベビーカーでの移動は、河川敷に下りる際高低差がありますが、スロープになっているので大丈夫です。

以下は、柏ふるさと公園の施設ではありませんが、公園近くの施設です。
◎手賀沼周遊レンタサイクル 利用料金(1日) 大人300円、子供(小学生以下)100円
   27,26,24,22,20インチの自転車、マウンテンバイクがあります。
   
   午前9時~午後5時(4月~9月)
   午前9時~午後4時(10月,11月,3月)
    いずれも、土日祝日に利用できます。
    但し、夏休みと春休みは、月曜日以外の平日も利用できます。

    レンタサイクルステーションは以下の通りです。
       ①道の駅しょうなん
       ②手賀沼公園
       ③鳥の博物館
       ④サイクルパーク我孫子南(我孫子駅南口)
       ⑤柏市中央体育館
       ⑥手賀沼フィッシングセンター
         ①~⑥のどこでも借りられ、どこでも返せます。
         身分を証明するものが必要です。
    
 例えば、柏ふるさと公園の近くにある柏市中央体育館から、北柏ふるさと公園の方向へ手賀沼に沿って走り、手賀沼公園、手賀大橋、道の駅しょうなんを経由し、最後に柏ふるさと公園を経て柏市中央体育館に戻るルートで、約1時間です。

◎北千葉導水ビジターセンター
   開館時間:午前9時半~午後5時
   閉館日: 毎週月曜日,12月29日~1月3日(月曜日が祝日の時は翌日閉館)
   無料駐車場あり 30台収容
    入館無料で自由に出入りできます。
    北千葉導水路や手賀沼の紹介をしています。

柏ふるさと公園駐車場
柏ふるさと公園の駐車場です。駐車場から公園内に入る所に自販機が置かれています。
駐車場は、30台くらい収容できますが、平日でも満車、もしくはそれに近い事が多いです。
柏ふるさと公園に行っても、駐車場が満車で入れず、体育館や文化会館の建物裏に駐車場がある事を知らなかったため素通り、ということもありました。

柏ふるさと公園案内図
柏ふるさと公園の案内図です。
写真左上の大堀川には、柏ふるさと大橋が架かっていて、歩行者と自転車は、橋から直接公園に入れるようになっています。
写真下には横に通っている道があり、その道沿いに公園駐車場があります。
この道を右の方にまっすぐ進むと公園敷地に沿ってクランク状になっていてますが、更にまっすぐ進むと、北千葉導水ビジターセンターの無料駐車場があります。

柏ふるさと公園園路
駐車場から公園内に入ると、写真のような散策路が通っていて、園内を一回りできるようになってます。
園路沿いには桜の木が多く植えられています。
この写真は、駐車場からアスレチックの方に向かう道です。ベンチが点在しています。

アスレチック広場と芝生広場
道の右側には、広い芝生広場がずっと奥の方まで広がっています。

アスレチック
左手にはアスレチック遊具があります。この写真の左隅に、2つ写っています。

柏ふるさと大橋から公園内に入る通路
アスレチック広場のすぐ近くには、柏ふるさと大橋から直接公園内に入れるようになっています。
但し、車は入れません。

次に、駐車場に近い順に遊具を見ていきますが、どの遊具もアスレチック広場内にあります。
遊具
滑り台付きの木製遊具です。
写真の左側から遊具に上がった所に、赤いハンドルが付いています。

遊具反対側
同じ遊具を反対から見た様子です。
この遊具は、上りやすい階段が無く、梯子か間隔の開いた丸太状の階段が付いています。
小さい子が上がるのは難しいので、親のサポートが必要です。

隣の遊具
隣にある遊具です。先ほどの遊具より低く、ネットを上がって行きます。
写真右端の梯子の部分を上って、その後平均台のように上を歩く子も見かけます。

反対側見た様子
同じ遊具を反対側から見た様子です。
ネットを上がると、こちら側の滑り台を滑ることができます。

3つ目の遊具
この遊具も一緒に並んでいて、これまでの遊具と似た形をしています。

古いベンチ
遊具の近くにあるベンチに中には、この写真のようなものも。
座れるのですが、小さい子はトゲが刺さりそう。
これとは別に、設置されてそれほど月日が経ってなさそうな綺麗なベンチもあり、ベンチの新旧の差が大きいです。

アスレチック広場に点在する遊具
他にもアスレチック広場には遊具が点在していますが、丸太を組み合わせた比較的簡単な構造のものです。
この写真は少し離れた所から撮ったので、1つ1つの遊具が小さく写ってしまっていますが、写真右側の木々の中に遊具が2つ、写真の左側にも遊具が2つ写っています。
下の写真は、左側に写っている2つの遊具に近づいて撮った写真です。
アスレチック遊具二つ
丸太と鉄棒を組み合わせて、簡単なジャングルジムのようにしてあります。

アスレチック遊具2つ
こちらは、木々の中に写っている2つの遊具です。丸太を並べて作られています。
この写真右側の遊具の裏には、下の写真のように金具が付いていて、手や足をかけて登りやすくなっています。
遊具の裏

モニュメント
アスレチック広場から河川敷の方を見下ろすと、写真のようなモニュメントがあるのが見えます。
河川敷の向こうは、大堀川が流れています。

県立手賀沼自然ふれあい緑道と北千葉導水路上の芝生広場
柏ふるさと公園から、河川敷の方に下りてみました。
写真の奥に見える橋は、柏ふるさと大橋で、その奥にある白い建物は、慈恵医大柏病院です。

モニュメント
モニュメントは、河川敷の地下に流れている北千葉導水管の実物大を表すために作られたものです。
導水管の直径は3.2mあります。

千葉県手賀沼自然ふれあい緑道
千葉県立手賀沼自然ふれあい緑道の案内掲示板です。
河川敷に整備されている道は、散歩する人、マラソンする人、サイクリングする人達が行き来しています。

対岸の北柏ふるさと公園
大堀川を挟んで対岸には、北柏ふるさと公園があり、遊具は無いのですが、夏に水遊びができます。
水遊びができる期間は、平日でも早々に駐車場が満車になります。

大堀川と柏ふるさと大橋
河川敷から更に大堀川沿いまで下りてみました。向こうには柏ふるさと大橋が見えています。
川に沿って歩道がありますが、フェンスが無いので、子連れの場合は落ちないように注意が必要です。

大堀川
大堀川のこの場所は、急に深くなっているため危険で、写真のような警告の看板が立っています。
手賀沼が汚れるのを防ぐために、周辺の川底よりも1.5m深く掘り下げられています。

北千葉導水路ビジターセンター側を見た様子
河川敷から、柏ふるさと大橋とは逆の方向、北千葉導水路ビジターセンターの方を見た様子です。
遠くの方に見える茶色い建物が、ビジターセンターの建物で、北千葉第二機場も兼ねています。
写真の左側には、眼鏡のように黒い丸いものが二つ置かれています。
そこに近づいてみたのが下の写真です。
北千葉導水路上の芝生広場
この真下に埋まっている直径3.2mある2つの導水管の実物大が置かれています。

北千葉導水ビジターセンター案内図
北千葉導水ビジターセンターの案内掲示板です。
ビジターセンターは、国土交通省の建物ですが、柏ふるさと公園内にはこのような案内の看板が立っています。

北千葉導水ビジターセンター案内図
北千葉導水ビジターセンターの場所を示す掲示板です。
ビジターセンターの駐車場の位置も分かります(写真右下に線を引いて「ここ」と書いておきました)。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
にほんブログ村
柏ふるさと公園のHPはこちら
柏市のHPですが、あまり詳しくありません。
スポンサーサイト
[ 2011/11/30 10:28 ] 千葉県の公園,施設 | TB(0) | CM(0)









ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。