スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

県民健康福祉村(乳幼児から大きい子まで遊べる冒険広場)

県民健康福祉村は、埼玉県越谷市にある県営の公園です。
県民の健康増進と保持を目的として、昭和62年に開園しました。

県民健康福祉村は、敷地面積約22haの広さがあり、端から端まで直線距離で約1kmほどの東西に広がった形をしています。
敷地を一回りするように1.8kmのジョギングコースがあります。
更にその外側には、1周約2kmのサイクリングコースがあります(レンタサイクルあり)。

県民健康福祉村の中央部には、メインの施設として「ときめき元気館」という屋内施設があります。
その施設内には、温水プール、トレーニングジム、エアロビクススタジオなどがあり、多くの教室プログラムが行われています。
赤ちゃんを連れてきても大丈夫なものや、親子で一緒にやるものもあります。
キッズ(幼稚園児と小学生)向けの体操教室や道場なども多くあります。
予約制ですが、平日10時~13時には、託児施設「ベビールーム」も運営され、子育て中の健康運動がしやすいようになっています。
定員10名と決まっていて、その中で1才未満の子の定員は3名となっています。
一般の託児所の半額以下の料金です。
また、車で行っても、「ときめき健康館」前には100台以上収容できる駐車場もあります。
なお、ここの施設は、更衣室やシャワーだけの利用の場合も210円かかります。

屋外には、「ときめき元気館」を囲むように、テニスコート8面やソフトボール場、サッカーができる多目的運動場などがあります。
更にそれらのスポーツ施設の周囲は、公園エリアとなっていて、中央付近にある多目的運動場を挟んで西側と東側の2ヶ所に広い芝生広場があります。

西側の芝生広場には野鳥の池があり、南と北に1ヶ所ずつ駐車場があります。
また、東側の芝生広場には、広大な芝生広場のほかに、ローラースケート場、アスレチック遊具が点在している冒険広場があります。
駐車場も東側端に1ヶ所あります。

東側の芝生広場は、遊具が豊富にあるため、いつも多くの親子が遊んでいます。
その中には、小さい子でも遊べるローラー滑り台やブランコもあります。
それらとは別に、乳幼児向けの、カラフルで小さな滑り台もあります。
ブランコは2つしかないのですが、1つは赤ちゃんでも乗れるように、落ちないようにイス型になってます。
広い芝生広場では、テントを張ったりシートを広げてくつろぐ人も多く、親子でキャッチボールやバドミントンをする人も見かけます。

県民健康福祉村はの冒険広場は、小さい子から小学生まで楽しめるところですが、ただ一つ残念なのは、メインの遊具が老朽化のため使用禁止になってしまったことです。
2009年に行った時は遊具の周囲にロープが張られていましたが、今年2010年に行ったら撤去されていました。

なお、このブログの記事は、昨年書いた記事を、改めて詳しく書きなおしたものです。
ブログを書き始めたばかりの頃の記事を今読み返すと、全然参考にならないお粗末なものばかりで…。

県民健康福祉村の東側にある冒険広場について、紹介しようと思います。


より大きな地図で 県民健康福祉村 を表示
地図の左上にある「+」をクリックして地図を拡大していくと、複数の目印が付いています。
目印の上にカーソルを移動してクリックすると、簡単な説明が出ます。

アクセスです。
◎電車バス利用の場合
・JR武蔵野線 東川口駅から約2.4km徒歩約30分
・東武伊勢崎線 越谷駅西口からタロ-ズバス(桃太郎便で有名な丸和運輸機関のグループ企業)「県民健康福祉村行き」または「浦和美園駅行き」に乗り換え、約20分で「県民健康福祉村」バス停下車。
1時間に2~4本あります。

◎車利用の場合
・東北自動車道 浦和インターから約15分
・東京外環自動車道 草加インターから約20分

大きい公園で駐車場が複数あるので、利用する施設に近い駐車場を利用することをお勧めします。
特に、小さい子を遊具で遊ばせる場合は、断然、東駐車場が便利です。

私は、初めて行った時、一番空いていた駐車場にとめてしまい、遊具から遠く離れていたため、再度、東駐車場に移動しました。

施設情報です。
◎常時開園
◎休館日 有料スポーツ施設は屋内外ともに毎週月曜日,12月29日~1月1日休み
◎入園無料
◎無料駐車場 あり(北中央124台、北120台、東138台)
       利用時間は午前5時~午後11時(深夜は閉鎖)。
   週末にも平日にも行ったことがありますが、週末は、イベントが無くても駐車場は満車状態です。
  午後から行ったら、帰る人がいるためすんなりとめられました。
   また、平日でも結構車が止まっていて、満車ではないもののそれに近い状態でした。
  特に正午過ぎは、無料駐車場のせいか、公園利用者ではなさそうな営業車もチラホラ。

◎トイレ あり(ときめき元気館内におむつ交換台あり)
     東駐車場の所にあるトイレは、綺麗とは言えない状態ですし、おむつ交換台も無いです。
◎レストラン ときめき元気館内にあり

◎売店 ときめき元気館内でお菓子や飲料など少々
    土日祝日には移動販売車がいる事もあります。
 冒険広場周辺にコンビニなどのお店はありません。
 西側の芝生広場の近くに、ローソンやセブンイレブンがありますが、冒険広場からだと、往復で結構歩くことになります。

◎授乳室 なし
似たような公園で、つくば市にある洞峰公園は授乳室として気軽に更衣室が使えると言われましたが、こちらは更衣室を利用するにも料金がかかってきてしまいます。

なお、ベビーカーでの移動はスムーズです。
アスレチックわきにある駐車場(東駐車場)からは、スロープで冒険広場に行く事ができます。

◎レンタサイクル
  金曜日と土日祝日限定で、料金は1時間で1人乗り200円,2人乗り400円です。
  補助輪付きの子ども自転車もあります。
  貸出場所は「お祭り広場」です。
  「お祭り広場」の場所は、アスレチック遊具のあるとっても広い芝生広場の隅です。
  公園中央付近に向かって歩くとあります。

東駐車場
冒険広場の脇にある東駐車場です。トイレ付近から見た様子です。
138台収容となっていますが、土日祝日は満車の事も多いです。
平日も、無料駐車場のせいか混み合っています。

駐車場から冒険広場に上がった所から
冒険広場は東駐車場よりも高くなっているため、数段ほど階段を上がるか、スロープを利用していきます。
この写真は、駐車場から階段を上がりきってすぐの様子です。
目の前には芝生の広場が広がり、アスレチック遊具が点在しています。
でも、大きな船型遊具が無くなってしまったため、何だか物足りない殺風景な感じがしました。
写真の一番下に写っている茶色っぽい道はジョギングコースです。
また、写真右隅の遠くに小さく「ときめき健康館」が写っています。

歩きやすい道
冒険広場に限らす園内の道は整備されていて、ベビーカーでも移動しやすいです。

船の遊具使用禁止
2009年秋に撮った写真ですが、大きな船型の遊具の周囲はネットで囲まれて遊べなくなっていました。
老朽化のため遊ぶのは危険という看板がかかってました。

もう1つ禁止遊具
もう1つ遊ぶのが禁止になっている遊具がありました。

船の遊具撤去後
そして、1年後の様子です。
大きな船型の遊具は撤去され、周囲の土の色とは違う色で遊具の跡が残っています。
もう1つの使用禁止の遊具も無くなっていました。
この広場のシンボルタワー的遊具だったので、それが撤去されてしまい閑散とした感じです。

吊り橋
そんな閑散とした中で目に付いたのが、以前からある遊具ですが、吊り橋のような遊具です。
船型遊具があった場所の近くにあり、幼稚園児や小学生が楽しんでます。

ブランコの方向
すぐ上の写真を撮った場所から別の方向を見てみます。
緩やかな斜面になっていて、写真の遠くに行くほど低くなっています。
右端にはローラー滑り台の下り口が写っていて、遠くの方には木製遊具が点在しています。
左端には、ブランコが小さく写っています。
また、ママ達の集団がシートを敷いて食事をしている様子も見えます。
私個人の印象ですが、この公園は、ママ達の集合場所となっているように思います。
子供達を遊ばせつつ、ママ同士のお喋りを楽しむ、そんなママ達のグループが多いです。
さいたま市の大崎公園もそんな感じだったなぁと思いだします。

県民健康福祉村からそう遠くない所にある別の公園が閑散としているので、同じ公園でもずいぶん違うものだと実感してます。

乳幼児遊具
こちらは冒険広場の片隅にある乳幼児向け遊具です。
この遊具は小型ですが、カラフルなので遠くからでも目立ちます。
写真左手には木馬が3つ置かれています。

逆から見た滑り台
すぐ上の写真に写っている滑り台を反対側から見てみました。
この深緑色の部分は滑り台に上るところのはずですが、うちの末っ子は、必死の形相で滑り下りようとしていました。

滑り台前の小高い丘
乳幼児用の滑り台の前は、小高い丘になっています。
遊具だけでなく、こんな起伏でも子供達が駆けあがったり駆け降りたり転がってみたりと楽しみます。

丘の上の遊具と傾斜
その小高い丘に上がると、平均台のような遊具やベンチがあり、緩やかに傾斜していきます。
傾斜が平たんになった辺り、写真の中央付近には、小さくブランコが写っています。
更にその向こうには芝生広場が広がっています。

ブランコ
ブランコだけアップにして撮りました。
二つしかないのが残念ですが、写真左側のブランコは赤ちゃんでも乗れるようにイス状になっています。

ローラー滑り台
こちらは、冒険広場の緩やかな傾斜を利用しているローラー滑り台です。
滑り台に上がる階段は段差が少ないので、小さい子も楽しめます。ママと一緒に滑る子も見かけます。

ロッククライミング
ロッククライミングなどのよじ登って遊ぶ遊具です。
脇には東屋があって、ママ達が談笑しています。

ターザンロープ
人気のターザンロープです。親子で賑わっています。

スケート場
冒険広場の脇にあるローラースケート場です。これは週末の様子です。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
にほんブログ村
県民健康福祉村のHPはこちら
スポンサーサイト
[ 2010/12/30 13:10 ] 埼玉県の公園,施設 | TB(0) | CM(0)









ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。