スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

西ヶ原みんなの公園(大きな芝生広場とじゃぶじゃぶ池)

西ヶ原みんなの公園は、東京都北区が管理する公園です。

北区の公園といっても、豊島区に接してます。
近所に住んでいたことがありますが、普段、区の境を意識してないので、豊島区の公園なのか北区の公園なのかあまり意識せずに利用している人が大多数です。

かつて、この公園の場所には、東京外国語大学のキャンパスがあり、多くの学生が行き交い、周囲には学生が多く住んでいました。
しかし、2000年(平成12年)に大学が移転してからは、災害に強い街づくり検討が続けられ、2006年に公園を整備することが決定されました。
そして、2010年(平成22年)、その中心に防災公園の機能もある西ヶ原みんなの公園が完成しました。
跡地の総面積約4.5haのうちの、2.2haが公園なので、公園の占める面積が大きいということがわかります。

公園に隣接して、特別養護老人ホームやURの賃貸住宅が作られ、かつてあった極めて狭かった道を広げ、緊急車両進入路と近隣住民の避難路も確保されました。

公園は、かなり大きな芝生広場が大部分を占めています。
すみの方に遊具広場とじゃぶじゃぶ池(夏限定)が一緒にあるので、子供を連れて遊びに行くのにちょうど良いです。
水遊びできるのは、午前10時から午後4時で、火曜日は清掃が入ります。

芝生広場では思い切り走りまわれます。
おむつ交換台があるトイレもすぐ近くにあります。

さらに、子ども達が遊んでいる隣には、ビオトープがあり、水生植物や小動物、昆虫が生息しています。
ここの池の水は、防災用深井戸の余剰水を利用し循環させ、塩素消毒はしてません。
そのため、暖かい季節になってくると、蚊が多く発生します。
区にも苦情が寄せられていて、自然由来のバイオ製剤を散布し対策をとっていますが、虫よけ対策は必要です。

公園全体としては、木々は敷地の隅に点在している程度なのですが、それだけに、夏は特に日よけ対策も必要です。
春は、お花見ができます。
西ヶ原みんなの公園の桜は、早咲きの桜で桃色が濃い花が咲きます。

なお、災害時、遊具は大きなテントになります。
ほかにも、複数のテントが設営できるようになっていて、防災井戸や災害用トイレ、かまどベンチなども用意されています。
近隣にはこれほど大きな平坦な公園は無く、災害時は拠点となります。


地図の上で左クリックを続けると地図は拡大していきます。また、右クリックを続けると、縮小していきます。
地図の右上のにあるを四角をクリックすると、公園の施設ににピンを付けた地図が出てきて、わかりやすいです。
そのピンの上にカーソルを移動してクリックすると、簡単な説明が出ます。

◎もっと周辺観光スポットを見る場合
  ・じゃらん観光マップを見てみる
  ・楽天トラベルで周辺観光スポットを見てみる

◎子連れで家族旅行する場合

霞ヶ浦周辺のホテルなどの宿泊施設を表示している地図
 ⇒楽天トラベルの周辺宿表示地図を見る
 ⇒じゃらんの宿表示地図を見る 
楽天トラベルは、距離が近い順や人気順、または料金の高い順、安い順に並び変えることができます。
 じゃらんは人気順に並んでいます。

西ヶ原みんなの公園へのアクセスです。

◎電車バス利用の場合
   都電荒川線 西ヶ原四丁目停留場より徒歩5分
   公園内は広いので、行く場所によっては10分くらいかかります。
   遊具は都電の停留場から一番近い位置にあります。
       都電で行く場合、途中にはコンビニ(セブンイレブン、サンクス)やドラッグストアがあります。

◎車利用の場合
 駐車場はありません。
 公園南口の並びにコインパーキングはありますが狭いですし、空車があるとはかぎりません。
 公園だけは広々していますが、もともと建物が密集し道も細い地域です。
 
施設情報です。

◎常時開園
◎入園無料
◎駐車場 無し
◎トイレ あり(オムツ交換台あり)
◎自販機 あり
     私が見た範囲ではトイレの横にありました。
◎売店 無し
  都電の停留場に向かう道沿いに、コンビニやドラッグストアがあります。
◎授乳室 無し

ベビーカーでの移動は、西口から入る場合は、階段を下りなくてはいけません。
南口からなら、平坦なのでスムーズに移動できます。

西ヶ原みんなの公園内マップ
この公園は、南北に細長く、入り口が2か所あります。
写真の右端が南口、左下が西口です。
ここでの紹介は、西口から入りました。西口から入ると、すぐに遊具とじゃぶじゃぶ池があります。
南口から入ると、大きな芝生広場がすぐ目の前です。

西口広場
西口は広場になっていますが、駐車場ではありません。
この公園は広いですが、駐車場はありません。

階段を下りる
西口から入るとすぐに階段を下ります。

スカイツリー
階段を下りる時にはスカイツリーが見えます。

じゃぶじゃぶ池への水路
階段を下りると目の前にはじゃぶじゃぶ池があり、その向こうに遊具広場があります。
この公園のじゃぶじゃぶ池は、池につながる水路が小川のようになっていて、そこでも遊べます。

高い位置のじゃぶじゃぶ池
さらに、公園に降りて行く階段に沿って、水が流れているので、その高低差のあるところで遊ぶこともできます。
この写真の左上隅に、下のほうに見えてる遊具が写っています。

じゃぶじゃぶ池
じゃぶじゃぶ池の本体です。
この時は水遊びの季節ではなかったので、水はありません。
周囲にはベンチが点在し、木陰もありますが、数に限りがあるので、レジャーシートを準備したほうが良いかもしれません。

雑木林と土の広場
「雑木林と土の広場」ですが、遊具広場です。
遊具は、こじんまりとしたものが多いですが、カラフルなので、子供の気を引きます。
乳幼児向けの規模です。
近隣の小学校の中には、低学年がここで落ち葉拾いをしたついでに遊ぶので、小学校低学年も楽しめると思います。

遊具
すぐ上の写真の反対側から見た様子です。
赤い螺旋状の滑り台が目立ちます。

複合遊具説明t="279" />
この公園は防災公園でもあります。
遊具も、この看板のように大きなテントにすることができます。

ビオトープ
遊具広場の横にはビオトープがあり、なるべく人の手を加えないように自然のままの状態にされています。
写真の奥のほうに見えている白い建物は、北区立西ヶ原小学校です。

ビオトープ説明
ビオトープの説明です。
時にはビオトープの説明を子ども達にしてくれる人がいて、ビオトープ内に入って観察することができます。

大きな芝生の広場
遊具の広場の隣には大きな芝生広場があります。
この広場の一番奥に公園の南口があります。

芝生広場周囲の歩道
芝生広場の周囲には歩道があり、ベンチや健康遊具が点在しています。

特別養護老人ホームエレベータと階段
公園の西側に隣接して、特別養護老人ホームが立っています。
写真のように階段だけでなくエレベーターも設置されていて、老人ホームから公園の芝生広場に簡単に出られるようになっています。なお、このエレベーターは、誰でも使えます。
また、写真左奥に見える建物は、公園の管理事務所です。

今のところ、西ヶ原みんなの公園の公式HPはありません。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2016/02/03 17:58 ] 東京都の公園,施設 | TB(0) | CM(-)









ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。