スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

舎人公園(ソリゲレンデとじゃぶじゃぶ池)

都立舎人(とねり)公園は、東京都足立区の北部にあり、埼玉県に極めて近く、公園の東端から数百メートル離れた所からは埼玉県川口市になります。

昭和15年、神武天皇即位紀元(皇紀)2600年を祝った紀元2600年記念行事の1つとして、東京府が大緑地計画を決定し、この地域は、大規模な公園が整備されることになり、用地買収がされました(同様のきっかけでできた公園は砧公園,神代植物公園,小金井公園,舎人公園,水元公園,篠崎公園)。
しかし、戦況の悪化に伴い、公園用地は、農地として貸し出され、食糧増産のために使われました。
戦後は、GHQによる農地改革をきっかけに、買収した土地のほとんどを失いましたが、都市の環境改善と防災機能向上を目的として、再び公園を整備する計画が立てられました。
昭和40年代には再び用地買収が開始され、造成が開始されました。
昭和52年には、昭和天皇在位50年記念公園の指定を国から受け、昭和56年に一部開園となりました。
その後、現在に至るまで、順次整備が進められています。

面積約51haの広大な敷地内には、野球場やテニスコート、陸上競技場などのスポーツ施設のほかに、大きな池や複数の広場があります。
公園の敷地内には、東京都交通局の日暮里・舎人ライナーが走り、「舎人公園」駅もあります。
線路と並行して幹線道路も通っていて、公園の敷地は二分されたようになってます。
駅周辺の噴水や歩道は整然としていますが、一方で、大きな池(大池)周辺は自然を残すようにされています。
また、駅から離れるほど、園内の緑は濃くなっていきます。
公園はまだ整備中の部分もあり、児童公園は、今後遊具が増えていく計画になっています。

今回、私は、平日昼間に末っ子だけを連れて行きました。
第2駐車場で車から降り、近くにある園内案内地図を見ると、遊具のある場所は駐車場から離れています。
大池を挟んで向こう側にソリゲレンデも書いてあります。
結構暑い日だったので、小さい子を連れての移動は何かと大変かも…と思いつつ、普段の4人子連れよりははるかに楽と考え直し、大池の周囲を時計回りにのんびり移動することに決めました。
舎人公園 案内地図
第2駐車場を出て左に進むと、遠くに舎人公園駅が見えます。できたばかりの綺麗な駅です。
駅前の噴水に向かって歩きましたが、近いようでなかなか噴水につかず、案外遠かったです。

駅前噴水からは、線路や大池と平行に水路が出ていて、別の噴水と繋がってます。
この水路は、とても水深が浅いので、小さい子達の水遊びに適しているように見えます。
が、水遊びはしないようにあちこちに看板が立ってました。
そうはいっても、駅から近く目に付く場所、小さい子にはちょうどよいサイズですから…当然のように小さい子達が遊んでました。

その水路に沿って歩き、もう1つの噴水に到着。
この辺は、大池のすぐ近くで、自然がそのまま残るように管理されてます。
木々が茂り、子供達が、池周辺の湿地でザリガニを採っています。
大池は釣りの禁止となっている区域もありますが、看板は有って無きがごとく、おじさん達がたくさん木陰にイスを置いて釣りをしてました。
この大池のわきには、広い芝生の広場があります。
幼稚園児達がお弁当を食べている様子が遠くに見えました。

更に、池に沿うように右の方へ歩くと(この辺りから駐車場に戻る向きになります)、子供たちに好評なソリゲレンデが見えてきます。
小学生以下の子供達が対象となっていて、無料で遊べます。
ソリゲレンデ前から少し離れた所には、無料で遊べるじゃぶじゃぶ池があります。

舎人公園のじゃぶじゃぶ池は、2011年は、7/16~8/31(毎週水曜日は点検の為定休)まで遊べます。
利用時間:午前10時~午後4時(正午~午後1時休憩時間)
年齢制限:おむつの取れている子から小学校3年生まで となっています。

さらに、大池に沿ってキャンプ広場があり、その向こうには、木々が茂ったフィットネス広場が見えてます。
子供向け遊具のある児童公園もこの近くにあります。
キャンプ広場のすぐ近くには公園の出入り口があり、そちらの方向に進むとすぐ左側に児童公園が見えてきます。
小さい子向けの公園で、新しい遊具が複数置かれています。
屋根のあるベンチもあるので、親はそこで休みつつ子供を見てることもできます。
砂場は柵で囲まれていて、犬や猫のフンが転がっていることは無く、よく管理されている印象です。
ただ、小学生にとっては物足りない遊具ばかりです。
公園内地図にも書いたありますが、この児童公園の隣に、更に遊具を設置した広場が作られる予定になっているようなので今後が楽しみです。

フィットネス広場は大人向けですが、子供達も遊んでました。
木陰も多いので、夏は涼しげです。
更に進むと、隣にバーベキュー広場があります。
ここまで来ると、車をとめてある第2駐車場がすぐ近くにあり、大池の周囲を一回りしたことになります。


より大きな地図で 舎人公園 を表示
地図の左上にある「+」をクリックして地図を拡大していくと、複数の目印が付いています。
目印の上にカーソルを移動してクリックすると、簡単な説明が出ます。

アクセスです。
◎電車バス利用の場合
・東京都交通局日暮里・舎人ライナー「舎人公園駅」下車すぐ
・東武伊勢崎線竹ノ塚駅西口から東武バス「入谷循環」(スポーツ施設近く)で「古千谷本町一丁目」(ソリゲレンデ、児童公園側)または「中入谷」下車
・東武伊勢崎線西新井駅から足立コミュニティバス「舎人団地行」で「舎人公園東」(バーベキュー広場、アスレチック広場、アスレチック広場近く)または「舎人公園」(野球場近く)下車

◎車利用の場合
首都高速川口線 加賀インターから約1km。

施設情報です。
◎年中開放
◎入園無料
◎駐車場 あり(2か所で計413台収容)
     1時間200円 以後30分100円 7時間以上24時間まで1400円

◎売店 あり(小高い丘の上にある建物。午前10時~午後5時,毎週月曜と年末年始休み)
    軽食や飲料、おもちゃが売ってます。
    バーベキュー広場にも、食材などが売っている売店があります。

◎自販機 あり
◎トイレ あちこちにあり(おむつ交換台あり。但し、第2駐車場トイレには無い)
◎授乳施設 あり(第1駐車場やテニスコートの近くにあるサービスセンター内)
      個室でカギをかけられます。
      遊具のある幼児公園やソリゲレンデからは遠いのが欠点です。

ベビーカーでの移動は、芝生広場の方に緩やかな高低差がありますが、概ねスムーズです。

◎バーベキュー広場 予約は、次月の予約を当月の1日から電話で受付
  2010年4月から「手ぶらセット」プランが始まりました。
  LPガス、卓上コンロ、七輪は使用できません。
  予約の際に、持ち込み予定の火器を伝えておきます。

舎人公園駐車場
舎人公園第2駐車場です。
遊具のある児童公園へ一番行きやすいと思い、今回利用しました。
3か所の駐車場ともに、児童公園まで近くはありません。
この駐車場の道路を挟んで向かいに第3駐車場があり、第1駐車場は、ここから離れているテニスコートや陸上競技場のすぐ近くにあります。

日暮里・舎人ライナー舎人公園駅
第2駐車場から園内に入ると、目の前の木々の間から池が見えますが、左を見ると、日暮里・舎人ライナー舎人公園駅が見えます。
鉄道が公園内を横切っていて、園内に「舎人公園」駅があります。
この写真ではとても小さく写っているので、あまり分かりませんが、駅の前には噴水があります。

噴水までの水路
駅前の噴水は、離れた所にある別の噴水と水路で繋がってます。水深は非常に浅く幅も狭いです。

水遊び禁止の貼り紙
しかし、あちこちに張り紙がしてあり、この噴水も水路も立ち入り禁止で遊べません。
水遊び場としての管理は全くしてないので、ガラスビンの破片で怪我をした人がいるとのこと。
でも、そんな張り紙にお構いなく、遊んでいる小さい子達がいて、その傍らでママ達がおしゃべりを楽しんでました。

噴水
舎人公園駅前の噴水と水路で繋がっている、もう一方の噴水です。

ショウブ田
駐車場からもチラチラ見えてましたが、公園内には「大池」という大きい池があります。

菖蒲田の遊歩道
池の片隅には、ショウブ田があり、遊歩道や東屋が整備されてます。

釣り禁止看板
大池は、このように釣りの禁止されいている場所があります。

大池での釣り
でもやっぱり、そんなのお構いなく釣りをしている人が多いです。

お花見広場
大池の周囲は、木々が植えられ、道が整備されていて歩きやすいです。
大池の近くには、お花見広場という広い芝生の広場があり、私が行った時は、幼稚園児くらいの子供達が先生に連れられて遊びに来てました。

芝生広場とゆうひの丘売店
芝生広場の奥の方には売店があります。

ソリゲレンデ
子供達に人気のソリゲレンデです。

ソリゲレンデ利用方法
ソリゲレンデ利用方法です。
小さくて読みにくいですが、小学生以下の子供対象で、年末年始以外は毎日やってます。利用時間は、午前10時~午後4時までですが、午後12時15分~午後1時は利用できません。

じゃぶじゃぶ池
じゃぶじゃぶ池です。

池の利用案内
じゃぶじゃぶ池の利用案内です。
2010年の案内で、2011年は少し違うようです。
小学生以下の子供が対象で、午前10時~午後4時まで利用できます。
おむつの外れてない子や水着を持ってきてない子は利用できません。
写真の後ろの方にソリゲレンデが見えますが、じゃぶじゃぶ池周辺は、子供を対象にした施設が点在している場所です。

キャンプ場施設
じゃぶじゃぶ池すぐ近くにあるキャンプ場の施設です。

キャンプ場
すぐ上の写真のキャンプ場施設の目の前は広場になっていて、テーブルとイスが点在しています。
そこを利用して昼食をとる人達もいます。

キャンプ場すぐ近くの出口
キャンプ場のすぐ近くには、公園の出入り口があります。
公園内を通過するために利用する地元の人達の生活道路のような感じでもあります。
この写真右手には駐車場がありますが、ここから車で公園に入ることはできませんし、駐車場も利用できません。
キャンプ場利用者のための臨時駐車場とのことです。
また、写真左手には児童公園があり、遊具が複数置かれています。

キャンプ場駐車場
すぐ上で説明したキャンプ場利用者のための駐車場で、利用許可証が必要です。
普段は閉鎖されています。
児童公園の真正面で、ここの駐車場が利用できたらいいのにと思いました。

幼児公園
幼児公園です。奥の方に遊具が点在していますが、全て小さい子向けの遊具です。
写真右の方には、屋根つきのベンチが置かれているので、ママ達はそこに座っておしゃべりしつつ子供達を見守ってました。

遊具
一番目立つ遊具です。
遊具の両側に滑り台があり、1つは写真左奥に写ってますが、トンネル状の滑り台で、もう一つは2人同時に滑れる滑り台です。

2人できるすべり台
2人同時に滑れます。

乗り物遊具
乗り物遊具です。写真右奥の遊具は、中に入って遊ぶものです。

砂場
砂場は柵で囲まれているので、犬や猫のフンが転がっていることもなく清潔な感じがしました。

フィットネス広場案内
児童公園を出てキャンプ場の方に戻ると、左手にフィットネス広場が見えてます(右に行くと、これまで通ってきたじゃぶじゃぶ池やソリゲレンデの方に行きます)。
写真は、フィットネス広場入口にある案内の看板です。
全部で3コースあります。

フィットネス広場
広場内には木々が生い茂り、木陰が多いです。フィットネス広場内を一周するように遊具が置かれています。

フィットネス広場
こちらもフィットネス広場の様子です。すぐ上の写真とは反対の端から撮った写真です。
こちらは、バーベキュー広場が近いので、昼食時間帯には美味しそうな香りがしました。

バーベキュー広場
フィットネス広場に隣接するバーベキュー広場です。林の中でバーベキューをするような感じです。
しかも、バーベキュー広場の隣は第2駐車場で、とても便利です。

バーベキュー売店
バーベキュー広場の売店です。
2010年4月から、食材と器材をそろえた「手ぶらセット」が始まりました。
食材を追加する場合は売店で購入できます。
LPガス、卓上コンロ、七輪は使用できません。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
都立舎人公園HPはこちら
スポンサーサイト
[ 2011/09/30 16:57 ] 東京都の公園,施設 | TB(1) | CM(0)









ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。